このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

これひとつで本格的な中華料理に!?セロリの仲間【キンサイ】の特徴

投稿者:
ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年8月 6日

セロリの一種である「キンサイ」。チンゲンサイやツルムラサキと同じ中国野菜の仲間で、茎が細長く、香りが強いのが特徴だ。独特の風味で敬遠しがちな野菜だが、肉や内臓の臭みを消し、後味をさっぱりさせてくれるので、こってりとした油っぽい料理にはぴったりである。今回は、そんなキンサイについて紹介しよう。

1. キンサイの特徴

キンサイとはセロリの仲間で、茎が細く、長いのが特徴である。
一般的に流通しているセロリは、日本人向けに香りを弱めた品種であるのに対し、キンサイは中国野菜のひとつで、香りが強い。そのため、肉や内臓を使った料理の臭み消しとして使われることが多い。また、スープや炒め物などの香りづけとして使用されることもある。

キンサイのさまざまな呼び方

キンサイは漢字では「芹菜」と書き、「キンツァイ」「セリナ」と呼ばれることもある。また、スープによく使われることから「スープセロリ」、中国野菜ということから「チャイニーズ(中国)セロリ」といわれることもある。
このように、さまざまな呼び方のあるキンサイ。どのような呼び方で出会っても、すべて同じキンサイのことを指すので、覚えておくとよいだろう。

セルリーとは?セロリと何が違う?

レシピなどによっては「セルリー」という言葉を見かけることもあるかもしれない。セロリとは、どのような違いがあるのかご存知だろうか。セロリは英語で「celery」と書き、英語読みするとそのままセロリまたはセロリーとなる。一方、これをフランスなまりで読むとセルリーとなるのだ。つまり、セロリとセルリーは同じものなのである。
ちなみに、長野県の生産地では古くからの名残で、セロリよりもセルリーと呼ぶことが多いという。

2. キンサイの旬や選び方

一般的にセロリは、産地によって生産時期が違うため、季節を問わず通年流通している。キンサイの旬をあえて挙げるとすれば、6~10月頃である。キンサイを見かけた際は、次の点に注意して選ぶとよい。

葉が鮮やかな緑色で、ハリがあるもの

葉がしおれていたり、黄色くなっていたりするものは、鮮度が落ちているので注意しよう。

茎が綺麗な薄緑色で、折れていないもの

茎が綺麗に色づき、しっかりと立っているものを選ぼう。茎が折れているものは鮮度が落ちて、弱っている可能性がある。

切り口がみずみずしく、変色していないもの

下部の切り口も要チェックだ。乾燥していたり、茶色く変色しているものは新鮮でないので気をつけよう。また、スが入っているものは固く、筋が口の中に残りやすいので避けよう。

3. キンサイの食べ方

キンサイはスープセロリという名がつくほど、スープに使われることの多い野菜である。香りがよく、さっぱりとさせるため肉類と合わせるのがおすすめだ。

キンサイとベーコンの中華スープ

  • キンサイは洗って3㎝程度の長さに切る。ベーコンは1㎝幅に切る。玉ねぎは薄切り、人参はいちょう切りにする。
  • 鍋にサラダ油を熱し、生姜を加え、ベーコンを炒める。色が変わったら玉ねぎ、人参を加え炒め合わせる。
  • 水、鶏がらスープの素を加え、火が通るまで煮る。
  • 塩こしょうで味を調え、キンサイを入れてさっと火を通す。
中国野菜であるキンサイは、もちろん中国料理との相性もバツグン。いつもの炒め物にキンサイを加えるだけで、本格的な中華料理に仕上がるだろう。

キンサイと豚肉の炒め物

  • キンサイは洗って3㎝程の長さに切る。豚肉は一口大に切る。
  • フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒める。火が通ったら酒、砂糖、しょうゆ、オイスターソースを加え混ぜ、キンサイを入れてさっと火を通す。

結論

香りが強い中国セロリ、キンサイについて紹介した。キンサイ以外の名で売られていることもあるので、注意して見てみよう。セロリ独特の香りが強く、好みが分かれるところではあるが、キンサイを使うことで一味違った中華料理に仕上がる。まずは少量からでもいいので、一度試してみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ