このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【タコス】をサラダ感覚で!サラダタコスでたっぷり野菜を摂ろう!

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2019年12月20日

タコスといえばがっつりと食べる肉料理というイメージがあるが、実際には豆類や野菜類などあらゆる食材とともに楽しめる。野菜をたくさん使用すれば、サラダ感覚で楽しめる健康的なタコスとなる。今回は、サラダのようなタコスをいくつか紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. レタス、トマト、アボカドはタコスの三種の神器!

タコスはルールがない料理といっても過言ではない。皮となるトルティーヤになにを包むかは個人の自由である。あっさりと野菜中心のタコスをサラダ感覚で楽しみたい場合は、どんな具を用意すればよいのであろうか。

タコスの具の中心となるのは?

タコスにタコスミートを具材として入れる場合も、野菜の存在は無視できない。タコスの具として最重要ともいえる野菜は、レタスとトマトとアボカドである。これだけをサラダにしてもじゅうぶんに美味しいが、タコスの具として食べると満腹度の高い一品となるのである。

サラダ感覚のタコスにはレモンをきかせてみる

サラダ感覚のタコスは、あっさりとしすぎてしまうきらいがある。そこでおすすめするのがレモン。レタスやアボカドなどのフレッシュな野菜類にレモンをキュッと絞ると、メリハリのついたタコスの具となるのである。

そのほか、タコスで楽しめる生の野菜

トマト、レタス、アボカド以外にも、タコスの具として楽しめる野菜は多い。玉ねぎ、パプリカ、きゅうりなどなど、まさにサラダの素材をそのままトルティーヤに包んでしまえばよいのである。色合いも美しいタコスとなることまちがいない。

2. 野菜を使ったサラダ風タコスの数々

生野菜だけでは物足りないという人も、ご心配なく。レタスやトマトをたっぷりと使ったタコスも、ほかの具材をちょっと加えるだけでかなり満足度が高くなる。サラダ感覚で食べるタコスの工夫をちょっと紹介しよう。

生野菜と蒸した鶏肉を

生野菜だけであっさりとしすぎてしまう場合には、蒸した鶏肉を割いて加えるだけでかなり胃を満足させてくれる。蒸した鶏肉であれば、カロリーは抑えたまま。さまざまなサルサとの相性もよい。チキンサラダ感覚で楽しめる。

豆類やシーチキンを加えてみる

サラダに豆やシーチキンを加えることで、たんぱく質をとれる。豆類はもともと本場メキシコのタコスにも登場する食材である。スーパーで売られている水煮を上手に使用して、エスニック感を出してみよう。シーチキンやコーンも、本来のメキシコのタコスの味わいに逆らうところはひとつもなく、かつあっさりと楽しめる。

アボカドとサーモン、きゅうりの組み合わせも

タコスという料理においては主役級の食材となるアボカドは、きゅうりとサーモンと非常に相性がよい食材である。オリーブオイルとレモン、わずかに醤油をたらしてタコスに包めば、サーモンの脂肪分、アボカドのとろみ、きゅうりのさっぱり感が絶妙な一品となる。

3. グリル野菜も具として楽しめるタコス

タコスに具材として入れるのは、生野菜だけにかぎらない。ズッキーニやナスのグリルも、辛みのきいたサルサと食べれば絶妙な味わいのタコスとなる。よりたくさんの具材で楽しみたい場合は、ズッキーニやナス以外にも、パプリカや豆類、アボカド、トマトを加えてボリューミーにしてみよう。

レモンとオリーブオイルがさまざまな食材を融和する調味料となることをお忘れなく。チーズで味に抑揚をつけてもよいだろう。ベジタリアンタイプのタコスもじゅうぶん美味しく食べられることを実感できるだろう。

結論

肉類が入ったタコスは、お腹にずっしりとくるだけにカロリーが気になる人もいるだろう。そんなときは野菜をたっぷり使ったタコスを試してみよう。トルティーヤさえあれば、タコスはサラダ感覚でさまざまに楽しめる。健康的な具材を準備して、あなただけのサラダ風タコスを多種多様に試してみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ