このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

かにかまのカロリーを解説!かにが含まれていないけど栄養はあるのか?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月21日

そのまま酒のつまみとして食べてもよし、巻きずしやサラダの具材として使ってもよしと活用範囲の広いかにかま。その活用範囲の広さからついつい食べ過ぎてしまうこともある。ここでは食べ過ぎたときに気になるかにかまのカロリーやカロリーオフしたいときにおすすめの食べ方を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. かにかまのカロリー

かにかまの正式名称は「かに風味かまぼこ」である。大きくジャンル分けするとかまぼこの一種なのだが、紅白かまぼこに代表される蒸しかまぼことは製造法や見た目、味わいが違うため、食品成分表ではかに風味かまぼことして分けて記載されている。食品成分表では、かに風味かまぼこのカロリーは100gあたり90kcalとされている。蒸しかまぼこが100gあたり95kcalであるため大差はないといえる。しかし、かにかま作りに使われる材料の種類や分量のバランスでカロリーは変わってくるため、店頭に並ぶかにかまのすべてのカロリーがこの通りとは限らない。正確なカロリーを知りたいのであれば、パッケージに記載されているカロリーをチェックしたほうがよい。ただし、必ずしも100gあたりのカロリーが記載されているわけではないため、かにかまを比較する際は何gあたりのカロリーであるかも見ておくようにしよう。

2. かにかまの栄養

食品成分表に記載されているかにかまの三大栄養素の量は以下の通りだ。

かに風味かまぼこ(100gあたり)
たんぱく質12.1g
脂質0.5g
炭水化物9.2g

かにかまに含まれる三大栄養素のバランスの特徴は、たんぱく質が多く脂質が低いことといえる。パッケージに記載されているかにかまの原材料を見ると、もっとも使用量が多いのは魚のすり身であるため、三大栄養素のバランスも魚と同様のバランスとなっている。かにかまで使われる魚のすり身は白身魚であることが多いため、たんぱく質の量が多いわりに脂質量が少なくなる。また、炭水化物が比較的多く含まれるのだが、これに関しては魚のすり身とは関係ない。魚にはほとんど炭水化物が含まれないからだ。ではなぜ、かにかまの炭水化物量が多くなっているのかというと、原材料に含まれるでんぷんが関係している。でんぷんには多くの炭水化物が含まれており、使用量が少なくても炭水化物量は多くなってしまう。

3. かにかまには糖質が多く含まれている?

カロリー以外に気になるのが糖質量だ。低カロリーの食品でも糖質が多く含まれている食品もあるため、カロリーと糖質量をそれぞれチェックしておいたほうがよい。糖質量とは、炭水化物量のうち食物繊維量を除いたものを指す。かにかまの糖質量だが実は意外と高いのだ。残念ながら、かにかまには食物繊維が含まれていないため、炭水化物量がそのまま糖質量となってしまうのだ。つまり、かにかま100gあたりの糖質量は9.2gとなるわけだ。この値はあくまで食品成分表に記載されている数値であるため、すべてのかにかまの糖質が高いわけではないが、かにかまの糖質は高いという認識は持っておいたほうがいいだろう。市販品のかにかまの糖質量を知りたいなら、パッケージに記載されている栄養成分表をチェックしてみよう。かにかまの場合は炭水化物量がそのまま糖質量となるため、一目瞭然である。

4. かにかまをカロリーオフするには?

かにかまはそのまま食べるため、シンプルにそのまま食べるのが1番カロリーを抑えられる。調理するのであれば、蒸すまたは茹でるならカロリーに変化はないが、炒めたり焼いたりした場合は油を使うためカロリーがアップする可能性がある。油には脂質でできており、1g使うだけで9kcalもアップする。かにかまの天ぷらも人気メニューだが、同様の理由でカロリーがアップしてしまうため、カロリーオフしたいときはおすすめできない。また、かにかまの食べ方としてサラダや巻きずしの具材にすることも多いだろう。かにかまの風味とほどよい塩気が全体のバランスを整えてくれるため重宝するが、そのせいで食べ過ぎてしまうと摂取カロリーが増えてしまう。低カロリーの食材を組み合わせても食べ過ぎてしまっては本末転倒となってしまうため、ほどほどを意識するようにしよう。

結論

かにの風味が楽しめるかにかまだが、かには一切使われていない。かにかまの原材料で多くを占めているのが魚のすり身であるため、かにかまは魚と同様にたんぱく質が多く脂質が低い食材だ。しかし魚と違い、でんぷんも含まれているため糖質量は意外と高い。美味しい食品だが食べ過ぎには要注意だ。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ