このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

和風マーボー豆腐のカロリーはどのくらい?栄養や糖質も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 市川咲(いちかわさき)

2019年10月23日

マーボー豆腐といえば中華の定番料理であるが、同じ材料で調味料を変えれば和風に仕上げることもできる。中華料理だと子どもと同じメニューが食べられない、優しい味付けが好きだという人にはおすすめの食べ方だ。ここでは和風マーボー豆腐のカロリーや栄養についてみていきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 和風マーボー豆腐のカロリーはどのくらい?

和風マーボー豆腐に使用する材料は次のとおりである。
木綿豆腐、豚ひき肉、長ネギ、生姜、サラダ油、出汁、味噌、醤油、砂糖、片栗粉、水。
かつお出汁をベースにして、味噌や醤油、砂糖で仕上げる。日本の家庭には馴染み深い調味料ばかりなので、いつでも作ることができる簡単な料理ともいえるだろう。
カロリーを計算すると、和風マーボー豆腐のカロリーは1食あたり約300kcal程度になる。一般的なマーボー豆腐は350〜400kcal程度となるため、和風マーボー豆腐のほうがカロリーは低い。豆腐自体のカロリーは変わらないが、使っている調味料の種類や量の違いが差を生んでいると考えられる。
豆腐のカロリーは100gあたり、木綿が80kcal、絹ごしなら62kcalである。少しでもカロリーの低いほうがよいという人には絹ごし豆腐がおすすめだ。

2. 和風マーボー豆腐の栄養成分

和風マーボー豆腐から期待できる栄養素は、主にたんぱく質である。豆腐も豚ひき肉もたんぱく質源の食材であり、筋肉や血液など身体の組織を作るために役立つ。しかし、一方で気を付けておきたいのが脂質である。油は1gで9kcalと高く、摂りすぎると太りやすい。大さじ1杯の油で108kcalにもなるので、具材を炒めるときは量に気をつけよう。

ちなみに、木綿豆腐100gと豚ひき肉50gを使用した場合に摂れるたんぱく質の量は15.9gである。植物性たんぱく質と動物性たんぱく質を掛け合わせたマーボー豆腐は、いろいろな栄養素を摂り込むことができ、肉だけ、豆腐だけといった料理よりもバランスがよいといえるだろう。

3. 和風マーボー豆腐の糖質は低い?

豆腐には100gあたり0.4g、ひき肉には50gあたり0.1gの糖質が含まれている。主食と呼ばれるごはん、パン、麺類に含まれる糖質量と比較すると微々たる量であり、糖質制限をしている場合でも安心して和風マーボー豆腐を食べることが可能だ。
ただし、気を付けたいのは一緒に摂るごはんの量である。ごはんには1膳150gあたり53.4gの糖質が含まれている。和風マーボー豆腐をごはんにかけて食べると、食が進んで糖質の摂取量が多くなるリスクもある。丼料理やあんかけ料理は具材そのもの自体の糖質は少なくても、ごはんの量が増えすぎないように気を付けよう。

4. 和風マーボー豆腐をカロリーオフする食べ方

和風マーボー豆腐は、300kcal前後とそれほどカロリーの高いものではない。しかし、それでもカロリーが気になるという場合には、次の点に気をつけてみてもらいたい。

・豚ひき肉を鶏ひき肉へ

豚肉は鶏肉よりも脂質を多く含んでいるためカロリーが高くなりやすい。50gのひき肉を使用する場合、豚ひき肉は118kcalであり、鶏ひき肉は93kcalとなっている。豚ひき肉と鶏ひき肉では25kcalほどカロリーが異なるので、少しでもカロリーをカットしたい人は鶏ひき肉を選んでみよう。

・油を使わない

油はサラダ油でもごま油でも、カロリーは1gあたり9kcalだ。油はコクを加えて料理を美味しく仕上げるのに欠かせないものだが、工夫次第ではカットすることもできる。テフロン加工の鍋を使えば具材が鍋に付くことがなく、カロリーカットにも効果的だ。調理器具を工夫すれば、より健康的な和風マーボー豆腐を作ることが可能である。

結論

和風マーボー豆腐は、中華のマーボー豆腐とは異なり、和風出汁が日本人の舌によく合う。カロリーには大きな違いはないが、いつものマーボー豆腐に飽きてしまって気分を変えたいときにはおすすめの料理だ。鶏ひき肉を使ったり、テフロン加工の鍋を使ったりして、よりヘルシーに和風マーボー豆腐を楽しんでみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ