このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

セロリカレーの作り方のコツを解説!美味しいセロリの選び方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 平原あさみ(ひらはらあさみ)

2019年7月23日

セロリ独特の香りは好みが分かれ、苦手な人は食卓に出た時に拒んでしまうこともある。しかしセロリは野菜の中でも栄養価が高い食材で、万能野菜ともいわれている。栄養価の高いセロリをカレーの中に入れることで独特な香りをなくし食べやすく、また栄養を余すことなく摂れるので紹介したい。ほかにもセロリの栄養価とセロリを食べるとどのような効果がみられるのか、セロリカレーはどのようなものなのかを合わせて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 旬の時期と原産地は?セロリに含まれる栄養価とポイント

一般的にセロリの旬は春から秋だ。しかし原産地によって異なり、長野県産は夏から秋、静岡県産は冬から春が美味しい時期である。産地はさまざまあるが一年通して美味しく味わえるのがセロリだ。

それではセロリの栄養価について説明しよう。セロリはビタミンA、ビタミンE、カリウム、食物繊維、アピイン、フラボン類を多く含んでおり、中でもビタミンAとカリウムはとくに豊富である。ビタミンAは、皮膚の粘膜の保護効果が期待される。ビタミンEは抗酸化作用があり、カリウムは体内のナトリウム(塩分)を出してくれるため、むくみ予防に効果があるといわれている。

セロリを食べることで上記のようなさまざまな効果が期待できるので、健康を考えると積極的に摂りたい食材だ。

2. 美味しいセロリの選び方とカレーに入れる時のカットの仕方

セロリは葉っぱから茎まで、すべてに栄養素が含まれている。よいセロリを買うには、セロリの下の部分(茎)を確認してみよう。できるだけ肉厚のものを選び、また下の部分にひび割れがしていないか、色は青々としているか、切り口が赤くなっていないかを確認したい。切り口が赤くなっていたらセロリが硬くなっているため、避けたほうがよいだろう。

カレーにセロリを入れる時のカットの仕方は、皮をむいて縦に半分に、次に横にして5cm角にカットする。カレーに入れる時はさっと炒めることでセロリのシャキシャキした食感が残り美味しく味わうことができる。セロリが苦手な人はできるだけ小さくカットして、よく炒めるとよい。大きめにカットしてしまうとセロリの香りが残ってしまうが、しっかり炒めることで独特の香りが軽減するのだ。

3. セロリカレーの作り方やコツ

セロリカレーの作り方を紹介しよう。セロリカレーの一番のポイントはセロリの栄養価を逃がさないこと。保存の際、セロリは葉の部分から水分が失われやすいため、葉と茎は切り離してそれぞれビニール袋やラップでくるみ、必ず立てた状態で冷蔵庫に入れる。調理する際は茎と葉、まるごと使うようにしよう。

まずフライパンに油を入れて鶏挽肉を炒める。次に好きな大きさにカットしたタマネギ、にんじん、セロリを一緒に炒めよう。セロリが苦手な人は小さめにカットすることで香りが軽減する。片栗粉と水、クミン、コリアンダー、ターメリック、カルダモンなどのスパイスをすべてボールなどに入れ、泡立て器で混ぜておく。野菜が炒まったら、混ぜた調味料をすべて入れ、とろみがつくまで煮込む。とろみが足りなければ、水溶き片栗粉を少しずつ追加するのがコツだ。

スパイスなどの材料は少し多いが、工程は炒めて煮るだけと比較的簡単。市販のカレールウでも美味しいセロリカレーは作れるが、スパイスを使って本格的なカレーを作って家族を驚かせてみるのもよいだろう。

結論

一年中美味しく食べることのできるセロリは栄養価の高い野菜である。今回紹介したカットの仕方と調理方法を工夫すればセロリ独特の香りが軽減することができる。さらにカレーと調理することにより苦手な人でも美味しく食べられ、セロリの栄養をとることが可能だ。ぜひ、セロリを使って栄養価のあるセロリカレーを試してみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ