このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【カクテキ】の作り方とは?実は自宅で簡単に作れるって知ってる!?

【カクテキ】の作り方とは?実は自宅で簡単に作れるって知ってる!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年12月14日

カクテキというと「韓国料理の店や焼き肉店で食べるもの」というイメージをもっている人もいるかもしれないが、実は自宅で簡単に手作りすることができる。この記事では、カクテキの作り方について解説していく。食材の選び方から作り方の手順まで詳しく紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カクテキを作る時の食材の選び方を解説

カクテキを作る場合、材料選びで一番重要になってくるのはメインの野菜である大根だ。美味しい大根を見分けたいのであれば、以下3つのことを意識して選んでみよう。

ハリがあって白いものを選ぶ

新鮮な大根は皮にハリがあり、ほんのりと艶がかっている。また、皮がくすんだような白ではなく真っ白な大根は状態がよいことを表しているため、表面の皮の色や特徴はしっかりとチェックをしておこう。

カットされた大根を買う場合は断面もチェック

カットされた大根を購入する際は、大根の断面も必ずチェックしておこう。断面にひび割れがあり、みずみずしさがないものは、鮮度が落ちている可能性があるため注意しよう。

葉っぱのついた大根があるなら買うべし

カクテキの場合、大根の葉も材料として使うことができる。大根の葉にはビタミンA、ビタミンC、カルシウムといった栄養が含まれており、大根のなかでも栄養が豊富で貴重な部位でもあるので、可能であれば葉つきの大根を選ぶとよい。ただし「カクテキを作る時は絶対に大根の葉が必要」というわけではないので、葉がない大根を使用しても大きな問題はない。

2. カクテキを作る時の下ごしらえは?

それでは、実際にカクテキを作る時の手順について解説していこう。まずは下ごしらえとして、カクテキの素を作る作業を済ませておこう。具体的な作り方について、以下の項目で解説していく。

カクテキの素の作り方

カクテキの素を簡単に作りたいのであれば、キムチを漬ける時に使う市販の素を利用しよう。キムチの素とはちみつを混ぜれば、カクテキの素の完成である。
もし、辛さや甘みといった味を細かくこだわりたいのであれば、1からカクテキの素を作るとよい。塩、粉唐辛子、塩麹、塩昆布、すりおろした生姜やニンニクやりんご、酢といった具を混ぜ合わせて好みの味に調整することをおすすめする。
ただ辛いだけではなく、りんごやはちみつといった甘みのある具材も混ぜて、ほんのりと甘さをつけるのが美味しいカクテキを作るポイントだ。

3. カクテキを作るコツを分かりやすく紹介

カクテキの素が準備できたら、あとは野菜と混ぜて漬けていくだけだ。カクテキを美味しく作るためのコツについてまとめたので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しい。

カクテキの基本的な作り方は?

まずは大根を一口サイズになるようにサイコロ状にカットして、ボウルに入れる。大根が入っているボウルの中に塩を入れて、味が浸透するようにしっかり揉みこんだあと、10~20分程度常温で放置しよう。
その後カクテキの素を大根が入っているボウルに入れてよく混ぜ合わせたら、そのまま密封きできる袋や容器に移し替えて冷蔵庫で2時間ほど漬けたら完成である。

大根以外にはどんな野菜が合う?

カクテキというと、大根とカクテキの素だけを混ぜたシンプルなものを連想する人も多いと思うが、大根以外のさまざまな野菜を混ぜるのもおすすめだ。
とくに、ニラやネギ、たくあんなどを混ぜるとさらにパンチのある引き締まった味へと変化するので興味のある人はぜひやってみてほしい。

隠し味として甘いサイダーを混ぜるのもおすすめ

意外に思われるかもしれないが、カクテキの隠し味として甘いサイダーを混ぜるのもかなりおすすめである。さわやかでほどよい甘みをつけることができるので試してみてほしい。
甘いサイダーであればコンビニやスーパーなどで手軽に購入しやすいため、はちみつやりんごなどがない時にも使える甘味料である。

結論

カクテキは非常にシンプルな工程で作ることができるため、普段料理をあまりしない人でも簡単に作ることができる。冷蔵庫に常備しておけば、ごはんのおかずとしてすぐに使うことができるし、好きな野菜を加えて自分好みにアレンジすることもできるので、ぜひこれを機にオリジナルのカクテキを作ってみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ