このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

爽快感がやみつきになる【ペパーミント】のハーブティーの特徴を解説

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年11月18日

飲んだときのスーッとしたさわやかさが病みつきになるペパーミントのハーブティー。ハーブティー以外にも私たちの身の回りでペパーミントを使用した食品はたくさんあるため、馴染み深い人も多いはず。ハーブティーではなくても、ペパーミントそのものを一度は口にしたことがある人も多いだろう。中でも人気の高いハーブティーのペパーミントの美味しい飲み方や味の特徴などについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ペパーミントの有名産地とは

ペパーミントは世界中で数百種類以上あるといわれているミントのひとつである。ミントはその種類が多すぎることもあり、どこが原産地かは分からない。その中でも主要であるペパーミントについて紹介する。

ペパーミントはどうやって生まれたのか

ペパーミントはスペアミントとウォーターミントを自然交雑したことで作られたミントである。原産地は分からないが大雑把にはユーラシア大陸だといわれている。中でも、とくに地中海沿岸というような説もある。そんなペパーミントは現在いろいろなところで栽培されている。日本でも手軽に家庭菜園で栽培することができることから、育てたことがある人もいるのではないだろうか。世界的な産地としてはアメリカが挙げられる。

栽培される地域で香りが異なるペパーミント

ペパーミントの世界最大生産地であるアメリカは2ヶ所に分かれて栽培されている。アメリカの西海岸近くであるファーウェストと呼ばれる地域と五大湖周辺のミッドウェストと呼ばれる地域である。栽培される地域ごとに香りが微妙に変わるというおもしろい特徴がある。
そのため、ハーブティーとしてペパーミントを楽しむときには、産地が異なるものを飲み比べてしてみるというのもおすすめなのである。

2. ペパーミントの特徴とハーブティーの味わいとは

ペパーミントと聞くと口に入れたら、スーッとした爽快感があるというのが、多くの人の感想ではないだろうか。では、実際にペパーミントの味の特徴を紹介する。

飲んだあとにはスースー感を楽しめる

ペパーミントティーはさわやかな香りが特徴であるが、最大の特徴は飲んだ後に口の中がスースーすることである。このスースー感がやみつきになるという人もいれば、少し苦手という人もいるだろう。鼻を抜けるような爽快感はとくに夏の暑い日におすすめである。そして、ペパーミントはどうしても香りの印象が強くなってしまうこともあり、味は比較的薄く、あまり特徴がない。

産地をチェックしてペパーミントを選んでみよう

ペパーミントの世界最大の産地でいうと、アメリカのファーウェスト。こちらで収穫されるペパーミントはすっきりとした甘い香りをしている。一方で、ミッドウェスト収穫されるペパーミントはこってりして甘く香りに丸みがある。
そして、ファーウェストに限り、さらに細かい収穫地毎で香りに違いがあるといわれている。ウィラメットという地域で収穫されるものが一般的で香りはグリーンイメージが強い。マドラスという地域では、清涼感が強いため歯磨き粉に使用されることが多い。ヤキマという地域で収穫されるものは重い甘さがある。このように地域により香りや味が異なるのもペパーミントの魅力である。
ただ、ここまで細かい生産地を調べてから購入するのは、なかなか難しいので、いろいろなメーカーから販売されているものを試してみるのをまずはおすすめする。

3. ペパーミントティーを最大限に堪能する飲み方

一言でペパーミントティーといっても、実はいろいろな飲み方を楽しむことができる。ぜひとも、自分にとってのお気に入りの1杯を見つけてもらいたい。

生か乾燥かどちらがよいかを選ぶ

ペパーミントティーは大きく分けると2種類ある。1つ目は生のリーフを使用する方法である。しかし、これは生の新鮮なペパーミントを手に入れる必要があるので、誰でもできるというわけではない。もし、家庭菜園でペパーミントを育てていたり、生のペパーミントがたくさん手に入ったりしたときには楽しんでみるとよいだろう。
2つ目は乾燥させたペパーミントを使用する方法である。乾燥したペパーミントはパックされて販売されているので、手軽に手に入れることができ、簡単に誰でも楽しむことができるのでおすすめである。

シングルティーかブレンドティーかどちらがよいか選ぶ

ペパーミント100%のシングルティーもあれば、ほかのハーブとも相性がよいペパーミントはブレンドティーとしても数多く販売されている。ミントの香りや爽快感が好きな人はシングルティーでペパーミントを堪能するのがよいだろう。しかし、少し香りが苦手という人には、ブレンドティーから始めてみるのがおすすめである。とくに、ペパーミントとローズマリーやペパーミントとタイムの組み合わせもおすすめである。

結論

ペパーミントと一言でいっても、実は奥が深く、産地で香りが異なる面白いハーブティーである。ペパーミントはハーブの中でも手軽に手に入れやすくもあるので、ぜひとも、いろいろな産地のペパーミントティーを手に入れて飲み比べを楽しんでみてはどうだろうか。きっと、自分にピッタリなペパーミントティーが見つかるはずだ。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ