このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ゴーヤーチャンプルーの美味しい食べ方!美味しくなるコツも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月24日

夏の定番料理として、定着しつつあるゴーヤーチャンプルー。夏バテに効く料理としてもおなじみになっている。ただ、ゴーヤ特有の苦みが苦手で、敬遠している人もけして少なくはない。そこで今回は、ゴーヤチャンプルーの美味しい食べ方と称し、ゴーヤが苦手な人でも美味しく食べられるように、調理の際のちょっとしたコツなどを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ゴーヤーチャンプルーってどんな料理?その特徴について

ゴーヤーチャンプルーは、沖縄の郷土料理で、ゴーヤを豆腐と豚肉などで炒め合わせた料理のことだ。そもそも「チャンプルー」は、「混ぜ合わせ」「ごちゃまぜ」といった意味を持つ沖縄の方言だが、沖縄では、沖縄特産の島豆腐とお好みの食材を混ぜて炒めた料理の総称として「チャンプルー」が用いられている。

ゴーヤ(苦瓜)を使えば「ゴーヤーチャンプルー」マーミナー(もやし)を使えば、「マーミナーチャンプルー」といったように、使われる食材によって呼び名がいろいろある。
このほかソーメンチャンプルー、野菜チャンプルーなども、沖縄ではよく調理されているようだ。

ゴーヤーチャンプルーの最大の特徴は、ゴーヤ以外にほかの野菜は使わないことになるだろう。もちろん、ほかの野菜を加えても問題ないが、ゴーヤチャンプルーは、あくまでも主役はゴーヤなので、ほかの野菜を加えると、厳密には野菜チャンプルーになってしまう。

2. ゴーヤーチャンプルーのゴーヤの苦みを和らげる切り方

ゴーヤーチャンプルーを作ってみたいけれど、ゴーヤ特有の苦みが苦手で敬遠しているという人も多いようだ。

ゴーヤは薄く切れば切るほど苦みを和らげることができる。ただ、ゴーヤの苦みの正体であるモモルデシンという成分には、消化をよくする働きなどが期待でき、我々の身体にとって有効な成分といえるので、完全に除去してしまうのはもったいない。

できれば、2㎜程度の厚みは残して切るようにしてみよう。あとは、味付けを工夫することで、身体にとって有効な苦み成分を残しつつ、苦みを和らげることができるだろう。

3. 調理にちょっとしたコツが要る!ゴーヤーチャンプルーの美味しい食べ方

ゴーヤーチャンプルーは、主な食材であるゴーヤ、豆腐、豚肉、卵を炒め合わせるだけと、調理方法としてはいたってシンプルだ。シンプルなだけに美味しい食べ方として、調理の際に、ちょっとしたコツを押さえておく必要があるだろう。

コツを押さえるのと押さえないのとでは、仕上がりに格段の差が生じる。ゴーヤーチャンプルーを美味しく食べるために、ぜひ押さえておいていただきたい。調理の際には、豆腐の水切りや、ゴーヤの苦みを和らげる塩もみなど、下ごしらえを行ってから、ゴーヤと豆腐を分けて炒めることをコツとしてぜひ押さえておこう。

さらに使用する豆腐を、通常の木綿豆腐に代えて、沖縄特産の島豆腐を使うと、本場さながらのゴーヤーチャンプルーを味わえるので、美味しい食べ方としておすすめできる。
また、生の豚肉を使用する代わりに、缶詰のスパムやベーコンを使用すると、コクや旨みが加わるので、こちらもぜひ試していただきたい。

さらに、ゴーヤーチャンプルーを味噌汁の具にしてしまうという方法も、大胆かつ美味しい食べ方として、おすすめしたい。作り方も、味付けせずに、通常の要領でゴーヤーチャンプルーを作り、それを出汁に投入して、あとは味噌を溶かすだけといたって簡単だ。

ゴーヤや豆腐を炒める際は、ごま油を使用すると風味がよくなるのでポイントとして押さえておこう。

結論

ゴーヤーチャンプルーの美味しい食べ方として、ぜひ押さえておきたい調理のコツについて紹介した。これまでゴーヤが苦手でゴーヤーチャンプルーを敬遠していた人も、これを機に、コツを押さえて、ゴーヤーチャンプルー作りにチャレンジしていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ