このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

美味しい牛肉入りオイスター炒めを作るポイントは食材と味付け!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2019年10月 2日

オイスター炒めは、オイスターソースの香りと何を組み合わせるかが面白い料理だ。ここで、肉の代表ともいえる牛肉を使ってみることを考える。どんな食材と相性がよくて、どのような味付けが美味しいだろうか。本記事では、美味しい牛肉入りオイスター炒めを作るためのヒントを紹介していく。

1. 牛肉は食べごたえ、風味ともに強い!オイスター炒めにはうってつけ

牛肉は炒めものの定番食材といってよいだろう。牛肉の大きな特徴は、肉類の中でもとくに食べごたえと風味が強いことだ。薄切り肉でも十分、調味料などにも負けない牛肉の風味が感じられる。こういった特徴を持つ牛肉は、濃い味付けのオイスターソース炒めにうってつけだといえる。

2. 牛肉のオイスター炒めと合う食材は、軽めで歯ごたえのあるもの?

牛肉に合わせる食材は何がよいか、考えてみよう。

・食感が軽め、かつ歯ごたえのある食材

牛肉は食べごたえがあると書いたが、とくに薄切り肉の場合には食感の軽さもある。したがって、あまりしっかりした食感の食材だと、牛肉の存在感が薄らいでしまうかもしれない。かといって、柔らかい食材ばかりではもの足りなさを感じる可能性もある。したがって、ある程度しっかりした食感がありつつも、軽めの食材を選ぶのがよいのではないだろうか。たとえば小松菜やチンゲン菜などの葉物野菜や、玉ねぎなどは牛肉と相性がよいといえそうだ。

・濃い味付けにも合う食材

牛肉をオイスター炒めに使うとなると、やや濃い味付けにしてもよいだろう。そう考えると、食材も濃い味付けに合うものがよい。にんじんなどのしっかりと味のある野菜は相性がよいのではないだろうか。ほかの緑黄色野菜も風味がしっかりしたものが多いため、加えると美味しいだろう。栄養も摂れるので一石二鳥だ。

3. 牛肉に下味をしっかり付ければ、薄味のオイスター炒めも美味しい

オイスター炒めのポイントは味付けだ。全体の味付けを濃くして、オイスターソースの旨みを楽しむという方法ももちろんよい。ただ、その場合塩分や糖質が多くなりやすいため、健康に気を遣う人などにはおすすめしにくい。そこで、牛肉に下味をしっかり付けたうえで、全体の味付けをやや薄めにすることを提案したい。しょうゆや酒などで牛肉に下味を付ければ、あとは少しのオイスターソースと少々の調味料で、バランスの取れた味わいになるはずだ。牛肉に下味がしっかり付いていれば、ほかの具材や味付けが淡白でも、満足感を得られるだろう。オイスターソースは牡蠣の旨みがたっぷり詰まった調味料だが、塩分も高い。ちょっとした香り付け程度に控えめに使っても、十分に美味しく仕上がる。

結論

牛肉でオイスター炒めを作るなら、歯ごたえがしっかりかつ軽めの食材を合わせれば間違いないだろう。風味の強い牛肉には下味をしっかり付けることで、全体が薄味でも満足の一品となる。塩分や糖質をオフしながらも、十分に満足できるオイスター炒めを作ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ