このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

そばがきの美味しい食べ方を紹介!和風に限らず幅広い

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月21日

そばがきはそば屋の定番ではあるものの、親しみのない方も多いだろう。まして美味しい食べ方となると、想像しにくくてもおかしくない。しかし実は、そばがきはさまざまな味付けで美味しく食べることができる。本記事で、例を紹介していこう。そばがきを食べてみるきっかけになれば幸いだ。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そばがきの特徴は、そば粉の香りを楽しめること!

そばがきは、そば粉を水や湯で練って作られる。つまり、そばと同じ材料から作られているのだ。したがって、そば粉の香りを同じように味わうことができる。とはいえ、そばのようにあまり噛まずにすするのとは違い、そばがきはしっかり噛むことにより、食感や香りをゆっくりと楽しめるのが特徴だ。したがって、そばがきはそば粉の香りをより楽しむための料理だ、ということもできるだろう。味付けをする場合も、そば粉の香りを打ち消さない程度の優しい味に仕上げるのがおすすめだ。

2. とにかく幅広い!そばがきの美味しい食べ方

そばと同じ味付けがよく合う

そばがきの味付けには、そばと同じものを使うのが一般的だ。定番は麺つゆ。しっかりしたそば粉の香りと出汁の香りの組み合わせを楽しめる。ほかにも、そばに使う薬味とだいたい相性がよい。たとえば刻み海苔、刻みねぎ、わさびなどが、そばがきによく合う。そばとの食感や香りの違いを楽しみたい。

甘みにも意外と合う

そばがきはそばと違う味付けも楽しむことができる。たとえば、きなこや黒みつなどの甘みと組み合わせてみる。奇抜に思うかもしれないが、そば粉の香りは甘みとも相性がよい場合が多い。うまく甘みを付けられれば、そばがきをデザートとしても楽しめるかもしれない。ただし、そばがきは糖質が多めなので、糖質過多には気を付けよう。

洋風の味付けもOK!

実は、そば粉と相性がよいのは和風の味付けだけではない。そば粉は西洋料理にも使われているのだ。たとえばフランス料理に、ガレットというそば粉を使った料理がある。つまり洋風の味付けにも、そばがきと相性のよいものがありそうだ。たとえばチーズやオリーブオイル、トマト、ベーコンなど、意外なものと一緒に美味しく食べられるかもしれない。最初は勇気がいるかもしれないが、ぜひ洋風の味付けでそばがきを食べていただきたい。あっと驚く味付けが見つかれば、しめたものだ。

3. ダイエット中の人にもおすすめ!そばがきを主食にしてみる

そばがきはさまざまな味付けができるが、カロリーが高くなる場合もある。また、そばがき自体のカロリーも低くはないため、ダイエット中の方はなかなか手を出せないかもしれない。そこで、献立の主食としてそばがきを食べることを考えてみよう。そばがきの栄養は炭水化物が中心であるため、主食に向いている。おかずとそば粉の香りが合うかどうかという問題はあるものの、先述のようにそばがきは意外と幅広い味に対応できる。したがって、あまり気にせずに食卓に組み込めるのではないだろうか。ちなみに、そばがきを主食に使う場合は、そばがき自体の味付けをなるべく薄めにしておこう。しっかり味を付けてしまうと、塩分過多になるおそれがある。口の中で味をリセットしつつ、そば粉の香りをほんのり感じられる状態が理想だ。また、そば粉にはミネラルやビタミンなど幅広い栄養素が含まれる。したがって栄養面でも、そばがきを主食として食べるメリットは大きい。抵抗があるかもしれないが、試してみる価値はあるだろう。

結論

そばがきは思った以上にさまざまな味に対応できる、面白い料理だ。そば屋で食べるだけだと定番の味ばかりに触れるかもしれないが、そばがきを自作すれば、好きな味付けを楽しむことができる。どんな味が合うのか、いろいろ実験してみるのも面白いだろう。お気に入りの味付けを見つけて、そばがきに親しんでいただければ幸いだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ