このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ホクホク食感が魅力!加賀の【五郎島金時】ってどんなさつまいも?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年10月24日

秋になると聞こえてくる、焼きいも販売の声。寒い時期には恋しくなる焼きいもだが、品種によってホクホク感や甘さはまったく異なる。ここでは、焼きいもにおすすめの「五郎島金時」について紹介する。加賀の伝統野菜の一つにも数えられる五郎島金時とは、いったいどんな品種なのだろうか。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 五郎島金時とは?

五郎島金時は石川県のブランド芋

さつまいもといえば鹿児島県を連想するが、実は全国で栽培されている。さつまいもはほかの野菜よりも栽培がしやすく、豊かな土地でなくても育ちやすいという特徴を持つからだ。
江戸時代より石川県金沢市で栽培されていた五郎島金時は、加賀野菜の一つに数えられる。加賀野菜とは、金沢市で古くから栽培されている野菜を指すが、現在加賀野菜として認められているのは15品種のみ。ここから、五郎島金時と金沢市の密接な関係が伺える。

五郎島金時の栽培に適した土地

五郎島金時が栽培されている金沢市五郎島地区は、日本海に面した砂丘地帯だ。野菜栽培には向かない土地であったため、不毛の地とされていた。しかし江戸時代、まだ五郎島村と呼ばれていたころに肝煎大百姓の太郎右衛門が鹿児島からさつまいもの種芋を持ち帰り、栽培を始めた。すると、五郎島村の適度な大きさの砂が、さつまいも栽培に適していることがわかった。土壌が砂であるが故に、水はけがよかったのだ。
こうして、五郎島村でのさつまいも栽培が始まったわけだが、不毛の土地がいまでは唯一無二のブランド芋を生み出す土地となり、昔と変わらずに五郎島金時が栽培され続けている。

五郎島金時の特徴

五郎島金時は、高系14号の特徴を受け継いでいるさつまいもだ。そのため、ホクホクとした食感が楽しめる。また、五郎島金時のもつ上品な甘さは、焼きいもや蒸かしいもにしても損なわれず、口いっぱいに広がる。

2. 五郎島金時の旬と選び方

五郎島金時の旬

秋の味覚の代表格であるさつまいもの旬は、9~11月。この時期に出回っている五郎島金時は収穫直後のものだ。しかし、さつまいもは収穫後に一定の温度で貯蔵することで、さらに甘みを増していく。そのため、旬の時期でない12月以降も出回るのだ。同じ五郎島金時でも時期によって味わいが異なるため、旬の時期以外にも購入してみよう。

美味しい五郎島金時を選ぶときのポイント

加賀野菜として認められている五郎島金時は、栽培管理と品質管理がきちんとされた、さつまいもだ。そのため、店頭に並ぶ五郎島金時はどれを選んでも美味しいといえる。しかし、目利きで美味しい五郎島金時を買えるようになりたいのならば、以下のポイントをチェックしよう。
  • さつまいもがふっくらとしているか
  • 太さが均一であるか(表面にでこぼこがないか)
  • ハリがあり、皮のツヤがよいか
さつまいもを購入するときには大きいものを選びがちだが、それよりも上記3点をよく観察するようにしよう。また、確実に甘い五郎島金時を見つけたいときは、切り口をチェックする。蜜が出たあとに見られる黒い跡が切り口周辺に見られたら、その五郎島金時には蜜がたっぷり含まれていて、甘いと判断できる。

3. 五郎島金時のおすすめの食べ方

ホクホク食感を活かしてさつまいもに!

上品な甘さを持つ五郎島金時は、焼きいもや煮物、天ぷらなど、どの調理法でも美味しく食べられる。また、お菓子の材料にも適している。
しかし、五郎島金時のホクホク感を最大限に楽しむなら、焼きいもが最適だ。最近では、車の焼きいも販売だけでなく、スーパーでも売られるようになったが、五郎島金時はブランド芋であるため、焼きいもの状態で購入することは難しい。つまり、美味しい焼きいもを自分で作らなくてはならないわけだ。

美味しい焼きいもは、じっくり加熱して作る

五郎島金時の上品な甘さを引き出すためには、時間が重要だ。石焼きいもが美味しいといわれるのは、さつまいもをじっくりと加熱しているから。さつまいもに多く含まれるデンプンは、そのままでは甘さを感じないが、加熱によってデンプンが麦芽糖に変化する。麦芽糖だと甘みを感じるため、加熱することでさつまいもが甘くなるというわけだ。時間をかけて加熱することで、デンプンから麦芽糖に変化する量が増えていく。そのため、甘い焼きいもを作るなら、短時間で加熱できる電子レンジは向かない。
美味しい焼きいもを自宅で作るときのポイントは、蒸し焼きにすることだ。蒸すことで一気に温度が上がることを防げるため、五郎島金時にじっくりと熱を与え続けられる。濡らした五郎島金時をキッチンペーパーとアルミホイルで包んでトースターで加熱すれば、簡単に蒸し焼きにすることができる。もしトースターがなければ、フライパンを使って作ることもできる。フライパンで作る場合は、弱火でじっくりと加熱しよう。

五郎島金時でさつまいもご飯を作る

ホクホクとした食感を活かすなら、さつまいもご飯もおすすめだ。ご飯のもっちり感とさつまいものホクホク感の組み合わせが堪らない1品となる。サイコロ状に切った五郎島金時と米、調味料を一緒に入れて炊飯器に入れて、炊きこめば完成だ。

結論

五郎島金時は、石川県金沢市を代表する加賀野菜の一つ。砂の土壌という不毛の土地でも育った五郎島金時は、まさに五郎島地区周辺を救った作物だといえる。丁寧に栽培された五郎島金時の食感と上品な甘みは、どんな調理方法でも活きるため、料理が楽しくなるさつまいもだともいえるかもしれない。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ