このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ココナッツを使った夏向きスイーツを紹介!独特な風味が癖になる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月21日

暑い夏。冷たくて、甘いものは欠かせないという人も多いことだろう。市販のものもよいが、手作りならリーズナブルで何より安心して食べることができる。今回お届けするのは、夏にぴったりなココナッツを使用したスイーツ。ココナッツは熱帯生まれだけあって、特有の風味、味わいが夏にぴったり。ココナッツの基礎を学びながら、レシピまで幅広くご紹介していきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ココナッツとは

ココナッツは、南アジアやオセアニアで広く生育しているココヤシの実のこと。海水を吸い上げながら成長する一風変わった植物である。ココヤシは非常に大きく、高さは30mにのぼるものもある。ココヤシは成長すると果実をつけるが、これがココナッツということになる。年間多いもので100個も果実をつける。果実は当初、緑色をしているが成熟するにつれて茶色になり、繊維質が目立つようになる。大きさは30cmほどだ。

緑色のココナッツは水分がたっぷりと含まれているが、茶色のものは水分が少なく、内部の胚乳の厚みが増していく。料理にもよく使われるココナッツミルクは、この胚乳を加工したものである。中鎖脂肪酸を多く含むことで話題になったココナッツオイルもこの胚乳を加工したもの、さらにココナッツファインも同様だ。ちなみにココナッツシュガーは、花蜜を煮詰めて作られる。

ココナッツは捨てるところがない植物と言われており、葉や幹はもちろん、実の外側もたわしなどに使われるほどである。青い頃のココナッツには水分が多く含まれているが、これはココナッツウォーターと呼ばれており、飲料として重宝されている。

2. 自家製ココナッツミルクスイーツ

ベトナム生まれのチェー

ココナッツのなかでもココナッツミルクを使ったスイーツは、夏にぴったりの味わい。なかでも簡単なのは、ベトナムのお汁粉とも呼ばれるチェー。ココナッツミルクと牛乳、砂糖を煮立てたスープにフルーツやタピオカを浮かべて作るもの。あんこを入れても美味しい。これからの季節は、ひんやりと冷たいものがおすすめだが温かい状態でも食べることができる。

ココナッツミルクプリン

ココナッツミルクを使ったプリンもなかなかの美味しさ。こちらも牛乳と混ぜて、ゼラチンで固めるだけでなので非常に簡単に作ることができる。クコの実やマンゴーなどをトッピングして、豪華にアレンジしてもよいだろう。

ココナッツミルクアイス

ココナッツミルクで作るアイスクリームも簡単でおすすめ。凍らせておいたバナナとココナッツミルクをフードプロセッサーにかけ、冷やすだけなので、子どもと一緒に作るのもおすすめだ。チョコチップや抹茶、冷凍ブルーベリーなどで、アレンジをしてもよいだろう。

3. 自家製ココナッツスイーツ

ココナッツシュガー

ココナッツはミルク以外にもスイーツ向きな食材がたくさんある。そのひとつがココナッツシュガー。ココナッツシュガーは低GI食品としても知られる存在。白砂糖に置き換える形で使えるので、幅広いスイーツ作りに対応してくれる。コクのある味わいを生かすよう、キャラメルやコーヒー味のスイーツにアレンジするのがおすすめ。

ココナッツファイン

ココナッツファインとは、胚乳部分をココナッツミルクやココナッツパウダーよりも粗く仕上げたもの。シャキシャキとした独特の歯ごたえがあり、グラノーラやドーナツのトッピングなどに使われることも多い。ココナッツファインも、自家製スイーツにはもってこいの素材。クッキーやケーキのトッピングにも向いている。

結論

ココナッツは、ココヤシの実のこと。ココナッツはココナッツウォーター、ココナッツミルク、ココナッツオイル、ココナッツファインなど、さまざまな加工品になる。そのどれもがエキゾチックな味わいで夏のスイーツ作りに大活躍してくれる。簡単にできるものが多いので、ぜひ週末にトライしてみてはいかがだろうか?
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ