このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

加熱してもシャキシャキ!【ロメインレタス】の魅力とは?

投稿者:ライター 松崎茉莉奈(まつざきまりな)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年9月 3日

しっかりとした立ち姿が印象的な「ロメインレタス」。見た目は異なるが一般的な玉レタスと同じ仲間である。やや苦みがあるのが特徴で、とくに欧米ではよく食べられている。居酒屋メニューの定番、シーザーサラダによく使われているため、いままで知らなかったという人も気づかないうちに口にしているかもしれない。今回はそんなロメインレタスについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ロメインレタスの特徴

ロメインレタスとは、その名のとおりレタスの仲間で、一般的な玉レタスと非結球のリーフレタスの中間の半結球レタスに分類される。
ほかのレタスに比べ、やや苦みがあるのが特徴だ。葉が厚く、全体的にしっかりとしているが、葉先はやわらかい食感である。
欧米ではメジャーな葉野菜で、シーザーサラダなどによく使われる。火を通してもへたりにくいため、焼いたり炒めたりして食べられることも多い。

ロメインレタスのいろいろな呼び方

ロメインレタスとして販売されているのが一般的であるが、ほかにもさまざまな呼び名があるので覚えておくとよいだろう。
ちなみにロメインは「ローマの」という意味で、古代ローマ時代からよく食べられているためこの名がついたという説がある。

「コスレタス」

文部科学省が発表している日本食品標準成分表にも記載されるほど、比較的メジャーな呼び方である。ロメインレタス、コスレタスのどちらかの名で呼ばれることがほとんどだろう。これはロメインレタスの原産がエーゲ海コス島であることが由来している。

「立ちレタス、立ちちしゃ」

ロメインレタスは通常の玉レタスと異なり、楕円形で立ったような形をしていることから、立ちレタスと呼ばれることもある。また、かつて日本ではレタスのことを「ちしゃ」と呼んでいたことから、立ちちしゃともいわれる。

2. ロメインレタスの旬や選び方

ロメインレタスはハウス栽培もされているため、市場には年間を通して出回っている。しかし、通常の玉レタスに比べ流通量は少ないため、露地栽培でも多く収穫される春と秋頃に見かけることが多いだろう。
ロメインレタスを選ぶ際は次の点に気をつけるとよい。

濃い緑色で、ハリがあるもの

ロメインレタスは濃い緑色が特徴なので色のよいものを選ぼう。また、色の濃いもののほうが栄養が豊富に含まれているといわれている。黄色く変色していたり、傷が付いているものは避けよう。葉がしなびているものは鮮度が落ちている証拠なので注意が必要だ。

切り口がみずみずしく、育ちすぎていないもの

根もとの切り口が白く、水が滴りそうなほどみずみずしいものを選ぼう。
また、手にとって重いものは育ちすぎて葉がかたい可能性があるので避けるのが無難だ。サラダで食べたい場合は、苦みの少ない若いものを選ぶとよいだろう。

3. ロメインレタスの食べ方

ロメインレタスはほかのレタス類と同じく、サラダにして食べられることが多い。ほんのりとした苦みがアクセントになる。若い葉のほうが苦みが少なく、葉質もやわらかいため食べやすいだろう。
また、シャキシャキとした食感は加熱しても失われにくいため、炒めものにもおすすめだ。

ロメインレタスのシーザーサラダ

  • ロメインレタスは1枚1枚洗っておく。食べやすいようにちぎってもいいが、そのままのせるとよりボリューム感が出る。盛りつける直前に冷水にさらし、水をきっておくと食感がよくなる。トマトは洗ってくし切りにする。
  • 鍋に水を入れ、しっかりと沸騰させる。火を止め、15分程度卵を浸けておき温泉卵をつくる。1~2cm幅に切ったベーコンをフライパンでカリカリになるまで炒める。
  • 皿にロメインレタスを敷き、トマト、ベーコン、クルトンを散らし、中央に温泉卵をのせる。シーザードレッシングをかけ、粉チーズをふりかける。

ロメインレタスと卵のマヨ炒め

  • ロメインレタスは1枚1枚洗っておく。ボウルに卵を割り入れ、マヨネーズを混ぜる。
  • フライパンにマヨネーズを熱し、ロメインレタスをサッと炒める。
  • 溶き卵を加え、半熟状になったら全体をふんわりと混ぜ合わせて皿に盛る。

結論

シーザーサラダの具材として有名なロメインレタスについて紹介した。通常のレタスに比べてあまりなじみがないという人も多いだろうが、ロメインレタスにしかない味わいもある。炒めてもほかのレタスのようにへたらないため、とくに加熱調理がおすすめだ。日ごろ食べているレタスとの違いを試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ