このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

栄養満点のピリ辛食材!青唐辛子を活用したペペロンチーノの作り方

投稿者:ライター 安土慶彦(あづちよしひこ)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年6月29日

料理に辛味をプラスしてくれる唐辛子。唐辛子にもさまざまな種類が存在するが、辛味の強い青唐辛子は、辛いもの好きから愛されている食材だ。辛いのが特徴的な食材ではあるが、実はビタミンや食物繊維を含む栄養満点な食材なのだ。「青唐辛子を使用したレシピが知りたい」と思っている人も多いと思う。そこで今回は、青唐辛子の選び方と赤唐辛子との違いや、青唐辛子を活用したレシピを紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 青唐辛子の選び方と赤唐辛子との違い

青唐辛子は赤唐辛子を早めに収穫し、成熟しきっていない状態で食べる種類。色が鮮やかで均一、ツヤとハリがある、先端がとがっているものが新鮮で美味しい証拠である。ヘタ部分が変色しているものは鮮度が落ちている可能性が高いため、避けるのが無難だ。
唐辛子には辛味成分のカプサイシンやビタミン類なども豊富に含まれているため、健康に気を遣っている人にはおすすめの食材。また、青唐辛子と赤唐辛子は「辛味」という部分で違いがある。青唐辛子は生の状態、赤唐辛子は加熱した状態のときに一番辛さを発揮する。
唐辛子を使用したいレシピを考えたうえで、どちらかを選定しよう。

2. 青唐辛子のペペロンチーノの下ごしらえ方法

青唐辛子は和・洋・中、問わずどの料理ジャンルでも相性バツグン。ここでは時間がないときでも手軽に作ることができる青唐辛子を活用したピリ辛ペペロンチーノの下ごしらえについて紹介していく。

・湯を沸かす

パスタを茹でるための湯を沸かしておく。ただの湯でも問題ないが、塩をひとつまみ入れておくとよいだろう。塩を入れることで、パスタ自体にほんのり塩味が付き、麺にコシが出るのだ。

・食材をカットする

食材はシンプルにベーコンと青唐辛子のみ。ベーコンは一口サイズにカットし、青唐辛子は細かく刻んでいく。青唐辛子は加熱することで辛味が少し弱まるが、それでも辛いという人は種とワタを取り除いてからカットしよう。

3. 青唐辛子を使用したピリ辛ペペロンチーノの作り方

下ごしらえを行えば、青唐辛子のペペロンチーノは10分程度で完成する。ここでは青唐辛子のペペロンチーノの作り方を3工程に分けて紹介していく。

・パスタを茹でる

沸かしておいた湯にパスタを入れる。食べ応えを出すために少し太めのパスタを使用するのがおすすめだ。また、茹でたあともフライパンで加熱するため、少し固めに茹でておくのがポイント。

・食材を炒める

オリーブオイルをひいたフライパンに、にんにくをのせ香り付けを行う。そこに青唐辛子とベーコンを投入し、加熱していく。ある程度火が通ったところで、茹であがって水きりを行なったパスタを投入する。

・仕上げ

青唐辛子・ベーコン・パスタがオリーブオイルと絡んだところで、塩を投入する。全体に調味料が絡んで、味が調ったところで完成だ。
最後に刻んだ大葉をのせると、ほどよい風味を感じながら味わうことができる。また、粉チーズなどをかけることで少しマイルドなペペロンチーノにもなる。青唐辛子のペペロンチーノはトッピングの活用幅も広いので、いろいろ試してみてほしい。

結論

青唐辛子と赤唐辛子は7~12月が旬。その時期の唐辛子は風味も強く、栄養価もとても高い。しかし、青唐辛子の食べ過ぎには注意が必要だ。青唐辛子はあくまで刺激物なので、胃腸などの臓器にも刺激になる。大量摂取は胃が荒れたり、下痢などの症状を引き起こす可能性があるため、適度に摂取しよう。青唐辛子を活用したペペロンチーノを作るときはぜひこの記事の作り方を参考にしてみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ