このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

これひとつで味や食感が変わる!牛肉を美味しく食べるための下処理

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2018年10月 7日

多くの人に好んで食べられている牛肉。実は下処理1つで牛肉の味は格段においしくなるのだ。お店と家で食べる牛肉の味が違うと感じる人は、正しい下処理を行うことでお店の味に近づけられるだろう。これから牛肉の下処理について紹介する。

1. 必ずドリップを拭き取ってから調理する

家で牛肉を焼くとあまり美味しくないと感じる要因の1つに、ドリップが挙げられる。ドリップとは、牛肉の中の水分や血が流れ出したもので、えぐみの元となるため、調理前に必ずキッチンペーパーなどで吸収させ拭き取ってから調理することが重要だ。

2. 旨みを引き出す塩コショウのタイミング

牛肉を焼く場合、塩コショウを使用していると思うが、どのタイミングで塩コショウを振っているだろうか。塩コショウは、焼く直前に振るのが正解だ。塩コショウを振って長時間置いておくと、水分が出過ぎて肉が硬くなるので、直前に振ることによって、程よく身が引き締まるのだ。

3. 筋切りや叩きで柔らかいお肉に

牛肉を美味しくするためには、余分なものを排除する必要もある。牛肉は焼くと固くなりやすく、食感が悪くなってしまう。そこで、筋に沿って少し切れ目を入れる筋切りと、ハンマーなどでお肉を叩き柔らかくする叩きという下処理を行うことにより、焼いた際に固い食感になるのを防ぐことができる。特に安いお肉を購入した場合はしっかり下処理を施そう。

結論

今回紹介した牛肉の下処理は、決して難しい作業ではなく、ひと手間かければ誰にでもできるものだ。この処理を行うだけで大きく味が変わってくるので、せっかく牛肉を調理するのであれば、是非実践して美味しい牛肉料理を作ってみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ