このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

最高に美味しいゴーヤーチャンプルーを食べよう!作り方のコツを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月23日

今や夏の定番メニューになりつつあるゴーヤーチャンプルー。材料を手早く炒めるだけで簡単にできる点も魅力だ。ただ、家庭で作る場合、今一つ、納得できる仕上がりになりにくいのが、難点といえる。そこで今回は、最高に美味しいゴーヤーチャンプルーを家庭でも作っていただくべく、作り方のコツについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゴーヤーチャンプルーを美味しく作るための食材の選び方

ゴーヤーチャンプルのメイン食材でもあるゴーヤは、鮮度のよいものを選ぶようにしよう。ゴーヤの鮮度のよさを見極めるポイントは、ズバリ、色と重みになる。鮮やかな濃い緑色で、ずっしりと重みのあるものは、鮮度のよい証拠だ。また、表面のイボが硬くてハリがあるかどうかもチェックしておこう。イボは大きさが揃っていて、ぎっしりと詰まっているものほど新鮮だ。

ただ、新鮮であればあるほど、栄養価が高くなるが、それと同時に、特有の苦みも強くなる。苦みを和らげるためには、下ごしらえをしっかりと行う必要があるだろう。どうしても苦みが気になる場合は、緑色が薄く、イボが大きめのものを選ぶようにしよう。

ゴーヤーチャンプルに使用する食材の1つである豆腐は、やはり島豆腐を選ぶのがベストといえる。なければ木綿豆腐でもかまわないが、島豆腐を使った方が断然美味しくなることだけは確かだ。また豚肉は、もちろん生の豚肉でも問題はないが、より旨みとコクを利かせたいのであれば、あえて缶詰のスパムを選ぶという方法もありだろう。生の豚肉を選ぶ場合は、コクと甘みのある豚バラ肉を選ぶに限る。

2. ゴーヤーチャンプルーの美味さの秘訣は下ごしらえにあり

ゴーヤーチャンプルーの作り方そのものは、材料を切って炒めるだけと、いたってシンプルだ。シンプルなだけに、手間をかけて下ごしらえをしっかりと行っておくことが、美味しくする秘訣になる。以下のポイントを押さえて下ごしらえを行おう。

ゴーヤ

水でよく洗った後、先端とヘタの部分を切り落とし、縦半分に切り、ワタと種を取り除く。その後、2mm程度の厚さにスライスしていく。すべて切り終わったら、小さじ1程度の塩を全体にふって軽くもみ込み15分ほど置く。ゴーヤから水気が出てきたらさっと水洗いし、ザルにあげ、水気をよく切っておけば下ごしらえは完了だ。

木綿豆腐

島豆腐に近づけるために、水抜きをしっかりと行っておこう。豆腐をペーパータオルなどで豆腐を包み、重しをして20分程度置けば、水分が出てほどよい固さになる。簡単に水抜きするためには、同じく豆腐をペーパータオルで包んだ状態で電子レンジで1分程度加熱するという方法もあるが、豆腐の風味が飛びやすいので、急ぐとき以外は、あまりおすすめはできない。なお、島豆腐を使用する場合は、下ごしらえはとくに必要ない。

黄身と白身がほどほどに混じり合うくらいに、軽く溶きほぐしておこう。

3. ゴーヤーチャンプルーを美味しく調理するコツ

さて、下ごしらえが終わったら、いよいよ調理に入るのだが、美味しく調理するコツとして以下のポイントを押さえておこう。

1.ゴーヤと豆腐は別々に炒める

食材を一度に炒めると、仕上がりがベチャッとしたものになりやすい。それを防ぐためには、ゴーヤと豆腐を別々に炒め、豚肉を炒め終わったタイミングで、一緒にし、砂糖、しょうゆなどのお好みの調味料で味を調える、という方法を試してみよう。多少手間がかかるが、この手間をかけるかけないで、美味しさに大きな差が出る。

2.豆腐は手でちぎって炒める

手でちぎることによって、調味料が豆腐の断面によくなじんで味がしみ込みやすくなる。

仕上げにあらかじめ準備しておいた、溶き卵を全体に回しかけ、強火で手早く炒め合わせれば完成だ。

結論

ゴーヤーチャンプルーの作り方のコツについては、理解いただけただろうか?調理方法そのものがシンプルなだけに、コツを押さえる押さえないでは、仕上がりに大きな差が出やすい。ぜひ、コツを押さえて最高に美味しいゴーヤーチャンプルーを味わっていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ