このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

唐辛子が大量にあっても心配無用?唐辛子味噌作りのすすめ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2019年10月23日

唐辛子がたくさん手に入った場合、使い道に迷うことがあるだろう。とくに辛さが得意ではない人は、困ってもおかしくない。方法はいくつかあるが、唐辛子味噌を作ってみてはどうだろうか。味付けの調整次第では、唐辛子が苦手な人も楽しめる。本記事では、唐辛子味噌の簡単な作り方や活用方法について紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 唐辛子味噌の基本の作り方

基本の唐辛子味噌は、唐辛子(青唐辛子)と味噌、あとは酒や砂糖があれば作ることができる。ひとまず最低限を作って試してみたい場合などには、食材を集める手間が少なく済むはずだ。

唐辛子を輪切りに、種は取り除く!

まずは唐辛子を輪切りにする。後の混ぜやすさを考えると、薄く切るのがよいだろう。また、唐辛子の種は辛みが非常に強い。とくに辛さがあまり得意でない人は、種を混ぜてしまうとまともに食べられなくなる可能性もある。種を意図的に入れたいのでなければ、スプーンなどを使って取り除いておこう。

唐辛子を炒め、調味料や味噌を加えて混ぜる

切った唐辛子をごま油で炒め、調味料を加えて混ぜる。最後に火を弱めてから味噌を加え、よく練ればよい。火が強いままだと味噌が焦げ付きやすいため、注意したい。

味噌は好みの種類でOK、種類によって味付けを調整しよう

味噌は合わせ味噌などが一般的だが、種類を限定する必要はない。自宅にストックしているもの、食べてみたいものなど、自由に選んで使うことができる。たとえば白味噌を使う場合には甘みが強くなるなど、種類により味のバリエーションがある。好きなものを試したい。また、選んだ種類によって、ほかの調味料の配合を調整するのもよい。たとえば白味噌の場合、砂糖を増やしてさらに甘さを強調してもよいし、逆に控えて味のバランスを取るのもよいだろう。

2. 唐辛子味噌はおかずにも調味料にもなる!

唐辛子味噌を作ったら、美味しいうちにどんどん食べたい。

ごはんのおとも

唐辛子味噌は、単品でごはんに合わせても美味しい。砂糖や酒などを加える分まろやかな味わいになり、唐辛子のピリッとした辛さもよいアクセントになる。

豆板醤などの感覚で、炒め物に加える

辛みの効いた、かつ味噌や砂糖の甘みのある味わいは、料理に合わせても美味しい。豆板醤などと似たような感覚で使えばよいだろう。とくに、野菜炒めなどとの相性はバツグンだ。

3. 唐辛子味噌は、アレンジで味も栄養も豊かになる!

唐辛子味噌はアレンジして楽しむこともできる。その方法を紹介しよう。

ひき肉を加えて肉味噌にする

唐辛子味噌単品でも美味しいが、さらに栄養を足したい、あるいはボリュームを増やしたいと考える人もいるかもしれない。そんな場合は、炒めたひき肉を加えて肉味噌を作る方法がある。たんぱく質を補うことができるほか、調味料として料理に加えると味わいをより一層多彩にすることもできる。あっさりめが好みなら鶏ミンチを加えてもよいし、牛や豚のひき肉を使ってこってりとした味に仕上げるのも美味しいだろう。

にんにくを加えてより香り高く!

唐辛子味噌の味わいを活かしつつ、より香り高く仕上げたいhチオは、にんにくを加えてみてはどうだろうか。シンプルに、刻んだにんにくを加えればよい。弱火でじっくり火を通してから唐辛子を炒めるのがおすすめだ。ごはんにもよく合うほか、料理にも調味料としても使いやすいはずだ。

結論

唐辛子味噌は、唐辛子が急に手に入った場合でも、自宅にある食材で手軽に作ることができる。そのままおかずにもなるうえ、調味料としても有用だ。さらに、好みで具材を加えて、味や栄養をより多彩にすることもできる。唐辛子が安く売られているときなど、唐辛子味噌作りを試してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ