このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

すし酢はどっちで作る?米酢と穀物酢との違いについて知ろう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月23日

お寿司を作る際に、市販のすし酢を使用する家庭が多いだろう。しかし余らせてしまって賞味期限切れとなり、結局処分することになるケースも意外と多いようだ。お寿司を作る都度にすし酢を手作りした方が、余らせることもなく経済的かもしれない。では、すし酢を手作りする場合は、米酢と穀物酢のどっちで作るべきなのか?それぞれの酢の違いについてこれから詳しくお伝えしよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそもすし酢とは?

すし酢とは、その名が示す通り寿司の酢飯を作る際に使用される合わせ酢のことである。ちなみに合わせ酢とは、砂糖や醤油、塩などの調味料を配合した酢のことで、それぞれの調味料の配合の割合によって、すし酢、二杯酢、三杯酢、甘酢などに分類される。

市販されているすし酢はすでに調味料が配合されていて、そのままご飯にかけて混ぜ合わせるだけで酢飯ができるようになっている。市販のすし酢は、各メーカーによって配合する調味料の割合をはじめとした製造方法が異なっているため、酸味や甘味のバランスなどに違いが生じる。

市販のすし酢を使用せずとも、すし酢を手作りすることができる。一般的なすし酢の作り方は、米2合に対してお酢大さじ4、砂糖大さじ3、塩小さじ1が基本。あくまでも基本なので、お好みで適宜調整可能だ。

ここで問題となってくるのは、すし酢を手作りする場合に使用するお酢の種類である。通常、家庭で常備されているお酢は、穀物酢と米酢に大別される。双方の酢の特徴についてこれから一緒に見ていこう。

2. 米酢と穀物酢のそれぞれの特徴について

米酢も穀物酢も、店頭でもよく見かけるなじみの酢であるが、双方の違いや使い分け方についてご存知ない方も多いようだ。この機会に、米酢と穀物酢の特徴についてぜひ押さえておこう。

米酢の特徴

米酢は、その名が示す通り米を原料として作られる醸造酢。米特有の甘みと旨味と香りがあり、まろやかな味わいが主な特徴になる。加熱すると香りが飛んでしまうので、酢の物や合わせ酢、マリネ、ドレッシングなど、加熱しない料理の使用が適している。

穀物酢の特徴

小麦やとうもろこし、酒粕などを材料として作られる醸造酢だ。一般的に、お酢といえば穀物酢を意味する場合が多い。値段も米酢よりも安価なため、最も多くの家庭に普及しているお酢でもある。さっぱりした酸味とすっきりした味わいが特徴だ。炒め物や煮物など加熱調理する料理に適している。原材料にアルコールが使用されている場合は、どうしても酸味が強くなるようだが、加熱すると気にならなくなる。

3. すし酢は米酢と穀物酢のどっちで作るべき?

結論から言うと、すし酢は米酢でも穀物酢でも作ることができる。ただ、やはり同じ米ということで、米酢の方が酢飯との相性がよい。実際、プロの寿司職人の大半は米酢を使ってすし酢を作っているようだし、市販されているすし酢にも米酢が使用されている。

しかし、穀物酢が酢飯と相性が悪いというわけでは決してない。ただ、使った酢によってコクや味のまろやかさに違いが生じるのは事実のようだ。

穀物酢で作ったすし酢の味わいを米酢で作ったすし酢により近づけるためには、穀物酢と調味料に昆布出汁を加えてよく混ぜ合わせてから、いったん火にかけると効果的だ。そうすることで、酸味をマイルドになり、味にコクとまろやかさを加えることができるようだ。

結論

米酢と穀物酢のそれぞれの違いについてはおわかりいただけただろうか?ただ、寿司の酢飯の味の好みには個人差があるので、すし酢にどちらを選ぶべきなのかは、一概には決められない。より好みに合った方のお酢を使って、すし酢を作っていただければと思う。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ