このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【カモミールティー】はどんなハーブティー?リラックスしたときにおすすめ

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年11月29日

ハーブティーのひとつ、カモミールティーを飲んだことがなくても、その名前を耳にしたことがあるという人が多いのではないだろうか。数多くあるハーブティーの中でも人気が高いもののひとつである。しかし、原材料として使用されているカモミールが実際にどんなものであるのか知らない人も多いはず。そこで、今回はカモミールについてと、カモミールティーの味や飲み方について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カモミールの代表的な産地は一体どこ?

カモミールはキク科の小さな白い花であり、その香りが甘くてりんごに似ているということから、古代ギリシャでは、「大地のりんご」というギリシャ語にちなんで、「カマイ・メロン」と呼ばれていた。カモミールには代表的なものが2種類あるので紹介する。基本的にカモミールの原産地はヨーロッパであるが、種類によって産地が異なる。

ジャーマンカモミール

ドイツを中心としたヨーロッパやアジア北部が原産地となるのが、ジャーマンカモミールである。一般的に、ハーブティーとして使用されているものはジャーマンカモミールであることが多い。このジャーマンカモミールはハーブティーだけでなく、化粧品などの原材料としても使用されることが多い。一年草であるジャーマンカモミールは花だけが、りんごに似た甘い香りをしているハーブである。
日本では「カミツレ」と呼ばれることが多いので、この名前のほうが聞き慣れている人も多いかもしれない。ハーブティーには花の部分が使用される。生の花のまま使用されることもあれば、乾燥させたものが使用されることもある。

ローマンカモミール

イギリスを中心としたヨーロッパ南部や西部が原産地となるのが、ローマンカモミールである。多年草であるローマンカモミールは青りんごのような香りが花だけでなく、葉や茎などすべての部分から感じることができる。しかし、少し苦味を感じることから一般的にハーブティーとして使用されることは少ない。主に、精油としてアロマテラピーなどに使用されることが多い種類のカモミールである。

2. ほのかにりんごの香りがするカモミールティーの特徴や味わい

代表的なカモミールにはジャーマンカモミールとローマンカモミールの2種類がある。基本的には似た味わいではあるが、一般的にハーブティーとして飲まれることの多いジャーマンハーブティーの特徴や味わいについて紹介する。

ほのかに香るりんごの香り

カモミールティーの特徴といえば、りんごのような甘い果実の香りがほのかに香ることである。また、クセが強くないので、比較的、万人にとって飲みやすい味わいでもある。すっきりとした味わいでもあることから、ハーブティーの中でも人気が高い種類のひとつである。

好みによって選ぶ

カモミールティーはもちろん、乾燥させたカモミール茶葉100%として販売されているものも多いが、ほかのものとミックスしてブレンドティーとして販売されているものも多い。そのため、カモミール100%が少し苦手という場合には、まずはブレンドティーから始めてみるのがおすすめだ。セイロン紅茶やルイボスティーなどさまざまなお茶とブレンドされていることが多いので、自分にとっての好みを見つけてみるのもよいだろう。
また、カモミールはノンカフェインである。カフェインを避けたい人にもおすすめである。ただし、ブレンドティーに関しては、一緒にブレンドしているものにカフェインが含まれている場合があるので、その点は注意して選ぼう。

3. カモミールティーのおすすめの飲み方

比較的飲みやすいカモミールティーではあるが、少し苦味を感じて苦手に感じる人もいるかもしれないので、そんなときにも試すことができるおすすめの飲み方を紹介する。

就寝前に飲むのがベストな飲みごろ

カモミールの甘くて優しいりんごの香りには、興奮している神経を鎮めてくれる効果が期待できる。そのため、リラックスして睡眠することができるように、就寝前に飲むことがおすすめである。寝る前やリラックスしたいときに、ぜひ、選んでもらいたい。ただし、ブレンドティーに関しては先述した理由からノンカフェインのカモミールティーを選ぶようにしよう。

気分に合わせて味わいを変えるアイテムを投入

カモミールティーはもちろん、ストレートで飲んでも美味しい。しかし、ほかのアイテムを少し加えることでまた違った味わいを楽しむことができるので、ぜひ試してもらいたい。甘さが欲しいという場合には、相性バツグンのはちみつを加えることがおすすめである。はちみつを少量加えることで甘さが引き立ち、とても飲みやすくなる。眠る前にほっと一息リラックスしたい場合にはまろやかな味わいにしてくれる牛乳を加えて、ミルクティーにするのもよいだろう。そして、さっぱりとした味わいを楽しみたい場合には、レモンを絞ることで、スッキリした飲み口を楽しむことができる。また、秋冬におすすめなのが、すりおろししょうがを加えることである。身体がぽかぽか温まるので、冷えが気になる人にはとくにおすすめである。

結論

そのまま飲んでも美味しいカモミールティーだが、少しアレンジすることで、また別の味わいを楽しむことができるハーブティーでもある。人気の高いハーブティーなので、手に入りやすいという特徴もある。見つけたときにはぜひ手に取ってまずは味わってもらいたい。そして、自分にとってのお気に入りのカモミールティーの飲み方を見つけてみてはどうだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ