このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

鍋の素なしでもできる!鶏ガラスープで美味しい鍋を作る方法

投稿者:
ライター 藤本龍(ふじもとりょう)

監修者:
管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年8月 4日

寒い季節やちょっと料理に手を抜きたい時、手軽に作れて家族みんなで食べられる鍋料理は欠かせない。鍋といえば、さまざまなメーカーから鍋スープの素が売られており、それらを使えば野菜や肉を加えて煮込むだけでできてしまうほどに簡単に作れるものになっているが、そういった鍋の素がなくとも美味しい鍋を作ることはできる。今回は、その中でも鶏ガラスープを使った美味しい鍋のレシピを紹介していこう。

1. 鶏ガラスープで簡単鶏塩鍋

普段から冷蔵庫に常備されているような調味料で鍋を作りたいのであれば、鶏ガラスープをベースにした鶏塩鍋がおすすめだ。

鶏塩鍋に必要な調味料は、鶏ガラスープの素、白出汁、酒、もしあればそこに柚子胡椒を加えるといったところだ。これらの調味料を水と合わせて鍋のスープにし、肉や野菜を煮込めば簡単で美味しい鶏塩鍋のできあがりだ。

使用する具材としては、肉は鶏モモや豚バラ、豚ロースなどがおすすめだ。野菜は白菜を中心に、ネギやシイタケ、にんじん、水菜といったものを煮込むとよいだろう。

自分で鍋のスープを作るメリットは、味の濃さを好みで調整できることだ。薄味にしておいて、ポン酢などを付けて食べてもよいし、最初から味をしっかりと付けてそのまま食べられるようにしてもよい。

勝手さえ掴めれば調味料を付け加えたりバランスを調整したりして味付けを変え、自分好みの鍋を作ることもできるので、ぜひ挑戦してみてほしい。

2. 豆乳×鶏ガラスープでコクのある濃厚白湯鍋

もし手元に豆乳がある場合は、鶏ガラスープの素と合わせて豆乳白湯鍋にするのがおすすめだ。

味付けは鶏ガラスープに豆乳を混ぜ塩で調え、あとは一緒に煮込む具材の旨みを利かせるだけでできあがる。

肉類は旨みが出やすい鶏の手羽を使うのがおすすめだ。鶏手羽は、あらかじめフライパンで焼いて焼き色を付けてから鍋に入れるようにすると香りが増してより美味しい鍋になる。野菜類も、しめじやエリンギ、えのきといったきのこ類を多めに入れてスープにたっぷりと旨みが出るようにしつつ白菜を入れ、その旨みを吸った白菜を楽しむのがおすすめの食べ方だ。

3. 鶏ガラを煮込んで本格白湯鍋

鶏ガラスープの素があれば十分美味しい鍋を作ることは可能だが、鍋の素を使わずに本格的な鍋に挑戦したいのであれば鶏ガラを煮込むところから始めてみてはいかがだろうか。

鶏ガラをネギや生姜、玉ねぎ、にんにくといった野菜と一緒にじっくり煮込み、米と日本酒を加えてさらに煮込んでいく。するとスープが少しずつ白く濁ってくるので、ざるなどを使って具材を引きあげ、骨を取り除いたらミキサーで撹拌する。

ペースト状になった具材を再度スープに戻して醤油や白出汁、水を加えてさらに煮込み、ざるなどでこしてなめらかにすれば濃厚な白湯スープのできあがりだ。

手作りの白湯スープで作った鍋は絶品だ。鶏ガラスープは長時間煮込む必要はあるもののそこまで複雑な作業があるわけではなく、圧力鍋を使えばその煮込み時間も短縮できるので、慣れてくれば意外と簡単に作れてしまう。

牛乳や味噌、ごま油、ラー油といった食材との相性がよいので、鍋の味付けを調える際の参考にしてほしい。

4. 鶏ガラスープで作った鍋の〆にはコレがおすすめ

鶏ガラスープで作った鍋の〆におすすめなのは麺類だ。インスタント麺をそのまま入れれば鶏や野菜の旨みを吸って美味しい〆のラーメンに。茹でたうどんを入れればあっさりとスープの出汁のきいたうどんが楽しめる。

とくに、自分で鶏ガラからスープを煮出して鍋を作ったのであれば、食べ終わったあとの鍋の汁とラーメンとの相性はバツグンだ。美味しい鶏ガラスープを作って、〆まで美味しい鍋を堪能しよう。

結論

鶏ガラスープは、スープの素とほかの調味料を合わせても、鶏ガラからじっくりと煮込んでみても美味しい鍋を作ることができる。鍋スープに変化を付けたいという時は、鶏ガラスープをベースに美味しい鍋作りに挑戦してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ