このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

すし酢のカロリーや糖質について解説!摂りすぎにご用心!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年11月 2日

酢はカロリーが低いというイメージがあるかもしれないが、砂糖や塩と合わせて作るすし酢は意外とカロリーも糖質もある。同じ量なら、ご飯よりも酢飯のほうが、すし酢のせいでカロリーも糖質量も多くなる。この件についてこれから詳しくお伝えしよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. すし酢はカラダによい?

すし酢の原材料である酢には、身体によい成分が豊富に含まれていることでよく知られている。酢に含まれる各種アミノ酸は、私たちの身体を構成するタンパク質を作ったり、エネルギー代謝に密接に関与したりしている大切な成分である。とくに酢には、アミノ酸の中でも必須アミノ酸が含まれている。必須アミノ酸は、私たちの体内で合成することができないため食事から摂取する必要があるアミノ酸だ。すし酢をとると、必須アミノ酸を効率よく摂取することができる。


酢に含まれるクエン酸も、アミノ酸と同様にエネルギー代謝に関与する成分である。我々は、体内でエネルギー源となる「ATP(アデノシン3リン酸)」という物質を生成している。各種アミノ酸やクエン酸は、このATP(アデノシン3リン酸)を生成するクエン酸回路という回路に関与していて、クエン酸回路が順調に機能するのに必要な成分といえる。

クエン酸回路がうまく機能しなくなると、エネルギーの産出が滞り、疲労を招きやすくなる。そういった点においては、すし酢は、私たちの身体にとってよい働きをしてくれるといえるだろう。

ただし、すし酢には、糖質や塩分を含まれているので、その点は注意が必要だ。

2. 気になるすし酢のカロリーと糖質量

メーカーによって、多少の違いはあるが、市販のすし酢のカロリーはメーカーにもよって異なるが、大さじ1(15ml)あたり約21kcalで、糖質は約5.2gである。

酢飯を作る場合は、ご飯の量に対して、およそ1割程度のすし酢が必要になる。例えば、ご飯100グラムのカロリーは168kcalで糖質は、6.8gだが、酢飯100gはすし酢カロリーと糖質が加わることになるため、カロリーはおよそ181kcalで糖質は40.2gになる。

単純に考えると、同じ分量のご飯と酢飯を食べた場合、酢飯の方が摂取カロリーや糖質が髙く太りやすいということになるだろう。ただ、酢飯のような冷えたご飯には、レジスタントスターチという難消化デンプンが含まれているため、温かいご飯を食べるのに比べると、消化吸収されにくい分、血糖値の上昇を緩やかにすることは望めるだろう。

3. カロリーや糖質をオフしながらすし酢を摂取する方法

酢飯を作る際に、加えるすし酢の量を減らすことで摂取カロリーや糖質を減らすことができる。

市販のすし酢を使って酢飯を作る場合は、使用する量を控え目にしてみよう。市販のすし酢は甘めに作られているものあるので、味見しながら適宜調整してみよう。

すし酢を手作りする場合は、酢と砂糖と塩の割合は、4:3:1が一応の目安だ。目安なので、お好みで自由に調整可能だ。カロリーと糖質を抑えるためには、加える砂糖の量を控え目にしてみるのも一案だ。

結論

すし酢のカロリーや糖質量についてご紹介したが、ご理解いただけただろうか? すし酢を、酢飯づくり以外に、和え物や漬け物、あるいはサラダのドレッシングとして使用されている方もいらっしゃるかもしれない。記載させていただいた通り、普通の酢に比べると、すし酢は、かなりカロリーが高く、糖質も多目なので、摂りすぎにはくれぐれも注意が必要だ。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ