このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

相性抜群!豚バラ肉と白菜のコンビネーションの魅力に迫る

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年8月28日

お手頃価格で入手でき、さまざまな料理に使用できる豚バラ肉は、優秀食材である。そんな豚バラ肉は、基本的にどのような野菜とも合うが、とくに白菜との相性が抜群だ。豚バラ肉と白菜があれば、ささっと簡単に、ボリューム満点で大満足の一品が完成する。今回は、豚バラ肉と白菜の組み合わせの魅力について迫っていく。

1. 豚バラ肉は身体に必要な栄養素が豊富

豚バラ肉は、三大栄養素であるタンパク質と脂質、及び各種ビタミン、ミネラルなど、我々の身体にとって必要な栄養素が豊富に含まれている。

中でもビタミンB1が豊富で、豚バラ肉を100g程度食べるだけで、1日に必要とされているビタミンB1の約40%を補うことができる。ビタミンB1 は、糖質のエネルギー代謝に関与するビタミンで、身体を正常に保つために重要なビタミンの1つである。

また脳・神経系の働きを正常に保つ効果も期待できるようだ。不足すると脚気などにかかる可能性が高まるといわれている。

また、豚バラ肉のタンパク質は、我々が体内で合成することができない必須アミノ酸がバランスよく含まれており、良質のタンパク質である。

さらに、ミネラルの中では、身体にとって必要不可欠な鉄分、亜鉛などが比較的多く含まれている。

このように栄養的にも優れた食材といえる豚バラ肉ではあるが、やはり万能とはいえず、まったく含まれていない栄養素もある。それが、第六の栄養素と呼ばれる食物繊維だ。

栄養バランスを考えると、豚バラ肉には食物繊維が豊富な食材を組み合わせることが望ましい。そこで白菜の登場となる。

2. 豚バラ肉に足りない栄養素を白菜でカバー

白菜には、食物繊維が豊富に含まれている。また、豚バラ肉にはごく少量しか含まれていないビタミンCも豊富だ。つまり、豚バラ肉と白菜を組み合わせることで、豚肉だけでは不足する栄養素を白菜がうまくカバーしてくれることになる。

もちろん、食物繊維やビタミンCが豊富に含まれている野菜は白菜のほかにもたくさんあるだろう。しかし、栄養バランスだけでなく、味や食感、調理方法、調理にかかる手間など、あらゆる観点から総合的に判断した場合、豚バラ肉と白菜は、まさに抜群といえるほど最も理想的な組み合わせとして、おすすめできる。

例えば、くどくなりがちな脂肪の多い豚バラ肉に、淡白な味わいの白菜を組み合わせることで、そのくどさが和らげられ、ほどよいコクと旨みにうまく調整できる。

また、シャキシャキした白菜の食感は、噛み応えのある豚バラ肉に絶妙なアクセントを添えてくれることになり、なんともジューシーで心地よい食感を生みだす。

さらに、白菜も豚バラ肉も、火が通りやすく味もしみ込みやすいため、調理方法を選ばず、煮ても焼いても蒸しても、スピーディに仕上げることが可能だ。

3. 豚バラ肉と白菜のベストな調理方法は?

調理方法を選ばない豚バラ肉と白菜の組み合わせではあるが、食材として豚バラ肉と白菜を使ったベストな調理方法といえば、やはり鍋料理になるだろう。

豚バラ肉に豊富なビタミンB1は水溶性であるが、鍋料理にすることで、スープごといただけるため、溶け出したビタミンB1をもれなく摂取することが可能だ。また、白菜は鍋にすることでかさが減り、より多くの白菜を食べることが可能になるため、それにともなって、食物繊維も多く摂取できることになる。

なんといっても、鍋物は、食材を適当に切って、お好みの味の鍋つゆで煮込むだけと、調理の手間もほとんどかからないお手軽料理である点も見逃せない。

忙しいときに、調理の手間を省きつつ、ボリューム満点で食べ応えのある料理を作りたいときに、最適といえる調理方法になるだろう。

結論

豚バラ肉と白菜の組み合わせの魅力については、納得いただけただろうか?特売など、安価で入手できるときに、豚バラ肉と白菜を多目に買い、ストックしておけば、献立に困ったときに何かと重宝することはほぼ間違いないだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ