このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

コツは下ごしらえにあり!激ウマ豚バラチャーシューの作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年8月29日

「手間暇かけて豚バラチャーシューを作っても、ラーメン店とはほど遠いものなってしまう」そうお嘆きの人に朗報だ。ちょっとしたコツを押さえれば、家庭でも、老舗のラーメン店さながらの絶品な豚バラチャーシューを作ることができる。まさに秘伝ともいうべき、激ウマチャーシューの作り方のコツについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チャーシューにする豚バラ肉の選び方

当然だが、激ウマの豚バラチャーシューを作るには、主役である豚バラのブロック肉の選び方のポイントを押さえておく必要があるだろう。

鮮度のよい豚バラ肉を選ぶのはもちろんのことだが、 チャーシュー作りに適した豚バラ肉を選ぶことも外せないポイントになる。

まずは、鮮度のよさ。赤身が鮮やかな赤色であること、脂身がきれいな白色であることをチェックしよう。この2点をクリアしている豚バラ肉を選ぶとよいだろう。

ただ、スーパーの照明は、色味が美味しくみえるように調整されているようなので、チェックする際は、その点も気をつけ、照明を外したところでチェックするとよいだろう。

さらに脂身が多すぎるものは、煮崩れしやすいので、赤身と脂の層が均一になっているものか、赤みが少し多目のものを選ぶようにしよう。

また、なるべく住んでいる地域から近い産地のものをおすすめする。豚を品種で選ぶのなら、やはり品質が優れている黒豚が最も理想的だ。

2. 豚バラチャーシューの下ごしらえは念入りに

豚バラのブロック肉を下ごしらえする前に、冷蔵庫から出して豚バラを常温に戻しておこう。冷蔵庫から出してすぐに下ごしらえを済ませて加熱した場合、まだ中心部分は冷たいままなので、火が均一に通りにくいためだ。

下ごしらえをはじめる30分くらい前には冷蔵庫から出しておこう。

常温に戻してから、豚バラブロック肉全体に、軽く塩、コショウして、上からラップをかぶせて、麺棒などでまんべんなく叩く。少し薄くなるまで叩くのがコツだ。そうすることで、タコ糸が巻きやすくなり、肉も柔らかくなる。

その後、半分の長さに切り、横方向に丸めた状態でタコ糸を巻く。そのまま30分~1時間程度放置しよう。

フライパンに大さじ2程度のたっぷりの油を入れて熱し、そこに豚バラ肉を入れ、中火で焼き色がつくまで焼いていこう。これは余分な脂を取り除くために、下ごしらえとして外せないプロセスになる。

フライパンにたっぷり入れた油に豚バラ肉の脂がどんどん溶け出すことになる。このひと手間を加えることで、余分な脂っぽさが抜け、チャーシューの仕上がりが、格段によくなる。 豚肉に焼き色がついたらフライパンから取り出し、調味料を加えて煮込む前に、弱火で1時間程度下茹でしよう。

調味料を加えていない状態で、下茹ですることで、トロトロの仕上がりが実現する。余分な脂やくさみを取り除く効果もある。調味料を加えた状態で、煮込みすぎると、煮汁に含まれる塩分の影響で、肉が固くなり仕上がりがパサついてしまう。下茹でが終わったら、これで下ごしらえは終了だ。

いよいよ調味料を加えて本格的な調理のスタートになる。

3. 後は煮込むだけで簡単!豚バラチャーシューのできあがり

下ごしらえが終わったら、調味料を加えて煮汁を作り、その煮汁で下茹でした豚バラ肉を煮込むだけと、いたって簡単だ。

煮汁を作るコツとしては、加える調味料の割合の基本を、押さえておくとよいだろう。醤油・酒・砂糖を、2:1:1の割合で加えると、大きな失敗がない。もちろん、味には好みがあるので、この割合で作ってみて、味見をしながら、自由に調整してみよう。甘めが好みの場合は、砂糖を多めにしてもかまわない。

また、砂糖の種類は、上白糖よりもきび砂糖を使ったほうが、コクが出てその分美味しく作ることができるようだ。

煮汁ができれば、豚バラ肉とお好みの材料を投入し、火にかけ、沸騰したら弱火にして1時間程度煮詰めれば、激ウマチャーシューのできあがりだ。

熱々の状態で、包丁を入れると崩れやすいので、煮汁が冷めるまで休ませることもコツとして押さえておこう。

結論

激ウマ豚バラチャーシューの作り方のコツについては、理解していただけただろうか?コツを押さえるのと押さえないのとでは、仕上がりに格段の差が出る。これを機にぜひ一度、激ウマの豚バラチャーシュー作りにチャレンジしていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ