このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【葉ニンニク】はニンニクの芽と違うの?特徴や食べ方は?

投稿者:ライター 諸田結 (もろたゆい)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年9月 9日

皆さんは葉ニンニクという野菜を食べたことがあるだろうか。葉ニンニクはスーパーなどではあまり見かけないちょっと珍しい野菜で、その名の通りニンニクの葉のことを指す。今回は、この葉ニンニクとニンニクの芽の違い、特徴や美味しい食べ方などを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 葉ニンニクとニンニクの芽の違い

結論からいえば、ニンニクの芽はニンニクの花茎部分、葉ニンニクはニンニクの葉の部分を指す。ニンニクの芽は全体的にやや太さのある野菜だが、葉ニンニクはニラに近い薄い形状をしているのが特徴だ。根元は白く、葉先は鮮やかな緑色をしていてネギにもニラにも似ている。長さは30~40cm程度。葉ニンニクはニンニクやニンニクの芽に比べてにおいが少なく、食感も柔らかいのでとても食べやすい。甘みもあり、どんな料理にも合わせやすい食材なのだ。

葉ニンニクの栄養素

葉ニンニクにはさまざまな栄養素が含まれている。ニンニクのにおいの成分でもある「アリシン」には抗菌作用やビタミンの吸収を助けてくれる作用があるといわれている。とても身体によい成分で、ニンニクが健康によいとされるゆえんでもあるのだ。ビタミンB1との相性がよいので、豚肉などと一緒に食べるとよいだろう。また、食物繊維も多く含まれているので便秘気味の人にもおすすめの食材だ。

2. 葉ニンニクの産地は青森県

葉ニンニクの産地は、ニンニクの主な産地である青森県。ほかには千葉県や沖縄県、高知県などで多く栽培されている。葉ニンニクはニンニクを育てる過程で、早い段階で柔らかい葉を収穫したもの。

ニンニクは土に埋まった球根部分が大きくなるまで育ててから収穫するが、葉ニンニクは球根部分が大きく成長する前に収穫する。若い状態で収穫することで、柔らかくて甘みのある葉ニンニクになるのだ。旬は初春頃で国産の葉ニンニクは、11~3月に出回ることが多い。

葉ニンニクの見分け方と保存方法

新鮮な葉ニンニクは葉先がピンとしていて、鮮やかな緑色をしている。根元の白い部分が茶色く変色していないか、しなびていないかもチェックしよう。全体にハリがあってみずみずしく、ツヤのあるものを選ぶのがおすすめだ。また、葉の色が黄色くなっていたり大きすぎたりするものも避けたほうが無難。大きくなりすぎた葉ニンニクは硬い可能性が高い。あまり日持ちしない野菜なので、しばらく使わない場合はカットしてから冷凍しておくのがおすすめだ。冷蔵庫で保存するなら新聞紙などでくるみ、チャック付きの袋に入れて数日で使いきるようにしよう。

3. 葉ニンニクを美味しく食べる方法は?

葉ニンニクは中華料理で多く使われる食材。中国では油を使った料理が多く、葉ニンニクも油との相性がよいので炒めものにするのが一般的。野菜炒めや卵とじなど、さまざまな料理に活用できる野菜なのだ。

葉ニンニクはとても柔らかく、炒めすぎると食感が悪くなってしまう。とくに葉先の部分はサッと炒めるだけで充分だろう。根元部分を先に炒め、あとから葉先部分を入れるなど、分けて調理したほうが美味しく仕上がる。

また、根元部分が太くしっかりしている葉ニンニクが手に入ったら、南蛮漬けや醤油漬けにするのもおすすめ。数日~1週間で美味しく漬かり、おかずやおつまみとして便利に使える。

結論

今回は一般的にはあまり馴染みのない野菜、葉ニンニクを紹介した。ニンニクよりもマイルドな味わいで、ニラと同じような感覚で料理に使うことができる。ニラのような独特の香りもなく、ほんのりとニンニクの香りがするだけなのでニラが苦手な人でも食べやすいだろう。炒めものだけでなく鍋やスープにも使える万能野菜なので、手に入ったらぜひいろいろな料理を試してみてほしい。スーパーにはあまり置いていないが、通販などで購入することができるので、気になる人はチェックしてみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ