このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

牛すじはおでんの陰の立役者!手間はかかるがやっぱり旨い

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月14日

肌寒い時期になると食べたくなるのはおでん。最近ではコンビニエンスストアでもレジ前に並びいろんな具材もあり人気なおでん。家庭で作るときにおでんの具材に牛すじを加えると、牛すじ特有の旨味がおでんの出汁にしみ出して、味が格段によくなる。本格的な味わいのおでんを楽しみたいなら、やはり牛すじを加えるに限る。今回は、おでんの陰の立役者というべき牛すじの下処理についてご紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おでんの牛すじの下処理その1 茹でこぼす

牛すじ肉は、下処理のために二度茹でる必要がある。一度目は「茹でこぼし」といわれる工程で、牛すじのアクや臭み、血合いを取り除くために必要な下処理になる。

茹でこぼしの手順は以下の通りだ。
  • 流水でさっと牛すじを洗う。
  • 鍋にたっぷりの水と牛すじを加えて火にかける。温度が上がるにつれて牛肉からアクがどんどん出てくるが、吹きこぼれないよう火加減を調節しながら、そのまま沸騰させる。
  • 沸騰したら弱火にしてそのまま5分程度茹で、火から降ろして手で触れる程度にまで冷ます。冷めたら牛すじをざるに上げ、茹で汁はそのまま捨てる。捨てたゆで汁の中には、大量のアクや臭みが出ている。
  • ざるに上げた牛すじを水でよく洗い、表面についたアクなどを取り除く。茹でこぼしに使った鍋も洗って、鍋に付いたアクを取り除いておこう。
これで茹でこぼしの作業は終了だ。次に、牛筋をやわらかくするための下処理に移る。

2. おでんの牛すじの下処理その2 下茹でして柔らかくする

一度目の下処理によって、あくや臭みなどが大幅に取り除かれた牛すじを、さらに下茹でして柔らかくしていく作業が下処理として必要になる。

手順は以下の通りだ。
  • 牛すじを適当な大きさに切る。
  • 鍋にたっぷりの水と牛すじ、しょうが、ねぎの青い部分を加えて火にかける。まだアクが出るようならアクを取り除きながら沸騰させる。
  • 沸騰したら弱火にして、そのまま柔らかくなるまで茹でる。茹で時間は牛すじの部位によって異なるものの、11時間半~2時間程度が一応の目安となる。途中で水が減ったら、加えるようにしよう。
  • 牛すじが柔らかくなったら火を止め、牛すじを鍋から取り出す。残った茹で汁は、捨てずにおでんの出汁に加える。

3. おでんの牛すじの下処理に圧力鍋を使えば大幅な時短に

牛すじを柔らかくするまでコトコト茹でるのは、かなり面倒で骨の折れる作業になる。それが嫌で最初からおでんに牛すじを入れるのをあきらめてしまうケースは、思いのほか多いようだ。牛すじを短時間で柔らかくするためには、圧力鍋を使うという方法が有効だ。

茹でこぼしという最初の下処理は必要になるが、圧力鍋を使えば二度目の下処理にかかる時間を大幅に減らすことができる。

手順は以下の通りだ。
  • 圧力鍋に、茹でこぼし済みの牛すじと水を入れて火にかける。茹でこぼした後の牛すじは、よく洗って付着したアクをよく取り除いておくことが重要なポイントになる。
  • 圧力がかかった後、そのまま10~15分程度加圧する。牛すじの状態によって時間は適宜調整しよう。
  • 火を止めて、そのまま冷めるまで置く。
あとは、牛すじを取り出し、適当な大きさに切って、おでんの具材に加えればOKだ。煮汁は、布巾やガーゼなどで濾して、余分な脂やアクを取り除いてから、おでんのだし汁に加えよう。

結論

おでんの陰の立役者というべき牛すじの下処理の方法をご紹介した。確かに手間ではあるが、おでんの味をグレードアップさせたいなら、やはり、牛すじを加えない手はない。ひと手間かけて本格的なおでんを堪能しよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ