このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

やっぱり高カロリー?イタリアのライスコロッケ【アランチーニ】

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年7月13日

パスタやピザなど、小麦粉を使用した料理を好んで食べるというイメージが強いイタリア。しかし、米を使用して作るアランチーニも、定番の揚げ物メニューとして、イタリアの人々に親しまれている。今回は、どちらかといえば、日本ではまだなじみの薄いアランチーニをとりあげ、そのカロリーやカロリーオフする作り方について紹介しよう。

1. アランチーニとは?

アランチーニは、いわゆるイタリアのストリートフードで、ライスコロッケのようなものである。シチリアやナポリでは、幅広い年代層の人々に好まれている定番スナックだ。見た目が小さいオレンジのようであることから、イタリア語で「小さなオレンジ」という意味を持つ「アランチーニ」がその名の由来となっている。ちなみに首都ローマでは、「スップリ」と呼ばれているようだ。

アランチーニは、シチリアで生まれたもので、サフランで炊いた黄色いごはんをベースにし、真ん中にミートソースやグリンピース、チーズを詰めたものが伝統的なスタイルであるが、ベシャメルソースを使った白いごはんをベースにしたものもある。基本的には、米飯の中央にチーズなどの具材を入れて、円錐形にととのえてから、コロッケを作るのと同じ要領で、卵やパン粉をつけて、油で揚げるという作り方になる。

中に入れる具材は、モッツァレラチーズやミートソース、ハムなどが主に使用されているようだ。もちろん、加える具材は、お好みで自由にチョイスすることが可能なので、アレンジレシピをいろいろと楽しめる点も魅力といえるだろう。

2. 気になるアランチーニのカロリーについて

アランチーニのカロリーについては、やはり気になるところだろう。厳密には、大きさや使用する具材によって異なってくるが、イタリアの一般的なレシピで計算するとアランチーニのカロリーは、
1個あたりおよそ394kcalになる。やはり油で揚げることと、主に米やチーズなどが使用されるため、どうしてもカロリーは高めになってしまう。食べ過ぎには気をつける必要がありそうだ。

栄養価については、炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素の中では、やはり脂質が多くなる。食物繊維が不足しやすいため、栄養のバランスをととのえるには、食物繊維が豊富な野菜やきのこなどと一緒に食べるといいだろう。

3. アランチーニをカロリーオフする方法

揚げ物であるアランチーニは高カロリーのため、ダイエット中などで、カロリー制限されている場合は、やはり控えた方が賢明かもしれない。しかし、どうしても食べたい時に我慢するのはストレスがたまり、精神衛生上好ましくないだろう。

そんなときは、アランチーニのカロリーをなるべく抑えた方法で、我慢せずに食べるという方法を選択してみてはどうだろう。アランチーニが高カロリーになってしまうのは、油で揚げることが1つの要因でもある。揚げずに少量の油で、揚げ焼きにするという方法を試してもらいたい。

あるいは、使用する米の量を減らして、ひと回り程度小さいアランチーニを作る、パン粉の代わりに、最近とみに注目されている「おからパウダー」を使用するという方法などもおすすめできる。高タンパク・低糖質で食物繊維の多い「おからパウダー」を使えば、必要な栄養素を確保しつつ、カロリーと糖質を大幅に抑えることが可能だ。

結論

アランチーニのカロリーやカロリーオフする方法について、理解することができただろうか。アランチーニに使用する具材は、余った具材などを有効活用でき、自由度の高い点が魅力だ。カロリーオフする方法を念頭に入れて、オリジナリティあふれるアレンジレシピを考案してみてはいかがだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ