このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

燻製醤油ってどんなもの?おすすめの料理や手作り方法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月23日

シンプルな食材こそ品質が大事であるとはよくいわれるもので、調味料もよいものを使うと普段の料理が一段と美味しくなる。調味料にそこまでこだわりがない人も、品質を意識して選んでみるとその違いに気づくかもしれない。ここでは普段の料理をグレードアップさせる燻製醤油について紹介していきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. そもそも燻製ってどんなもの?

燻製というとベーコンやチーズを思い浮かべる人が多いだろう。燻製はさまざまな食材で作ることができ、最近では醤油や塩などの調味料を燻して楽しむ方法もあるようだ。

燻製の本来の役割は保存性を高めることである。食品中の水分を抜いて乾燥させてから燻製するので、生の食材よりも日持ちがしやすくなるのだ。

しかし、保存性を意識せず、単純に燻製の風味を楽しむために食べる人も多い。家庭用の燻製器も手軽に手に入るようになり、なかにはフライパンで燻製を作るという方法もある。

より身近になった燻製は、食を豊かにしてくれる。食材の変化や風味の違いを感じられる燻製は、新たな「味」の1つとして捉えてもよいかもしれない。

2. 燻製醤油はどんな料理に使える?

普通の醤油と燻製醤油の大きな違いは香りにある。燻製された醤油は香ばしい香りが増し、食材にかけて使うだけで食材自体が燻製されたかのような味わいを楽しむことができる。

水分の多い食材を燻製にするのは難しいが、普段燻製にすることができない料理でも、スモーキーな味わいを楽しむことが可能なのだ。

・卵かけごはん

ごはんの上に卵をのせて醤油を垂らすだけで完成する卵かけごはん。簡単に作ることができるので忙しい朝でも重宝するメニューである。いつも使っている醤油を燻製醤油に変えると、素朴な味の卵かけごはんがグレードアップし、やみつきになるほどの美味しさに。

・目玉焼き

こちらも朝の定番メニューの目玉焼き。卵を半熟に仕上げて黄身を割ったところに燻製醤油を垂らせば、香ばしさが増して美味しさがアップする。同じくスモークされているベーコンとも相性がよいので試してみよう。

・冷奴

豆腐にネギや生姜をのせるだけのシンプルな冷奴は、美味しい食材を使わないと変化を出すのが難しい。豆腐の美味しさが料理の仕上がりを左右することはいうまでもないが、燻製醤油を使えば、より上品に仕上げることができるだろう。

3. 燻製醤油を手作りしてみよう

挑戦する人は少ないが、自宅のキッチンで燻製料理を作ることができるということであれば、燻製醤油ももちろん可能なはずだ。スモークチップさえあれば特別な器具はいらないので、自宅で燻製醤油作りにチャレンジしてみよう。

使う材料は醤油100ccに対して、スモークチップ10g。底が深めの中華鍋にアルミホイルを敷いてスモークチップを平たく並べる。焼き網を敷いた上に、ステンレス製のトレイに入れた醤油をのせて強火にかける。煙が出たらふたをして、弱火で15分程度加熱する。その後ふたをしたまま5分ほど放置したら完成だ。

自宅での燻製作りで気をつけたいのは、においである。燻製するときの煙が部屋に充満してしまわないように、換気扇は強めにして作業を行い、作ったあとも窓を開けて換気しにおいを逃がすようにしよう。

スモークチップは100円ショップでも売っており、安く手軽に手に入るようになっている。燻製はハードルが高いと感じる人もいるかもしれないが、意外と簡単に作ることができるので、レパートリーを広げたい人はぜひチャレンジしてみてほしい。

結論

燻製醤油があれば、シンプルな普段の料理をご馳走に変えることができる。燻製はこれからますます人気が高まるジャンルに違いない。手作りの燻製醤油であれば、材料費も安く済ませることが可能だ。自宅キッチンでの燻製作りにチャレンジして、流行を先取りしてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ