このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

青菜炒めに合う献立は?バランスのよい組み合わせで栄養を摂ろう!

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年9月15日

小松菜や空心菜、チンゲン菜やほうれん草を使って作る青菜炒め。しっかりとした味付けにすればごはんのおかずにも最適な料理だが、副菜やスープはどんなものを組み合わせればよいのだろうか。今回は、栄養もしっかり摂れて青菜炒めに合う献立を紹介する。食事は美味しいだけでなく、栄養が摂れることも重要なポイントなのでぜひ参考にしてみてほしい。

1. 青菜炒めに合わせる副菜は?

副菜と聞くと難しく考えてしまう人も多いが、メインのおかずとなる主菜に合わせるサブ的なおかずと考えるとよいだろう。青菜炒めを主菜と考えると、タンパク質が不足しがちになる。そのため、卵や肉類などを使ったボリューム感のある副菜にするとよいだろう。ひき肉やチーズを入れたオムレツ、厚揚げのそぼろあんかけなどは簡単に作れておすすめだ。どちらもボリュームがあり、タンパク質をしっかり補える。
また、副菜をサラダなどのあっさりしたものにしたい場合は、青菜炒めに豚肉や鶏肉を加えてボリューム感を出すとよいだろう。

・青菜炒めを副菜に?

ちなみに、青菜炒め自体をシンプルに仕上げて副菜にし、ほかに肉や魚を使った主菜を作るのもおすすめだ。肉類などを加えず、青菜と調味料だけで青菜炒めを作って副菜として楽しもう。

2. 青菜炒めはあっさりスープと相性バツグン

青菜炒めはごま油などを使い、濃い味付けで作られているので、こってりとしたスープと合わせると、くどくなってしまう。そのため、青菜炒めと一緒に食べるならあっさりとした味わいのスープがよいだろう。醤油ベースのすまし汁や、野菜をたっぷりと入れたみそ汁や豚汁がおすすめ。青菜炒めだけでは野菜が不足しがちなので、スープに野菜を入れるか簡単なサラダを添えるとよりバランスがよくなる。

・夏場は冷たいスープもおすすめ

スープと聞くと温かいものを想像しがちだが、じつは冷たいスープもある。冷製のスープにもいろいろな種類があるが、青菜炒めに合わせるなら冷製のミネストローネなどがおすすめだ。サイコロ状にカットした野菜とトマト、豆類などを合わせて好みの味付けをするだけで完成。あっさりとした味わいで、野菜もたくさん食べられる。食欲の落ちる夏場でも食べやすい冷製スープだ。豆類を多めに加えれば、ミネラルや食物繊維もしっかり補給できるだろう。

3. アレンジをして青菜炒めをもっと楽しもう

青菜炒めはそのまま食べても美味しいが、残ってしまうと消費に困ることもあるだろう。そんなときは、ほかの料理にリメイクして食べてみてはいかがだろうか。青菜炒めはしっかりと味が付いているので、茹でたパスタと合わせて味を調えるだけで簡単に美味しいパスタができあがる。ベーコンやハムなどを加えて、リッチに仕上げてもよいだろう。また、スープやみそ汁の具材として使うこともできる。青菜はしっかり火が通った状態なので、仕上げの段階で加えるようにしよう。

・味付けを工夫してアレンジ

ほかの料理にリメイクするのも楽しいが、青菜炒め自体の味を変化させてみるのもおもしろい。シンプルな味にするならニンニクと中華出汁などで味を付けるが、オイスターソースやナンプラーを使うと一気に本格的な味わいに。醤油やめんつゆなどをちょっと加えて作れば、和風な味わいに仕上がる。好みやその日の気分に合わせて、いろいろな味の青菜炒めにチャレンジしてみよう。

結論

青菜炒めは簡単に作れる料理だが、アレンジ次第でいろいろな食べ方ができることが分かった。食べ合わせ次第で栄養バランスも変化するので、献立を考えるときは栄養にも目を向けてみてほしい。スープや副菜は不足しがちな野菜などを補給できる大事な部分だ。1食でいろいろな料理を作るのはなかなか難しいが、常備菜などを活用しながら栄養バランスのよい献立を作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ