このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【酢たまねぎ】は良いこと尽くしの漬物!?栄養や作り方を解説

【酢たまねぎ】は良いこと尽くしの漬物!?栄養や作り方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年12月17日

酢のさわやかな酸っぱさとはちみつのほんのりとした甘み、そしてシャキシャキとしたたまねぎの食感が見事に混ざりあった「酢たまねぎ」。このシンプルな料理には、どのようなメリットがあるのか知らない人も多いことだろう。実は良いこと尽くしとも言える「酢たまねぎ」の魅力について、詳しく解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 酢たまねぎってどんな食べ物?

たまねぎを酢やはちみつに漬けるだけで作ることができる酢たまねぎ。「美容や健康によい」とテレビで大きく取りあげられたこともあり、多くの人の注目を集めている食べ物である。作り方も簡単で、誰でも自宅ですぐに作ることができ、しかもコストパフォーマンスもよいため、いいことづくしの漬物といえるだろう。
当然味も美味しく、たまねぎのほんのりとした甘みと、酢のさっぱりとした酸っぱさが絶妙に絡み合った逸品となっている。下準備の段階でたまねぎの辛さを飛ばす作業を行うため「たまねぎ特有の辛さが苦手」という人でも食べやすい。
1週間程度冷蔵保存しておくことも可能なので、常備菜として作るのにも適している漬物だ。急遽もう一品おかずを追加したくなった時にも使いやすいため、作り置きしておいてはいかがだろうか。

2. 酢たまねぎにはどんな栄養が含まれている?

ではこの酢たまねぎには、そのような栄養が含まれているだろうか。

たまねぎに含まれている栄養は?

たまねぎには、ケルセチンとよばれる成分が含まれている。この成分は、動脈硬化の原因となりやすい活性酸素を追い出す働きがあるとされている。この栄養成分が含まれていることで、たまねぎは血液をサラサラな状態に保つのによいとされているのだ。

酢に含まれている栄養は?

酢にもさまざまな成分が含まれているが、なかでも注目すべきなのは酢酸だ。酢酸は酸の一種で、腸内環境を整える働きがあるとされている。便秘やダイエットで悩んでいる人がこぞって酢を使った食べ物を摂取するのは、酢にこのような働きがあるからのようだ。

3. 簡単で美味しい!酢たまねぎの作り方を紹介

次は酢たまねぎの作り方について紹介していこう。酢たまねぎの基本の作り方はもちろん、マリネ風のアレンジや豆腐を使ったアレンジなども一緒に紹介する。

酢たまねぎの基本の作り方は?

まずは、酢たまねぎの基本的な作り方を覚えよう。
最初にたまねぎをみじん切りか、一口サイズにスライスした状態にする。切り終わったたまねぎはそのまま15~30分ほど放置し、空気に触れさせておこう。この作業を行うことにより、たまねぎの辛さを飛ばすことができる。
次に鍋に酢、はちみつ、たまねぎを入れて、たまねぎに火が通ってやわらかくなるまで軽く加熱をする。最後に、密封できる容器に鍋の中身をそのまま入れて、半日~1日ほど漬けたら完成だ。

酢たまねぎのマリネもおすすめ!

酢たまねぎだけでは具材が少なくて飽きてしまうと感じた場合は、さらにほかの野菜も加えてマリネ風のサラダにするのがおすすめだ。キュウリやトマトを一口サイズに切って、完成している酢タマネギと混ぜ、ドレッシングなどで味つけすれば、食べごたえのあるサラダになるので試してみてほしい。

酢たまねぎと豆腐の組み合わせも相性バツグン

マリネ風サラダよりも、さらに食べごたえのあるアレンジメニューを作りたい場合は、豆腐を用意して、その上に酢たまねぎやかつお節、ショウガ、めんつゆをかけて食べる方法もおすすめだ。

和風テイストのおかずとして使えるので、洋食を作った時はマリネ風サラダ、和食を作った時は豆腐との組み合わせといったように、献立に合わせて酢たまねぎの使い方を変えてもよい。

結論

酢たまねぎは一見シンプルな食べ物に見えるがメリットが多く、アレンジ方法もバリエーション豊かにある。作り方も非常に簡単なので、ぜひ常備菜として作ってみてはいかがだろうか。ただし、保存がきくからといって、2週間以上冷蔵保存してしまうとさすがに傷んでしまうため、早めに食べきるようにしよう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ