このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

いぶりがっこの特徴とおすすめの食べ方!楽しむには切り方も大事?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月24日

全国どこにいてもご当地の美味しい品が食べられるようになった現代だが、テレビやメディアで紹介され人気に火が付いているのが、秋田発祥の「いぶりがっこ」だ。今回は、酒のつまみにも、ごはんのおともにもおすすめないぶりがっこの食べ方について詳しく解説していこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. いぶりがっこの特徴とは

いぶりがっことは、秋田県の県南地方で作られる伝統的な「スモークたくあん」のことだ。大根を囲炉裏に吊るし、サクラやナラの木を燃やして燻製したあと、塩を加えた米ぬかで漬け込んだものだ。秋田の方言では、漬物を「がっこ」、燻すことを「いぶり」、ふたつの言葉が合わさって「いぶりがっこ」と呼ぶのだ。
秋田南部は山に囲まれていることから日照時間が少なく、大根を干して乾燥させることができない。大根が凍ってしまうのを防ぐため、囲炉裏の熱と煙によって室内で燻す保存方法が室町時代から広まっていったとされる。
いぶりがっこはたくあんと同じ大根の漬物のため、基本的には似ているが、より風味と味わいが深いことが特徴だ。噛めば噛むほど燻製の香りが口の中に広がり、米ぬか特有の熟成した風味やカリコリとした食感も楽しめる。白米や日本酒との相性はさることながら、燻した味わいはワインやウイスキーとの相性もバツグンだ。

2. いぶりがっこをより楽しむ、上手な切り方

いぶりがっこを楽しむ際には、切り方が一つのポイントとなってくる。いぶりがっこはたくあんと同じように、できたては一本の棒状だ。
まず基本の切り方は、たくあんと同じように好みの厚さで輪切りにすること。純粋にいぶりがっこのポリポリとした食感と香りが味わえる。
次に、ミキサーで細かく刻んで粉々にする食べ方。このまま白ごはんにのせて食べても美味しいし、卵かけごはんに入れるのもおすすめ。ほかにもチャーハンに加えたり、白和えに混ぜたりすることで食感の変化を楽しむのもよいだろう。いぶりがっこには塩分があるので、醤油や塩などの使用量を控えられる効果もある。
次は、包丁で大きめに刻む方法。粗めのサイズ感だと、ほどよくいぶりがっこの歯ごたえがあるのでよく噛むようになり、食べ過ぎを防いでくれる。
さらに、いぶりがっこを1~3mm程度に薄くスライスする切り方も、食感が大きく変わる。そのうえにモッツァレラチーズやフェタチーズをのせ、オリーブオイルやハーブ、ブラックペッパーを添えてカナッペのようにすると美味しい。
これらの切り方それぞれに分けて容器に入れて保存しておくと、とても便利にバリエーションをつけられる。

3. いぶりがっこの美味しい食べ方

いぶりがっこの食べ方でもはや定番なのがクリームチーズとの組み合わせだが、カマンベールでもワインにピッタリの美味しいつまみが完成するのはあまり知られていない。まずはカマンベールを横半分にカットする。片方の断面にブラックペッパーをふりかけ、みじん切りにしたいぶりがっこをのせ、しそや三つ葉など好みの薬味をのせる。もう半分のカマンベールをその上にのせて、ケーキやピザのように放射状にカットすればできあがり。癖のある風味が好きというツウな人にはブルーチーズ、蜂蜜、刻んだいぶりがっこという組み合わせもおすすめだ。

4. カロリーが気になる人におすすめないぶりがっこの食べ方

いぶりがっこはそれ自体の塩分が高いため、何も考えずに食べるとごはんが進んでしまい、カロリーオーバーになる可能性がある。カロリーが気になる場合には、量に気を付けて、先述したように小さく刻んだりスライスしたりしたものを適量食べることが望ましい。
また、漬物には乳酸菌が多く含まれているため、便秘の改善効果が期待できる。ポテトサラダに刻んだいぶりがっこを混ぜれば、食物繊維もアップ。腸活を促して美味しくすっきりを目指すことができるだろう。

結論

いぶりがっこは煙の深い味わいと食感の楽しさがやみつきになる、大人におすすめの食べ物。ぜひ、あらゆる切り方や食べ方を試し、紹介した以外にもさまざまな料理に混ぜ込むことで食のアクセントを楽しんでほしい。意外な食べ物との組み合わせで、きっと新境地が開けるはずだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ