このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

まるでワイン?赤ブドウの葉を使用したハーブティーの魅力とは?

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年12月 4日

赤ブドウと聞いて多くの人がイメージするのはワインではないだろうか。しかし、ワインの原材料として使用される赤ブドウの葉は西洋ハーブとして、フランスでは昔から女性になじみ深いもののひとつである。日本ではまだハーブとして使用することへの認知度が低い「赤ブドウの葉」について紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 赤ブドウの葉はヨーロッパで使用し始められた?

ワインの原材料として有名な赤ブドウの葉は「レッドワインリーフ」という名で、昔からハーブティーとして重宝されている西洋ハーブのひとつである。赤ワインは苦手だけれど、赤ぶどうが気になるという人にとくにおすすめのハーブティーでもある。

ヨーロッパ原産のワインレッドリーフ

日本ではまだまだ聞き慣れないという人も多いかもしれないが、赤ブドウの葉を原材料とする西洋のハーブの「レッドワインリーフ」はヨーロッパではよく知られたハーブのひとつである。原産地はヨーロッパや地中海沿岸、南西アジアなどといわれている。赤ブドウはつる性の落葉低木であり、英名では、Common Grape(コモン・グレープ)と呼ばれている。

もともとは赤ブドウ農家から始まった

レッドワインリーフの始まりは、ぶどう農家が健康のためにと、赤ブドウの葉をお茶にして飲んでいたことが始まりとされている。赤ワインといえば、ポリフェノールと呼ばれる栄養素を思い浮かべる人も多いだろう。赤ブドウの葉には、このポリフェノールの含有量が赤ワインよりも豊富に含まれているといわれている。ワインとは異なりノンアルコールであるレッドワインリーフは誰でも飲むことができる飲み物でもある。そのため、まだ、日本では認知度が低いが少しずつ知られるようになってきているハーブティーであり、ぜひともこれから挑戦してもらいたい。

2. ワインに似た味わいを楽しめる赤ブドウの葉

レッドワインリーフは赤ブドウの葉から作られていることもあり、ワインのようにフルーティーな香りを楽しむことができる。また、ワインと同様に赤ブドウのもつ渋みや酸味も感じられる。そのため、アルコールが苦手な人にとっても、ワインの代わりではないが、ノンアルコールで楽しむことができるハーブティーでもある。

ただ、甘みを求める人にとっては、少しさっぱりしすぎており飲み口がもの足りなく感じてしまうこともあるかもしれない。そんなときには、好みではちみつや砂糖などの甘味料を加えることで美味しく飲むことができる。

レッドワインリーフティーは手軽に飲める

レッドワインリーフティーはティーカップ1杯の熱湯に約小さじ1杯の赤ブドウの葉を投入する。その後、フタをして、5~10分蒸らす。カップに注ぐと美味しく楽しむことができる。茶葉の種類によって、浸出できるまでの時間は異なるので、様子を見ながら調整が必要である。また、濃いめがよい場合は浸出時間を長くすることで、より赤ワインに近い風味を楽しめる。

3. 赤ブドウの葉のハーブティーを美味しく楽しむための飲み方

赤ブドウの葉を原材料とするレッドワインハーブティーはその名の通り、赤ワインのように赤ブドウの酸味や渋みを楽しむことができるノンアルコールのワイン風ハーブティーである。

そのため、ワイン風味を堪能したいのであれば、シングルティーとして美味しく楽しめる。しかし、甘いのが好きという場合には、赤ブドウの葉で作られているので、甘みを感じることは難しい。その場合には、砂糖やはちみつなどを好みの量加えることで、また異なる味わいを楽しめるので、試してみることをおすすめする。

ブレンドティーもおすすめ

ほかのハーブティーと同様に、レッドワインリーフティーもそのフルーティーさを活かしながら、ほかのハーブとブレンドすることで、また異なる味わいを楽しめる。そこで、おすすめのブレンドをいくつか紹介する。

ペパーミントやラベンダーとブレンドすると互いの風味があうので香りを楽しみたいときによいだろう。よりフルーティーさを味わいたいときには、ハイビスカスとアップルピースもしくはクランベリーとのブレンドがおすすめである。とくに、ハイビスカスの酸味とお茶の色がピンクに染まることとアップルピースのフルーティーな香りにより、ワインに近い味わいを楽しめる。

ただし、ハイビスカスの酸味は強めなので、はちみつなどで甘みをつけたほうが美味しい。また、オレンジピールとブレンドすると、オレンジの香りが加わることで、ノンアルコールのホットワインを味わっている気分を楽しめる、冬におすすめの飲み方である。

結論

日本では目にすることがまだ少ないかもしれない赤ブドウのリーフティーは、ワイン好きであれば飲みやすいハーブティーだ。赤ワインに豊富に含まれているポリフェノールは、さらに多く含まれてもいるので、ぜひとも飲んでもらいたいハーブティーである。いろいろな飲み方を楽しめるので、ぜひとも、お気に入りの1杯を見つけてみてはどうだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ