このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

豚肉の紅茶煮のカロリーや糖質はどのくらい?含まれている栄養は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 市川咲 (いちかわさき)

2019年11月 5日

紅茶と一緒に煮込むだけで作ることができる豚肉の紅茶煮。手軽に作れるのでリピートしやすい料理だが、糖質やカロリーを気にしている人にとっては「たくさん食べても大丈夫?」と心配に思うのではないだろうか。そこで本記事では、豚肉の紅茶煮に関するカロリーや糖質、栄養素などを紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 豚肉の紅茶煮のカロリーはどのくらい?

豚肉の紅茶煮のカロリーは、調理方法や使用する材料によって異なるが、おおよそ1人前(豚肉250g)あたり、約270~300kcal程度である。豚肉、紅茶、調味料だけを使用したシンプルな豚肉の紅茶煮は、比較的カロリーが低い傾向にある。反対に、トッピングとして卵やトマトといった具材をふんだんに使っている場合は、それだけカロリーも高くなる。

また、豚肉と一口にいっても、部位によってカロリーは異なってくる。もも肉は100gあたり約128kcal(脂身つきだと183kcal)、ロース肉は100gあたり約150kcal(脂身つきだと263kcal)である。そのため、カロリーを気にしている人が外食などで豚肉の紅茶煮を食べる場合は、豚肉のどの部位を使っているか確認するのも重要だ。

2. 豚肉の紅茶煮に含まれている栄養素を紹介

豚肉の紅茶煮に含まれている栄養素は、大きく分けて「豚肉に含まれている栄養素」と「紅茶に含まれている栄養素」の2つに分けられる。それぞれどのような栄養素が含まれているのか、以下の項目で個々に解説していく。

豚肉に含まれている栄養素は?

豚肉にはタンパク質や脂質、ビタミン類、ミネラル類といった、人間の身体に欠かせない重要な栄養素が詰まっている。なかでも、タンパク質は筋肉をはじめとしたさまざまな人間の部位を構成するために必要な栄養素だ。豚肉は成長中の子どもや栄養不足を感じている人にもおすすめしたい食材といえるだろう。

紅茶に含まれている栄養素は?

紅茶にはタンニン、カフェイン、ビタミン、アミノ酸といった栄養素が含まれている。とくに、タンニンは紅茶に含まれているポリフェノールの一種で、抗酸化作用のある成分として知られている。ほかにも、コーヒーにも含まれているカフェインは、脳を刺激する働きを持っているため、リフレッシュをしたい時におすすめの成分といえるだろう。

3. 豚肉の紅茶煮の糖質は?

豚肉や紅茶の糖質はとても低い。豚肉の糖質は100gあたり約0.1~
0.2g、紅茶の糖質は100mlあたり約0.1gなので、どちらも糖質はほぼゼロといえるだろう。豚肉の場合、部位によってカロリーが大きく異なっているが、糖質に関してはどの部位もほぼ同じなので、糖質制限中の人でも部位を気にせず食べることができる。そして、紅茶もカロリーはもちろん、糖質もほとんどないので、糖質を気にしている人にはおすすめの飲料なのだ。

ただし、糖質の高い野菜(カボチャ、トウモロコシ、サツマイモ、豆類など)を付け合わせとして一緒に食べたり、大量の白米と一緒に食べたりしてしまうと、結果として糖質をたくさん摂取してしまうことになるので注意しよう。

4. 豚肉の紅茶煮をカロリーオフする食べ方を紹介

「豚肉はカロリーが高そうだから、豚肉の紅茶煮をカロリーオフするのは難しいのでは?」と思う人もいるかもしれないが、実は使用する材料に気をつけることによってある程度カロリーを抑えることができる。具体的にどのようなポイントに注意すべきか、詳しく解説していこう。

豚肉はカロリーの低いもも肉を使う

先述した通り、豚肉の部位の中でカロリーが低いのはもも肉である。そのため、カロリーオフをしたいのであれば、もも肉を使うことをおすすめする。どうしてもロースを使いたい場合は、できるだけ脂身の少ない部位を使うとよい。豚肉料理は「どの部位を使うか」によってカロリーが大きく異なってくるため、日ごろからカロリーを気にしている人は注意してみよう。

カロリーが高くなる砂糖は使わない

レシピによっては甘みを出すために、砂糖を使用して作る豚肉の紅茶煮も存在する。しかし、砂糖を入れることによってカロリーが一気にあがってしまうため、砂糖を使用しないレシピを参考にしながら作ろう。「甘みをつけたいけど、カロリーはできるだけ摂取したくない」という場合は、砂糖の代わりにカロリーオフされた甘味料を使うのもおすすめだ。

結論

豚肉の紅茶煮は糖質が低く、作り方に気をつければカロリーオフして食べることができる。しかも、タンパク質やタンニンといった栄養素も豊富に含まれているため、メリットも多い食べ物といえるだろう。糖質やカロリーを気にしている人は、ぜひ豚肉の紅茶煮を食べてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ