このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ミルフィーユ鍋】に鶏ガラスープがおすすめ理由とは?

【ミルフィーユ鍋】に鶏ガラスープがおすすめ理由とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささき ともみ)

2020年1月 9日

ミルフィーユ鍋のスープを何にするかについて、選択肢の幅がある分意外と迷うかもしれない。たとえば和風の出汁を使うなどできるが、鶏ガラスープを使ってみるのもよい。豚肉と鶏ガラスープの組み合わせに驚く人もいるかもしれないが、試してみる価値はある。本記事では、鶏ガラスープを使って美味しいミルフィーユ鍋を作るためのポイントについて見ていく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ミルフィーユ鍋のこってりした豚肉にも、鶏ガラスープはよく合う!

豚肉は味や香りがこってりとしており、また脂肪も多く含むため、スープ選びが難しいと感じるかもしれない。豚の味とバランスを取るために、こってりとしたスープが必要とも思える。
しかし、一見あっさりした風味に感じられる鶏ガラスープは、豚肉との相性がバツグンだ。実際のところ、豚肉と鶏ガラスープの組み合わせは中華料理でもよく見られ、美味しさは保証されているといってよい。中華料理が好きな人なら、違和感なく受け入れられるはずだ。そうでない人も、あっさりともこってりとも感じられる不思議な味を楽しめるのでおすすめだ。
とくに鶏ガラスープを自分で取る場合は、濃さを自分で調整できる。こってりした味わいが好みなら、しっかり煮込んで濃厚なスープを取ってもよい。また、薄めにして淡泊な味わいに仕上げることもできる。

2. ミルフィーユ鍋をより美味しくするために!鶏ガラスープを使う際のポイント

鶏ガラスープを使ってミルフィーユ鍋を作るにあたり、いくつかポイントがある。必須ではないものの、おさえれば数段美味しく仕上げられるのだ。余裕がある人はぜひとも試していただきたい。

香味野菜を加える

鶏ガラスープは、香味野菜との相性がよい。とくに、しょうがを入れると味が引き締まるほか、鶏ガラのくさみを抑えることもできる。鶏ガラスープを取る際にねぎなどを入れるかもしれないが、ミルフィーユ鍋を作る際に追加するのもよい。

豚肉の状態によっては下茹でをする

豚肉は、産地や部位によっては脂身が多い場合や、においが強い場合もある。この場合、通常通りに料理してもにおいが残ってしまうことがある。せっかく鶏ガラスープを使っても、豚肉のにおいが強過ぎては台無しだ。そのため、場合によっては豚肉を軽くでも下茹でしておくのがよい。下茹でによって、余分な油やにおいを抜くことができる。茹でているとアクが出るため、しっかり取るとよい。豚肉から出る出汁が薄くなると思うかもしれないが、においの強い場合は、下茹でしたあとでも十分な出汁が出る。そのため、心配する必要はあまりない。

中華風に仕上げる

先述のように、鶏ガラスープは中華料理でよく使われる。そこで思いきって、ミルフィーユ鍋自体を中華風味に仕立ててしまうのもよい。たとえば香味野菜を増やすほか、ごま油を少し加えると、中華風の風味が出る。豚肉も白菜も中華料理で使われる食材であるため、違和感なく美味しく食べることができるだろう。ほかにも、たとえば八宝菜のイメージで片栗粉を加えてとろみを付ける、木くらげや野菜を加えるなどしても美味しいだろう。

3. ミルフィーユ鍋に使う鶏ガラスープは、即席の素でもOK!

自分で取った鶏ガラスープは美味しいが、作るまでにどうしても時間がかかる。また、それなりの大きさの鍋が必要なのもあり、自分で取るのが難しい人もいるだろう。その場合でも、市販の鶏ガラスープの素などを使えば簡単にミルフィーユ鍋を作れる。鶏ガラスープの素には香味野菜などが入っていることもあり、香りはそれなりに豊かだ。また、豚肉や白菜から出汁が出るため、バランスのよい風味に仕上がるはずだ。市販の素の調味料などが気になる人もいるかもしれないが、気にならないのであれば、市販の鶏ガラスープの素を使ってミルフィーユ鍋を手早く作ってみるのもよいだろう。

結論

鶏ガラスープと豚肉や白菜は相性がよく、ミルフィーユ鍋とも相性バツグンのスープだといえる。単に使うだけでもよいが、鶏ガラスープの風味を引き立てるように工夫すれば、より美味しく仕上げることができる。こだわる人は自分でスープを取ってもよいし、時間のない人は市販の素を使ってもよいため、好みに合わせた作り方ができるのも魅力だ。ミルフィーユ鍋の味の選択肢に、鶏ガラスープを入れてみてはどうだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >