このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

甘酸っぱさがクセになる!?大石早生ってどんなスモモ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年8月 4日

大石早生はスモモのなかでも、とくに有名な品種だ。日本では大石早生が数多く出回っており、栽培方法も簡単で、ハウス栽培も行われているため、通年食べることができる。本記事ではそんな大石早生の魅力について、深く掘り下げて紹介していきたい。

1. スモモの代表格!大石早生の特徴とは

大石早生はスモモの一種だ。フォーモーサという品種のスモモをベースにしており、1952年に日本で品種登録された。日本国内でもっとも生産量が多いスモモの品種(※2019年7月の情報)で、日本人にとって一番馴染みが深いスモモといっても過言ではないだろう。

大石早生の見た目や味は?

大石早生は、ほどよい酸味とひかえめな甘さを感じることができる。スモモ特有の酸味が好きな人にはとくにおすすめできる品種だ。果汁の量は多く、ジューシーな味わいが特徴的。大石早生の皮の色は深紅色で、果肉は淡い黄色をしている。重さは約50~70gほどあり、ほかの品種のスモモと比較をすると平均的なサイズといえる。

2. 大石早生を栽培してみよう

大石早生は比較的簡単に自家栽培することができる。市販の大石早生もよいが、収穫した直後の市販のスモモはまだ未熟で酸っぱいことも多い。しかし、自分で大石早生を育てる場合は、完熟したベストな時期を狙いやすくなる。そのため、ガーデニングや果物の栽培が好きな人はぜひ大石早生の栽培に挑戦してみてはいかがだろうか。

ちなみに大石早生に限らず、スモモは1本の木だけでは多くの実をつけない可能性が高くなる。なので、なるべく多くの実を収穫したいのであれば、大石早生以外の品種のスモモを大石早生の近くで育てることをおすすめする。大石早生を栽培する場合は、ソルダムやサンタローザといった品種と一緒に育てると相性がよいため、ぜひ試してみてほしい。自宅に庭がある場合は、素掘りで育てることをおすすめするが、もし木を植えることが難しい場合は、植木鉢で育てることもできるため、庭がない人でも挑戦できるだろう。

3. 大石早生を美味しく食べるおすすめの方法

スモモは皮ごと食べることができる果物なので、もし皮をむく作業が面倒な場合は、大石早生を水洗いしたあとに丸かじりしても問題ない。皮ごと食べることに抵抗がある人や、スモモの皮特有の酸味が苦手な人は素手で皮をむくとよいだろう。

大石早生のジャムやコンポートはいかが?

酸味がやや強めの大石早生を購入してしまった場合は、完熟するまでしばらく待つのもよいが、ジャムやコンポートにアレンジするのもおすすめだ。砂糖と一緒に煮込んで作るため、大石早生の酸っぱさをやわらげることができる。ジャムやコンポートにアレンジした大石早生は、パンやケーキなどと相性がよいため、ぜひ軽食やおやつのおともとして活用してみてはいかがだろうか。

大石早生のドリンクにアレンジするのもおすすめ

大石早生の酸味や甘みをやわらげたい場合は、細かく潰した大石早生を炭酸水や水などに混ぜて「大石早生のジュース」として飲むのもおすすめだ。また、酒が好きな人は、ワインやリキュールなどに混ぜるのもよいだろう。スモモが苦手な人でも飲みやすいドリンクへと早変わりするため、ぜひ試してみてほしい。大石早生の果肉がゴロゴロと入った贅沢なドリンクは、来客時に出すのもおすすめだ。

4. 大石早生を保存する時のポイント

大石早生を保存する時は、新聞紙で包んでからビニール袋に入れて冷蔵保存するとよい。よく「スモモは常温保存する」といった意見も見かけるが、あくまでそれはスモモが未熟で酸っぱすぎる場合の話だ。果肉が硬く、酸っぱいと感じた場合は購入してから3日~1週間ほど常温保存をすると、完熟してほどよい味に変化する。反対に、すでに購入した時から熟している場合は、できるだけ早く食べるように心がけよう。

結論

大石早生は甘みだけでなく酸味も楽しめる品種なので、甘酸っぱい味が好きな人にはとくにおすすめだ。スモモ特有の甘酸っぱさが苦手な場合は、ジャムやコンポート、ドリンクなどにアレンジするとよいだろう。スモモが好きな人は、生食とアレンジしたものを食べ比べしてみるのもおもしろいので、ぜひ試してみてほしい。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ