このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
韓国料理の定番【スンドゥブチゲ】の簡単な作り方!

韓国料理の定番【スンドゥブチゲ】の簡単な作り方!

投稿者:ライター 田口忠臣(たぐちただおみ)

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2020年1月 3日

いまやすっかり日本に定着した感がある韓国料理。本格的な韓国料理が味わえる店もたくさんあるが、自宅でも気軽に調理して楽しむ人も増えている。とくに寒い季節に人気なのがチゲである。チゲなら素やスープなどが市販されているため具材を放り込めば、誰でも簡単に本格的な味が楽しめる。今回は、そんなチゲの中でもとくに人気のスンドゥブチゲの作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スンドゥブチゲとはどういうもの?

すっかり日本でも定着した韓国料理。なかでも寒い冬になると人気なのが「チゲ鍋」である。居酒屋や韓国料理店などではメニューにチゲ鍋と書かれていることが多いが、この表記にはちょっと誤解がある。実は「チゲ」とは韓国語で「鍋」のことであり、チゲ鍋=鍋+鍋となり本場韓国では通じない表現なのである。

したがって、スンドゥブチゲとはスンドゥブを使った鍋料理ということであるが、次にスンドゥブとは何かを紹介しよう。スンドゥブとは、漢字で表記すると純豆腐となる。豆乳に凝固剤を加えたあと、水分を絞っていない柔らかい韓国式の豆腐で、日本のおぼろ豆腐に近いものである。

韓国の飲食店などで、スンドゥブチゲを注文するとたいてい「トゥッペギ」と呼ばれる小さな黒い土鍋に入って、グツグツと煮立った状態で提供される。トゥッペギにはアサリやシジミなどが敷かれ、スンドゥブと肉、野菜などが入れられ、コチュジャン、唐辛子、ニンニク、生姜、ごま油などで辛めの味付けにされるのが一般的である。最後に生卵を落として、ごはんやおかずとともに定食として提供される。

2. トゥブチゲやキムチチゲとの違い

スンドゥブチゲに似ている韓国料理に、トゥブチゲやキムチチゲがある。それぞれの特徴を紹介しよう。

トゥブチゲとは

トゥブチゲは、豆腐チゲのことでスンドゥブより固い豆腐が使われている鍋料理のことである。韓国のトゥブは日本の木綿豆腐より若干固めでしっかりとしているのが特徴だ。スープの味付けや具材については、スンドゥブと同じであるがスンドゥブにはアサリやシジミなど海鮮系の具材が使われることもある。

キムチチゲとは

スンドゥブチゲやトゥブチゲのスープは、コチュジャン、唐辛子、ニンニク、生姜、ごま油などで味付けがされるが、キムチチゲには必ずよく漬かったキムチとその汁が使われる。具材は、トゥブと豚肉、玉ねぎや長ネギが入る。

したがって、スンドゥブチゲとトゥブチゲの違いは具材となる豆腐の違いである。一方で、キムチチゲには必ずキムチが入るが、スンドゥブチゲにもキムチが使われることがあるので、スンドゥブが使われているとスンドゥブチゲとなるようである。

3. スンドゥブチゲの作り方 基本的なレシピ

自宅でも簡単に作れるスンドゥブチゲのレシピを紹介しよう。
スンドゥブチゲの材料は、豚肉の切り落とし、絹ごし豆腐、アサリの水煮缶、白菜のキムチ、長ネギ、中華出汁の素、コチュジャン、おろしにんにく、おろししょうが、ごま油である。まずは土鍋を用意して水600mlを入れ沸かそう。沸いたら適当な大きさに切った豚肉切り落とし60gを入れてアクを取ろう。その中に、アサリの水煮1缶を汁ごと入れ、白菜のキムチ、中華出汁の素、コチュジャン、おろしにんにくとおろししょうが適量を加え味付けをする。次に、絹ごし豆腐をスプーンですくいながら鍋の中に入れる。最後に長ネギを適当な長さに切って加えて、さっと火が通ったら仕上げにごま油を回し入れ完成である。最後に好みで生卵を落としても美味しい。

なお、現在ではスンドゥブチゲの素やスンドゥブチゲ用のスープが、いろいろなメーカーから販売されており、豆腐と肉だけを揃えれば本格的なスンドゥブチゲが自宅でも簡単に楽しめるので、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

結論

今回は、日本人にとくに人気のチゲ料理であるスンドゥブチゲの作り方を紹介したがいかがだっただろうか。作り方は非常に簡単だが、市販の素やスープを使えばさらに簡単。具材を入れるだけで本格的な味のスンドゥブチゲが楽しめる。具材やスープの味や辛さなど好みに合わせてアレンジして、気軽にスンドゥブチゲを楽しもう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ