このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

美味しいまぜそばを自宅でも!まぜそばに合う献立メニューとは?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年7月29日

ラーメン、うどん、そば、パスタなど、麺料理が充実している日本。1週間に1回は何かしら麺料理を食べているという人も多いのではないだろうか。ここ数年、同じく麺料理のまぜそばも注目を集めている。まぜそばを店で食べることはあっても、家庭で食べるイメージはないかもしれないが、意外と簡単に作れる。今回はまぜそばに合う献立メニューも紹介するので、自宅でもまぜそばをごはんの一品として味わって欲しい。

1. そもそもまぜそばとは?話題の台湾まぜそばを紹介!

まぜそばは、どんぶりの底に入っているとろみのあるタレを、具材と一緒によくかき混ぜて食べるのが特徴のメニューだ。まぜそばと聞くと、「台湾まぜそば」を思い浮かべる人も多いだろう。たびたびテレビや雑誌などでも紹介されたことでさらに認知度が高まっており、その人気とともに店も増えている。そんな台湾まぜそばには意外な事実がある。なんと台湾がルーツではなく、名古屋発祥なのだ。
名古屋のラーメン店の店主が台湾風のラーメンを作ろうとしたが、ミンチがラーメンに合わず試行錯誤していた。そこで、汁のない茹でた麺にのせて食べてみたところ美味しいと評判になったことから、台湾まぜそばが始まったそうだ。いまでは台湾まぜそばは名古屋名物となり、多くの人に親しまれている。一般的な台湾まぜそばは、太めの麺に鷹の爪とニンニクをきかせた旨辛の台湾ミンチ、卵黄、ねぎ、ニラ、海苔、魚粉、にんにくとさまざまな具材がてんこもりトッピングされている。元気をつけたいときに食べるのもおすすめである。
まぜそばと似ている麺料理に油そばがある。それでは、まぜそばと油そばの違いは何だろうか。油そばは汁の底にゴマ油と醤油ベースのタレが入っており、しっかり混ぜて食べる汁のないラーメンのようなものだ。トッピングも主にメンマ、ネギ、チャーシューなど、ラーメンと同じような具材を使う。まぜそばは豊富な具材を麺と一緒に味わい楽しみ、油そばは麺をメインに味わう麺料理といえる。

2. まぜそばを献立に!相性のよいおかずは?

まぜそばがメインの献の場合、相性のよいおかずや副菜は何なのだろうか。まぜそばは麺がメインなので炭水化物がとれる。タンパク質、ビタミン、ミネラル類などを補うために、肉や豆腐、野菜を取り入れたいところだ。
まぜそばは中華風味なので、棒々鶏サラダやキュウリとザーサイの和え物などと一緒に食べると美味しく食べられるだろう。こってりと脂っこいのでさっぱりとした酢の物もおすすめだ。キュウリとワカメの酢の物など、簡単にできる和え物を作って一緒に食べてみてはいかがだろうか。それも手間なら、カップのもずく酢を使えば、時短で簡単に酢の物がとれる。こってりガッツリ食べたいという人は、ラーメンのように餃子と一緒に食べるのもよい。

3. まぜそばと相性のよいスープ

まぜそばは汁気がないので、スープなどの汁ものを一品加えるのもいいだろう。まぜそばとの相性がよいスープは、中華風味のスープだ。鶏ガラスープの素を使って作る卵スープ、もやしスープなどがおすすめ。沸騰したお湯に鶏ガラスープの素、塩、胡椒を入れて味付けし、溶いた卵、またはもやしを入れるだけで完成する。
コンソメの素を使ったワカメスープも合う。こちらも沸騰したお湯にコンソメの素を入れて、ワカメを入れてできあがり。どちらのスープも簡単にできるので、まぜそばを食べる時にスープも一緒に作ってみるとより豪華に美味しくいただけるだろう。

結論

ラーメンほどポピュラーではないまぜそばだが、汁がないので暑い夏にもがっつり食べられる。自宅で作る麺料理にマンネリを感じているなら意外と簡単に作れるまぜそばにチャレンジしてみよう。まぜそばに合う献立メニューも一緒に作って、自宅でも楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ