このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トニックウォーターを使用したカクテルを紹介!自宅で簡単に作ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年8月28日

トニックウォーターはカクテルを作る上で欠かせないアイテムといえるだろう。しかし、トニックウォーターとはそもそもどういったものなのか知らない人も多いのではないだろうか。トニックウォーターについてや、トニックウォーターを使ったカクテルにはどういったものがあるのかということについて紹介しよう。

1. 炭酸水とは違う?カクテルに使うトニックウォーターとは

トニックウォーターは、カクテルを作るときによく使われる。トニックウォーターを炭酸水のことだと思っている人も多いかもしれないが、実は少し異なる。トニックウォーターとは、炭酸水に柑橘系の果皮や香草のエキス、糖類を加えたもののことをいう。そのため、炭酸水に比べるとほろ苦さとほんの少し甘みを感じるだろう。

そもそもトニックウォーターは18世紀にイギリス人によって作られたといわれている。当時、マラリアが流行しておりそのマラリアに有効なものが、キナの樹皮に含まれるキニーネだということがわかった。しかしキニーネは独特の苦味があり美味しくなかったことから、飲みやすいようにと開発されたのがトニックウォーターとされる。また、キナはジンとの相性がいいことがわかり、トニックウォーターが誕生した頃に、ジントニックも誕生したともいわれている。

2. トニックウォーターを使ったカクテルを紹介

現在では簡単にトニックウォーターを手に入れることができる。そのため、バーなどに行かなくても自宅でトニックウォーターを使ったカクテルを楽しむことが可能である。トニックウォーターを使った有名なカクテルは、ジントニックやウォッカトニック、スプモーニ、24トニックなどがあげられるだろう。トニックウォーターはお酒との相性がいいので、いろいろなカクテルに使われる。ジントニックやウォッカトニックは、ジンやウォッカをトニックウォーターで割ることで完成する。簡単に作れるので、お風呂上がりなど、さっぱりしたのどごしのカクテルが飲みたいときにおすすめだ。

3. 自宅で作れるトニックウォーターを使うお洒落カクテルレシピ

自宅でカクテルを作る場合は、シェイカーを使ったカクテルもいいが、氷を使ったロンググラスで作るカクテルがおすすめ。グラスと氷、作りたいカクテルの材料があれば、それらを混ぜることで完成するからである。自宅で作れるトニックウォーターを使うお洒落カクテルレシピを3つ紹介しよう。ホームパーティーなどで作れると株が上がるかもしれない。

1つ目は、ミドリスプモーニ。メロンリキュールとグレープフルーツジュース、トニックウォーターで作れる。
2つ目は、グランマルニエトニック。コニャックとオレンジで作られたグランマルニエとトニックウォーターを使う。レモンやライムを飾るとよりお洒落に。
3つ目は、パライソトニック。ライチのリキュールとトニックウォーターで完成する。フルーティーで甘口のカクテルなので、女性におすすめ。最初はリキュールなどを集める必要があり、面倒に思うかもしれない。しかし、お酒のボトルはかっこいいものが多いのでインテリアとしてもいいし、種類が多いほどいろいろな種類のカクテルを楽しむことができるだろう。

4. トニックウォーターを使ってノンアルコールカクテルも作れる

トニックウォーターは炭酸水と違い、苦みや甘みがある独特の風味を持っている。そのおかげで、トニックウォーターを使えば簡単にノンアルコールカクテル、略してノンアルカクテルも作ることができる。トニックウォーターを使ったノンアルカクテルを3つ紹介しよう。

1つ目は、ノンアルモヒート。ライムと砂糖をグラスに入れよくつぶす。その後にミントとトニックウォーターを入れ、混ぜれば完成。
2つ目はグレナデントニックだ。グレナデンシロップとトニックウォーター、レモンスライスで作れる。グレナデンシロップは、ザクロ果汁から作られたシロップで、このノンアルカクテルは赤い色が映えるさっぱりとした味わい。
3つ目は、ノンアルスプモーニである。グレープフルーツジュースとトニックウォーターがあれば簡易的に作ることができる。もうひと手間かけようと思えば、ビターシロップを加えるといいだろう。トニックウォーターでカクテルを作る時は、炭酸が飛ばないようにグラスの底からゆっくり混ぜよう。

結論

少しクセのあるトニックウォーターはアルコールとの相性がいいので、カクテルを作るときにはよく使われる。炭酸の爽快感とほろ苦さがアルコールを際だたせてくれるのだろう。自宅でも簡単にトニックウォーターを使ったカクテルは作れるので、ぜひ挑戦してみよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ