このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

絶品!納豆を使ったアレンジレシピを大公開

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月23日

安くて美味しい納豆は、たれや醤油をかければ立派なおかずになる。もちろんそのまま食べてもよいのだが、普通の食べ方に飽きてしまった人もなかにはいるのではないだろうか。ここでは、納豆に一手間加えてさらに美味しく食べるためのアレンジレシピを紹介していきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豪華な主菜へアレンジ!

主菜とはメイン料理のことで、肉や魚のようなたんぱく質を摂取できる食材が多く使われる。納豆は大豆からできており、たんぱく質が多く含まれている食材だ。また、脂質が比較的少ないため健康にはうってつけの食材といえるだろう。いつもはおまけの納豆を、ボリューム満点の主菜としてアレンジしてみよう。

納豆のキツネ焼き

キツネとは油揚げのことだ。油揚げを半分に切って袋状にすると、なかに具材を包むことができる。油揚げ自体に油が含まれているので、多量の油を使わなくてもこんがりと焼くことができるのもメリットだ。

<材料>

油揚げ 2枚
ひきわり納豆 1パック
鶏ひき肉 40g
青ネギ 小口切りを大さじ1杯
鰹節 1パック

<作り方>

1.油揚げは長辺を1/2になるように切る。
2.フライパンで鶏ひき肉を炒めて、納豆のタレを利用して調味する。
3.鶏ひき肉、ひきわり納豆、青ネギ、鰹節を混ぜて、油揚げのなかに詰める。
4.フライパンに2を並べて焼き目が付くまで焼いて完成。お好みで醤油やポン酢を付けて食べる。

納豆オムレツ

納豆と卵を常に買い置きしている家庭も多い。献立に困ったときや、忙しい朝のメニューにもおすすめだ。

<材料>

卵 3個
納豆 1パック
青ねぎ 適量
塩こしょう 適量

<作り方>

1.卵を割りほぐして、塩こしょうを加えて混ぜる。
2.納豆に付属のタレとみじん切りにした青ねぎを加えて混ぜる。
3.熱したフライパンに油をしき、卵を注いで半熟になるまで加熱する。
4.2を卵の上にのせて包み、形を整えて完成。

2. 食卓がさみしい時、ちょっとした副菜にも

副菜はサラダや和え物などの量の少ない野菜のおかずが多い。箸休め的な存在にもなり、主菜だけでは不足する栄養素を補うこともできるので、できるだけ用意しておきたいおかずだ。納豆はそのままでも副菜として十分だが、せっかくであれば器に移し替えて見た目も美味しく食べてみよう。

キムチ納豆

キムチと納豆を混ぜるだけの簡単なアレンジ。辛いもの好きにはたまらない。

オクラ納豆

茹でたオクラを小口切りにして納豆と混ぜ、付属のタレや醤油で味付けしたもの。オクラと合わせることでネバネバ感がアップ。

いか納豆

刺身用のイカそうめんと納豆を混ぜたアレンジ。おろし生姜や青ネギを散らせば風味豊かに美味しく食べられる。

3. 納豆はアレンジもしやすい万能食材

納豆は和風だけではなく、さまざまなジャンルと相性がよい。例えばチーズやトマトと合わせればイタリアンに、餃子の皮に包んで中華アレンジなど幅広い味付けで楽しむことができる。

また、料理の主役にも脇役にもなることができる点も魅力的だ。ごはんと混ぜてチャーハンにしたり、パスタに乗せたりして単品料理にもできる。カレーとも相性がよいので、いつもとは違ったカレーが食べたくなったときには試してみよう。

納豆の魅力といえば、なんといっても安価で手に入り、非加熱で食べられる点である。さらに、低脂質で高たんぱくであり、健康を気にする人には是非おすすめしたい食品だ。ほかの食品と組み合わせ、栄養価アップを目指しながらとり入れていこう。

結論

納豆は相性のよい食材がたくさんある。味にクセがあると思いがちだが、その独特の風味が料理をより魅力的に変身させてくれるのだ。安くてアレンジしやすく体にもよい、そんなうれしい魅力たっぷりの納豆を使いこなして、食生活を充実させていこう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ