このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

使い勝手抜群!生のサラダ菜を使った美味しいレシピを紹介

投稿者:ライター 藤本龍(ふじもとりょう)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月23日

サラダにスープ、おひたしとさまざまな使い方ができるサラダ菜。美しい緑色で柔らかな歯ざわりのサラダ菜は、使い勝手もよくさまざまな料理に使うことができる。その中でも今回は生のサラダ菜をピックアップ。生のサラダ菜の美味しい食べ方について、いくつかのアイデアを紹介していきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 生のサラダ菜は添えるだけ、挟むだけで彩りに!

生のサラダ菜の使い方として最もシンプルなのは、料理に添えたり挟んだりすることで彩りを添える使い方だろう。サラダ菜をメインディッシュの皿に数枚敷いておくだけでも、鮮やかな緑色が食卓を華やかにしてくれる。

サラダ菜を添えて、目で見て楽しめる盛り付けを演出したり、サンドイッチの具としてハムや卵などと一緒に挟んでみたり。見た目が華やかになるのはもちろんのこと、緑黄色野菜であるサラダ菜を添えることで栄養のバランスもよくなるので一石二鳥だ。一通り料理を作ったはいいものの、全体的に料理が茶色一色になってしまったという時は、さり気なくサラダ菜を添えて栄養面でも色彩の面でもバランスを取るとよいだろう。

サラダ菜を添えることで彩りをよくする小ワザは、普段の料理だけでなく弁当にも活かすことができる。おかずとおかずがくっついて味が混ざらないように仕切り代わりにサラダ菜を敷くことで、彩りもよくなり弁当で不足しがちな生野菜もプラスできる。

2. 巻くだけでこんなにお洒落に!生のサラダ菜で巻くレシピ

色鮮やかな緑色が特徴のサラダ菜は、添えるだけでなくさまざまな料理を包んで巻くことでお洒落な一品を演出するにも役に立つ。

サラダ菜と同じレタスの仲間であるサンチュのような感覚で、焼き肉のお供にサラダ菜を添えて各自好きなように肉をサラダ菜で巻いて食べるようにセッティングしておけば、ついつい野菜が不足しがちな焼肉で美味しく野菜を補うことができる。

また、生ハムやチーズなどの食材にルッコラやラディッシュを添えてサラダ菜で巻けば、普通のサラダがちょっとしたお洒落な前菜風に早変わりする。家族の祝い事や人をもてなす際の料理などでふるまえば、いつもと違う特別な料理感を演出できておすすめだ。

ほかにも、生春巻きの具として使うなど、サラダ菜で食材を巻いて食べるというアイデアはさまざまな活かし方ができるので、ぜひいろいろな料理で試してみてほしい。

3. サラダ菜は当然サラダにもおすすめ

生のサラダ菜は、その名の通りサラダの具材としても適している。サラダ菜は通常のレタスと比べると食感が柔らかく色も鮮やかなので、見栄えもよい。また、普通のレタスは包丁で切ると断面が酸化して変色してしまうため手でちぎらなければいけないが、サラダ菜は包丁で切っても変色することがない。調理のしやすさという点でも、使い勝手のよい野菜といえるだろう。

サラダ菜はサラダの具材として使うのはもちろんのこと、ポテトサラダやツナサラダなどの緑色が少なめなサラダを盛り付ける際に器の下に敷いて色彩のバランスを取るにも活用できるので覚えておこう。

4. 生のサラダ菜でスムージーはいかが?

生のサラダ菜は年中スーパーで手に入るうえ、栄養も豊富で非常に使い勝手のよい野菜だが、鮮度が落ちるのが早く2~3日中には食べきったほうがよい。

彩りを添えるために葉を数枚使ったはよいものの、使いきれないままサラダ菜が残ってしまった......という時は、その翌朝にスムージーにして飲むのはいかがだろうか。

サラダ菜は比較的食べやすい野菜だが、人によっては少々苦みや食感気になってしまうこともあるだろう。そんな人も、フルーツやヨーグルトなどと一緒にスムージーにしてしまえばその苦みを気にすることもなく生のサラダ菜の栄養を摂取することができておすすめだ。

結論

サラダ菜は使い勝手のよい野菜なので、生で使うだけでもこれだけの使い方ができてしまう。添えるだけで彩りと栄養バランスの両面から食事のバランスを整えてくれるサラダ菜を、ぜひ積極的に活用してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ