このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

激辛食材である青唐辛子のカロリーや栄養を徹底解説

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年9月24日

激辛食材として知られる青唐辛子。唐辛子にはいろいろな種類があるが、今回はその中から青唐辛子に焦点を当てて紹介していく。青唐辛子のカロリーや栄養、さらには糖質やカロリーオフする食べ方などさまざまな観点から青唐辛子を見てみよう。

1. 青唐辛子のカロリーは?

青唐辛子のカロリーは100gあたり約96kcal。100gといわれても想像が付きにくいが、青唐辛子は1本あたり3~10g程度なので10~30本で100gということになる。1本あたりのカロリーは3~9kcalという計算になるので、かなり低いことが分かるだろう。
青唐辛子は、一般的な赤い唐辛子になる前の若い状態で収穫されたものだが、辛みは強いものから弱いものまでさまざまだ。中には辛くない青唐辛子もあるが、見た目が酷似しているため外見だけでは判別することはほぼ不可能だ。唐辛子の中でもとくに辛いのは、中のワタの部分。ほんのりとした辛みを楽しみたい場合は、取り除いてから調理するとよいだろう。青唐辛子は調味料の一部としてもよく使われていて、柚子胡椒に入っているのも青唐辛子だ。

2. 青唐辛子が辛いのはなぜ?

青唐辛子の辛み成分として最も有名なのが、カプサイシンだ。カプサイシンは適度に摂取することで脳神経に働き、さまざまな力を発揮してくれる。エネルギー代謝を促進させたり、身体を温めて血行をよくしてくれたりする。また、カプサイシンには発汗作用もあり、辛いものを食べたときに汗が噴き出すのはこのためだ。とくにワタの部分には多くのカプサイシンが含まれている。食欲のないときにもおすすめの食べ物なので、夏バテなどの際にはピッタリだろう。
青唐辛子にはほかにもビタミンやミネラルなどが含まれているが、唐辛子を一気にたくさん摂取することはほとんどないので、栄養を補給するために食べる必要はない。

3. 青唐辛子の糖質量

青唐辛子に含まれる糖質量は100gあたり6.0g。野菜の中ではやや多めの糖質量だが、唐辛子は一気にたくさん食べるものではないので、あまり糖質量を気にする必要はないだろう。1回の食事で10gの青唐辛子を食べたとしても、その糖質量はわずか0.6gだ。青唐辛子は栄養を摂取するというよりも、調味料として使う感覚なのでカロリーや糖質のことは考えなくてもよいだろう。

4. 青唐辛子を使ったカロリーオフレシピ

青唐辛子は発汗作用などがあることから、暑い夏にも人気の食材だ。ただし、青唐辛子を大量に摂取し発汗したからといって、簡単に痩せられるわけではない。むしろ、大量に摂取してしまうと体調を崩しかねないので注意が必要だ。一気にたくさん食べると胃腸に負担がかかり、胃痛や下痢を引き起こすこともある。そんなことにならないために、ここでは青唐辛子を使ったカロリーオフレシピを紹介する。

ピリ辛味噌

細かく刻んだ青唐辛子をごま油で炒め、味噌や砂糖などで味付けしたシンプルなピリ辛味噌。ごはんとの相性もよいが、カロリーオフしたいなら豆腐と合わせるのがおすすめだ。物足りない人は焼いた厚揚げにのせれば食べごたえがアップする。野菜炒めの味付けにもおすすめの万能調味料だ。

えのきのペペロンチーノ

パスタは糖質もカロリーも高く、体重を気にしている時は避けがちな食べ物だ。それでも食べたいときは、えのきをパスタに見立ててペペロンチーノを作ってみよう。刻んだニンニクと青唐辛子を炒め、好みの具材とえのきを炒めたら、仕上げにめんつゆをひとまわし。スライスしたズッキーニやこんにゃく麺を使うのもおすすめだ。

結論

今回は青唐辛子のカロリーや栄養、糖質などについて詳しく紹介した。青唐辛子はとても美味しく、嬉しい栄養素も含まれている。しかし、美味しいからといって大量に食べないように注意しよう。辛さで舌が麻痺したり、胃が荒れてしまう可能性がある。今回紹介したレシピなどを参考にしながら、適度な量と辛さを楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ