このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ラム酒を美味しく味わうには?こだわりの飲み方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年9月 4日

甘くて芳醇な香りのラム酒は、カリブ海の島々原産のサトウキビを原産とした蒸留酒。飲み方は、ロック・ストレート以外にも、さまざまなカクテルにアレンジするのもおすすめだ。今回は、ラム酒の種類とともに、より美味しく飲むコツについて紹介しよう。

1. ラム酒を美味しく飲むにはコツがある

温度は、ラム酒を美味しく飲むために重要なポイントだ。常温なら、ヘビーラムやダークラムの甘くて芳醇な香りが楽しめる。さらに飲み方にこだわるなら、香りを楽しむのに適したブランデーグラスに入れて飲むのもよいだろう。よりラム酒の風味を味わいたい、または身体を温めたいときには、ホットラムで飲むのも人気だ。逆にすっきりした味わいが好みなら、ライトラムやホワイトラムを冷蔵庫でしっかり冷やして飲んでみよう。

2. ラム酒をストレート・ロックで味わう

カクテルで飲むイメージが強いラム酒もストレートやロックなら、本来の風味が味わえる。ラム酒のストレート・ロックでの飲み方を説明しよう。

ストレート

氷を入れず、ラム酒を常温でグラスに注ぐだけの飲み方だ。ラム酒本来の味・香りを味わえる。ラム酒はウォッカと並んでアルコール度が高い酒だ。ヘビーラムやダークラムを少量ずつしっかり味わうとよいだろう。

ロック

大きめの氷をグラスに入れ、ラム酒を注いで飲む。氷が融けるにつれ、ラム酒が薄まって味の変化が楽しめる。

3. ラム酒をカクテルにアレンジして楽しもう

アルコール度数の高い酒が苦手な人でも飲みやすいと感じるラム酒の飲み方が、カクテルだ。カクテルに使われるのは、ライトラムやホワイトラムがほとんど。ラム酒のカクテルで最も有名なのは、「モヒート」ではないだろうか。気温の高いキューバでもよく飲まれ、ミントの香りがさわやかなカクテルだ。今回は、ラム酒のカクテルの中でも、自宅で簡単にできるふたつのカクテルの作り方を説明しよう。

サンセットビーチ

オレンジジュース・グレープジュース・グレナデン(ザクロのシロップ。輸入食材店・酒店・ネット通販などで購入可能)をラム酒と混ぜるだけ。トロピカル風味で夏におすすめのカクテルだ。

ストロベリーダイキリ

イチゴをミキサーでつぶす。ラム酒・オレンジジュース・つぶしたイチゴを混ぜる。イチゴと一緒に氷もミキサーにかけると、フローズンドリンクとして楽しめる。さっぱり感がありつつも甘い風味で、女性に作っても喜ばれるだろう。

4. ラム酒にぴったりな簡単料理レシピ

香り豊かで甘みのあるラム酒は、塩気のあるハムやソーセージと相性がよい。また、ラムレーズンがあるように、ドライフルーツとも合う。ラム酒の美味しさを引き立てる料理のレシピを紹介しよう。

ラム酒のおともにシンプルなサラダを

生ハムのサラダ

  • 皿にレタスやパプリカなど、好きな野菜を盛り付ける。
  • クルミとアーモンドを刻んで散らし、好みのドレッシングをかける。
素材の風味を活かしたシンプルなサラダだからこそ、ラム酒の香りや風味を邪魔しない。

つまみにはもちろん、ちょっとしたおもてなしにも最適

アボカドとドライフルーツ2種類のディップ

  • アボカドの種を取り、ペースト状につぶす。ツナとみじん切りした玉ねぎを加え、混ぜ合わせる。塩こしょうで味を調えれば、アボカドのディップの完成。
  • クリームチーズに、刻んだドライフルーツとくるみを混ぜる。ラム酒・ハチミツで風味付けして、ドライフルーツのディップのできあがり。
バゲットに塗るもよし、サンドイッチに挟んで軽食にするもよし。シンプルな材料で簡単に作れ、見た目にも美味しい料理だ。

結論

ラム酒の特徴は、常温以外に冷やしても温めても美味しく飲めるところだ。単独でもカクテルにしても、季節に合わせた飲み方で年中ラム酒を楽しめる。ラム酒を飲んだことがない人は、ぜひ一度味わってみてほしい。多くの種類の中から好きな銘柄を探し出すのも、粋な楽しみだ。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ