このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

組み合わせ自由!ペペロンチーノを美味しく味わう献立とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年3月28日

ペペロンチーノを食べるとき、ほかに何を一緒に合わせるべきか…と献立に悩む人もいるだろう。パスタはボリュームがあり一品で済ませてしまいがちだが、それでは栄養が偏ったり、途中で味に飽きてしまったりすることもある。今回はペペロンチーノを食べるときにおすすめの献立を紹介しよう。

1. ペペロンチーノにふさわしい副菜はコレだ

パスタの中では、使用する食材も作り方もシンプルなペペロンチーノ。食べる前のにんにくの香りが食欲を刺激する料理だ。一品でもボリュームがあり、食事の際にペペロンチーノのみで済ませる人もいるだろう。
材料に野菜や肉などを加えれば多少は栄養価も上がるが、定番のにんにく・唐辛子・オリーブオイル・パセリだけでは栄養が偏りがちだ。しかも食べ始めから食べ終わりまで同じ味なので、飽きてしまうことも考えられる。
そこで紹介したいのが、ペペロンチーノに最適な副菜だ。たとえば、シーザーサラダ・大根サラダ・トマトサラダ・コールスローといったサラダ類である。ヘルシーであり野菜を摂取でき、食感も楽しめるからだ。
また栄養面でいうと、野菜&たんぱく質源をあわせたものがおすすめだ。たとえば、アボカド&サーモンのマヨネーズ和え・玉ねぎのチーズ焼き・にんじんとツナのカレー風味マリネ・ほうれんそうのオムレツなどがおすすめの副菜である。

2. ペペロンチーノに最適なスープの種類

パスタを提供している飲食店の中には、ドリンクバーやスープバーが楽しめる店舗がある。和食の定食を食べるときに味噌汁がセットになっているように、洋食にスープが欠かせないという人もいるだろう。
ではペペロンチーノを食べるとき、どういった味のスープと相性がいいのだろうか。ペペロンチーノの味の特徴といえば、ピリ辛なところだろう。辛いものが苦手な人は作るときに味をチェックし辛すぎれば調整できるが、市販や外食時などのペペロンチーノが辛かったら水分を摂るしかない。
そこに、もし甘めのかぼちゃスープや、じゃがいもで作るなめらかな味わいのビシソワーズスープが付いていたら、辛さを緩和できるかもしれない。ほかにも、野菜たっぷりのミネストローネスープ・卵&ほうれん草のスープ・和風出汁の根菜スープなど、やさしい味のスープがおすすめだ。

3. ペペロンチーノをアレンジして楽しもう

唐辛子のピリッと辛い刺激がクセになる、ペペロンチーノに合わせて食べる副菜やスープをおすすめしたが、ペペロンチーノ自体をアレンジするアイデアもいくつか紹介しよう。
ほうれん草や小松菜、アンチョビをピリ辛味のペペロンチーノ風に味付ければ、ワインにも合うちょっとしたおつまみになる。さらに食卓のテーブルにあと一品ほしいときに、ブロッコリーを茹でてペペロンチーノ風に味付ければ、立派な副菜の完成だ。
また、スパゲッティの代わりにそうめんを使用して食材にウナギを加えれば、スタミナ満点の和風ペペロンチーノに大変身だ。ウナギに含まれるタンパク質や多価不飽和脂肪酸のDHA・EPA、ビタミン・ミネラルなど身体に必要な栄養成分をバランスよく摂取できる。
ダイエット中の人はスパゲッティの代わりに糸こんにゃくや糖質オフの麺を使用すれば、カロリーオフして味わうことができる。ほかにも明太子を加えたり大葉をトッピングしたり、温泉卵をのせたり、サバ缶&水菜を具材にするなど、ペペロンチーノのアレンジ料理は無限大だ。

結論

単品として食べても十分に美味しいペペロンチーノだが、献立として副菜やスープを加えたり、ペペロンチーノそのものをアレンジしたりすれば、飽きずに最後まで楽しめる。ほかにも鶏肉の煮込み・野菜たっぷりのポトフ・茹で卵&ポテトのグラタン・アスパラの肉巻き・チキン南蛮など、ペペロンチーノと相性のよい料理は豊富だ。好みの副菜やスープを組み合わせて、バランスのよい献立でペペロンチーノを美味しく味わってほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ