このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【業務スーパー】のポテトがおすすめ!合わせ買いして欲しい商品も紹介

【業務スーパー】のポテトがおすすめ!合わせ買いして欲しい商品も紹介

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年12月12日

業務スーパーのフライドポテトは値段がとても安いことで有名だが、味や種類はどんなものがあるのだろうか。今回は、業務スーパーで売られているフライドポテトの中でも人気のある商品と、おすすめの食べ方を紹介する。フライドポテトとあわせて購入したいおすすめ商品も紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 業務スーパーの定番!French Fries

業務スーパーにはいろいろな種類や形のフライドポテトがあるが、その中でもコストパフォーマンスが高いのがFrench Friesのシリーズだ。1kgの大容量で約200円と格安で、子どものおやつや酒のつまみにもピッタリの商品。シューストリングカット・ストレートカット・クリンクルカットなどいろいろな形のカットが用意されているのも嬉しいポイントだ。
シューストリングは細身で、ファストフード店などでも多く見かける形。クリンクルカットはやや太めで食べごたえがあり、波形に切られているので見ためがかわいらしいのが特徴だ。価格はすべて同じなので、好みに合わせて好きなものを選ぶとよいだろう。

ベルギー直輸入の美味しさ

French Friesはベルギーやオランダから直輸入しているフライドポテトで、味も本格的で美味しい。高温の油で一気に揚げれば、外はカリッと中はホクホクの食感が楽しめるだろう。ポテトの形によって食感も異なるので、食べ比べてみるのもおすすめだ。

2. ポテトと一緒に購入したい!シーズニングパウダー

ぜひフライドポテトと一緒に購入してほしいのが、業務スーパーで人気の調味料であるシーズニングパウダーだ。いろいろな食べ物に味や香りを付ける粉末状の調味料で、バリエーション豊かなのが特徴。バターしょうゆやチリガーリックなど、複数種類の味が用意されている。
フライドポテトに合わせるなら、バターしょうゆがとくにおすすめ。揚げたてのフライドポテトにササっとふりかけるだけで、簡単にフレーバーポテトが作れる。耐油仕様の紙袋に好みの味のシーズニングパウダーと揚げたフライドポテトを入れて、シャカシャカふって食べても楽しい。

フライドポテト以外の使い方

シーズニングパウダーはフライドポテトはもちろん、肉や魚の下味として使ってもOK。調味料1つで味がしっかり決まるので、料理が苦手な人でも手軽に美味しく調理できるだろう。バターしょうゆ以外にもいろいろな味があるので、好みのものを探してみよう。

3. フライドポテトのおすすめアレンジ法

ポテトグラタン

そのまま食べても美味しい業務スーパーのフライドポテトだが、1kgもあると消費しきれないという人もいるだろう。そんなときは、ポテトグラタンを作るのがおすすめ。レンジで温めたポテトを軽くつぶし、シーズニングパウダーや塩などで好みの味を付けたら、ホワイトソースとチーズをのせてトースターで焼くだけで完成。好みでマヨネーズをトッピングしたり、鮭フレークやツナを加えたりしても美味しい。

ジャーマンポテト

いろいろな食材や調味料が必要で、ちょっと面倒なイメージのあるジャーマンポテト。しかし、業務スーパーのフライドポテトがあれば意外と簡単に作れる。フライパンにニンニクとオイルを入れて玉ねぎとベーコンを炒め、揚げたポテトを加えたら塩胡椒とコンソメで味を付けて完成。ポテトを揚げすぎてしまったときや、中途半端に残ってしまったときにもおすすめのレシピだ。

結論

今回は、業務スーパー商品の中でもとくに安いフライドポテトを紹介した。冷凍のフライドポテトは、冷凍庫にストックしておけばいろいろなシーンで役立つのでおすすめだ。そのまま揚げておやつやつまみにするのはもちろん、ちょっとひと手間加えて夕飯の1品にすることもできる。価格も安くて手軽に購入できる商品なので、ぜひ一度購入していろいろ試してみてはいかがだろうか。
※価格は執筆日(2019年11月30日)時点の情報
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >