このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
塩ちゃんこ鍋の作り方のコツ。下ごしらえが重要?

塩ちゃんこ鍋の作り方のコツ。下ごしらえが重要?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年1月 2日

塩ちゃんこ鍋は、とくに寒い季節にはたまらない料理だ。おそらく想像通り、多種多様な食材を入れて楽しむことができる。何を入れれば美味しいか迷うかもしれないが、ある程度おすすめできる食材や、作り方がある。そこで本記事では、美味しい塩ちゃんこ鍋を作るための食材の選び方や、作り方のポイントを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 栄養も旨みもたっぷりと!塩ちゃんこ鍋の食材の選び方

塩ちゃんこ鍋は、さまざまな食材をまとめて食べることのできる料理だ。せっかくなら、なるべく多くの種類の食材を選びたい。

・肉

肉の中でも、鶏肉がとくに塩ちゃんこ鍋との相性がよいだろう。むね肉やもも肉を入れるのもよいし、ひき肉から鶏団子を作るのもよい。歯ごたえ重視ならむね肉やもも肉がよいだろう。一方、鶏団子は香味野菜を混ぜ込めるほか、下味をつけやすいのが魅力だ。もちろん、両方入れてしまっても構わない。ほかにも、薄切りの豚肉などを入れても美味しいだろう。たんぱく質が不足している人は、思いきって多めに入れてしまうのもありだ。

・野菜

野菜でぜひ入れたいのは、にんじんなどの根菜だ。じっくり煮込んで作るため、固い根菜も柔らかくなる。とくににんじんなら栄養豊富で、食べごたえもある。また、きのこ類もおすすめだ。しいたけを使えば旨みがスープにしっかり出るため、より一層深い味になる。また、しめじやえのきを入れても面白い味になるだろう。普段きのこ類をあまり食べない人も、ぜひ入れていただきたい。そのほか、ねぎやごぼう、白菜などもおすすめだ。出汁がしっかり出そうな野菜や、栄養豊富な野菜を選びたい。たくさん入れれば、それだけ複雑な味わいになるだろう。

・その他

塩ちゃんこ鍋には、ほかに豆腐や糸こんにゃくを入れても美味しく食べられる。とくに薄味のスープに仕上げる場合には、豆腐の淡泊な味わいとの相性はバツグンだ。濃い味でも豆腐の味がよいアクセントになるほか、糸こんにゃくに味をしっかりとしみ込ませることができる。普段買わない人も、入れてみてはどうだろうか。また、マロニーなどを入れても美味しいだろう。

2. 塩ちゃんこ鍋の下ごしらえは、アク抜きなどのひと手間がポイント!

塩ちゃんこ鍋の下ごしらえは簡単だ。基本的に、食材を食べやすい大きさに切ればよい。ただし、たとえばごぼうなど、アク抜きが必要な食材もある。ほかにも下準備が必要な食材もあるため、あらかじめ確認しておくのがよい。アク抜きには時間がかかる場合もあるので、時間に多少余裕を持たせておくのがおすすめだ。

・鶏団子

鶏団子を作る場合は、香味野菜を細かく刻んでよく混ぜるとよい。たとえば、しょうがやねぎがおすすめだ。塩中心のシンプルな味と香味野菜は相性がよい。また、軽く下味を付けるのもよいだろう。塩分の摂り過ぎには注意しつつ、好みの味を付けよう。

・スープの準備

スープにこだわるなら、出汁を自分で取って、塩加減などを調整してみるのがよい。食材の旨みをより楽しみたいなら、薄味に仕上げるのがおすすめだ。もし時間がない場合は、市販の塩ちゃんこ鍋スープを使っても構わない。ただし味が濃いことが多いので、量を加減するなどして味を適宜調整するのがよいだろう。

3. 塩ちゃんこ鍋の食感を一段階アップするためのコツ

塩ちゃんこ鍋の大原則は、火の通りにくい食材から順番に入れて煮込むことだ。たとえば、根菜の中でもにんじんはとくに火が通りにくいため、最初に加えたい。入れる順番を守れば、煮込み具合のムラを防ぐことができるはずだ。鶏団子や肉は早いうちに加えるのもよいが、後に入れてもよい。その場合、肉に火が通ったタイミングが食べごろになる。もし肉へ火を通し過ぎると、固くなってしまう。それを避けたい人は、肉をあとに入れるのもよいだろう。とはいえども、生煮えでは食中毒の原因になるので、しっかり火を通したい。すぐに火が通る葉物野菜の食感を楽しみたいなら最後に加えてもよいだろう。

結論

塩ちゃんこ鍋は、スープがあっさりしている分、食材の旨みが際立つ。あっさりした食材や、出汁がしっかり出る野菜などが相性バツグンだ。下ごしらえは、アク抜きさえ気をつければ決して難しくない。具材を入れる順番には要注意だが、たとえ間違っても火をしっかり通せば食べられるため、失敗は少ない。たとえば冷蔵庫の食材をまとめて食べたい場合などにも、塩ちゃんこ鍋はうってつけともいえる。ぜひ気軽に試していただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >