このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【瀬戸内麦みそ】の味わいの特徴とは?産地やおすすめの食べ方も紹介

【瀬戸内麦みそ】の味わいの特徴とは?産地やおすすめの食べ方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年12月22日

普段何気なく食べている味噌だが、原料や分量の違いで風味が大きく異なるため、改めて味噌のことを知ると意外な発見ができる。日本各地で食べられている味噌だが、その多くは米味噌というものだ。しかし、南の地域に行くと味噌といえば麦味噌がメジャーになる。ここでは「瀬戸内麦みそ」の産地や特徴を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 瀬戸内麦みその産地

瀬戸内麦みそはその名の通り、瀬戸内海を中心とした地域で造られている麦味噌だ。瀬戸内海は本州、四国、九州の3つに囲まれた海域を指す。
しかし、瀬戸内海は太平洋、日本海と繋がっているため厳密にどこまでを瀬戸内海と指すかはあまり知られていない。法律によって範囲は多少異なるのだが、東側は和歌山県の紀伊日ノ御岬燈台から徳島県蒲生田岬を結んだ直線が太平洋との境目と定義されていることが多い。
同様に西側は愛媛県の佐田岬から大分県の関崎燈台を結んだ直線を太平洋との境目とし、山口県の火ノ山下燈台から福岡県の門司埼燈台を結んだ直線を日本海との境目としていることが多い。そのため、瀬戸内海を中心とした地域というと広い地域を指すことになる。しかし実際には、瀬戸内麦みそが造られているのは愛媛県、山口県、広島県周辺の地域に限られている。

瀬戸内麦みそは中国地方・四国地方・九州地方での消費が主

好まれる味噌は地域によって異なり、瀬戸内麦みそが食べられている中国地方、四国地方、さらに南の九州地方は麦味噌の生産量が多い。それより北の地域では、日本でもっとも生産量の多い米味噌がおもに造られる。
愛媛県、山口県、広島県周辺では瀬戸内麦みそが伝統的に造られているのだが、この周辺はちょうど米味噌文化とも交わる場所である。広島県では「府中みそ」という味噌も造られているのだが、こちらは米味噌に分類される。このように麦味噌と米味噌の両方を楽しめる地域は限られているため、旅行の際はぜひ味噌にも注目してみてほしい。

2. 瀬戸内麦みその特徴

麦味噌とは、大豆に麦麹をつけて発酵させ造られた味噌を指す。ちなみに、麦味噌に使われる麦は大麦または裸麦に限られている。米味噌(大豆に米糀をつけて造られた味噌で生産量が多い)には塩気の強い辛口味噌と甘みの強い甘味噌、その中間の甘口味噌の3つがあるが、麦味噌の場合は辛口味噌と甘口味噌の2つに分かれる。
地域によって辛口味噌の甘口味噌のどちらが好まれるかは異なるが、九州地方を中心とした地域では甘口の麦味噌が、北関東を中心とした地域では辛口の麦味噌が好まれる傾向がある。瀬戸内麦みそは九州に近いこともあり、甘みの強い味噌に仕上がっている。

瀬戸内味噌は熟成期間が短く色は白っぽい

味噌の多くは赤色または淡色(白に近い色)のどちらかに分類され、瀬戸内麦みそは白っぽい色であるため淡色に分類される。発酵食品の味噌は熟成期間を置くが、味噌によってその長さは異なる。
熟成期間が長いと味噌は赤くなり、味噌の色で熟成期間を推測することもできる。瀬戸内麦みそは醸造期間が1~3ヶ月と短いため、白っぽい色をしている。
また、瀬戸内麦みそは麦特有のさらっとした甘みと香りを楽しむことができる。瀬戸内麦みそと一括りにいっても海を隔てていることもあり、味わいは地域によって若干異なる。瀬戸内麦みそのなかでも、愛媛県で造られている麦味噌は麦麹の使用割合がほかの瀬戸内麦みそよりも多いため、独特の香りがあるのだ。

3. 瀬戸内麦みそのおすすめの食べ方

瀬戸内麦みそのおすすめの食べ方は、定番の味噌汁や味噌煮などだ。同じ味噌汁でも瀬戸内麦みそで作るだけでまったく味わいが変わり、新しい料理として楽しめるのだ。瀬戸内麦みそは、麦独特の風味と甘さが特徴だ。甘い味噌が少し苦手な人は、普段使っている味噌と混ぜ合わせて食べるのをおすすめする。瀬戸内麦みそを加えることで麦由来の甘みが加わるため、まろやかな味わいに変化する。実際に市販の調合みそ(2種類以上の味噌を混ぜ合わせて造られた味噌)でも米味噌と麦味噌を混ぜ合わせているものはあり、その組み合わせの美味しさは証明されている。

瀬戸内麦みそを食べる際の留意点

瀬戸内麦みそは普段使っている味噌と同じように調理して構わないが、1点だけ留意してほしいことがある。それは、瀬戸内麦みそに限らず、ほとんどの麦味噌にいえることだ。麦味噌には麦の粒がそのまま残っているため、味噌汁を作る際出汁の中で直接麦味噌を溶いてしまうと麦の粒がそのまま汁の中に入り口当たりが悪くなってしまう。それを防ぐためには濾し器の使うのがおすすめだ。

結論

愛媛県、広島県、山口県周辺で主に造られている瀬戸内麦みそは、麦特有のさらっとした甘みと香りを楽しめる味噌だ。瀬戸内麦みそが造られている地域周辺は米味噌の生産地と交わっており、いろいろな味噌を楽しめる場所でもある。瀬戸内海周辺を訪れる際はぜひ味噌もチェックしてみよう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >