このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【チーズ豆腐】のおすすめの食べ方を紹介!合うのは和風食材だけじゃない

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年1月 9日

濃厚なチーズとあっさりとした豆腐が組み合わさったネット発の人気創作料理・チーズ豆腐。チーズと豆腐と調味料だけのシンプルな食べ方もおすすめだが、実はほかにもさまざまな食べ方ができるのをご存じだろうか。この記事では、チーズ豆腐を食べる際に覚えておきたいおすすめの食べ方を紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チーズ豆腐はどんな特徴をもっている?

チーズ豆腐は、2015年頃にSNSで話題になったチーズと豆腐を使った創作料理である。豆腐にスライスチーズなどをのせて、電子レンジで軽く温めるだけで完成するため「簡単にできるネット飯」として大きな注目を集めた。
しかも、チーズ豆腐は糖質が非常に低く、1人前の量(絹ごし豆腐1丁とスライスチーズ1枚)だと約5.3gしかないため、糖質制限をしている人にもおすすめの料理なのである。
酒との相性もよいので、つまみとしても代用できるし、急遽1品おかずを作りたくなった時にもすぐ用意できるため、さまざまなシーンで活用することが可能だ。
メリットが多く、しかも美味しいという特徴を兼ね備えているのがチーズ豆腐なのである。

2. チーズ豆腐の具材の上手な切り方は?

チーズ豆腐でメインの食材となるのは、当然チーズと豆腐である。パックから取り出した1丁分の豆腐にスライスチーズをのせる場合は具材を切る必要はないが、食べやすくするために豆腐を細かく切りたい人や、スライスされていない塊の状態のチーズを使いたい人もいるだろう。そんな人のために上手な具材の切り方を簡単に紹介しよう。

豆腐を細かく切る時のポイントは?

チーズ豆腐用に豆腐を切る場合は、さいの目状にするのがおすすめである。まず、パックから取り出した豆腐を手のひらに乗せる。豆腐の横から包丁を入れ、約1cm間隔でスライドさせながら切っていく。次に包丁を立てた状態で、豆腐の上から1cm間隔で縦に切ろう。最後に、先ほど縦に入れた切り込みと垂直になるように1cm間隔で包丁を入れていけば完了だ。

スライスされていないチーズを切る時のポイントは?

ブロックのチーズを使う場合は、薄切り状態でチーズを切っていこう。約0.3~0.5cmになるように、できるだけ薄い状態を目指して切っていくと食べやすいのでおすすめである。ただし「チーズをたくさん豆腐に盛りつけたい」という場合は、もっと厚切りにしても問題ない。

3. チーズ豆腐を使ったおすすめリメイク方法

それでは、チーズ豆腐をアレンジして作ることができるおすすめのリメイク方法をいくつか紹介していこう。チーズ豆腐はさまざまな具材と相性がよいため、ぜひ参考にしてほしい。

旨辛な味がやみつきになる!キムチーズ豆腐

キムチーズ炒飯やキムチーズ納豆ごはんなど、キムチとチーズを組み合わせたリメイクレシピは数多く存在する。チーズ豆腐も例外ではなく、キムチとの相性はばっちりなので、辛いものが好きな人はぜひ試してみてほしい。豆腐にチーズとキムチをのせて、電子レンジで加熱するだけなので、作り方も非常に簡単だ。

味噌が加わって濃厚さアップ!合わせ味噌とチーズ豆腐

チーズ豆腐は和と洋が見事に組み合わさった料理であるため、和食の食材も当然合わせることができる。なかでも、合わせ味噌(味噌、みりん、酒を混ぜたもの)とチーズ豆腐の相性はぴったりだ。合わせ味噌をあらかじめ作っておき、豆腐にチーズをのせて電子レンジで温める。最後に合わせ味噌と白出汁をチーズ豆腐にかけたら完成だ。

4. 糖質制限中の人におすすめなチーズ豆腐の食べ方を紹介

チーズ豆腐の糖質は先述したとおり、非常に低い。そのため、とくに工夫をしなくても糖質の摂取量は十分抑えられていることになる。ただ「ほんの少しでもいいから、さらに糖質の摂取量を減らしたい」と思う場合は、ぜひ以下の方法を試してみるとよいだろう。

絹ごし豆腐ではなく木綿豆腐を使う

同じ豆腐でも、絹ごし豆腐よりも木綿豆腐のほうが糖質の量は低い。絹ごし豆腐1丁分の糖質は約5.1gあり、木綿豆腐1丁分の糖質は約3.6gあるため、糖質を少しでも抑えたい場合は木綿豆腐を使うことをおすすめする。

できるだけ糖質の低い具材を選ぶようにする

もっとも糖質が低い状態で食べたいのなら、豆腐とチーズのみを使ったシンプルなチーズ豆腐がおすすめである。ただし、人によっては「さらにトッピングが欲しいけど、糖質は抑えたい」と思うこともあるだろう。そんな時はアボカド、トマト、納豆、ねぎといった比較的糖質が低い食材を使うのがおすすめだ。低糖質でありながら食べごたえはしっかりと感じられるチーズ豆腐を作ることができるので、ぜひ試してみてほしい。

結論

チーズ豆腐は和風の食材だけでなく、キムチやアボカドといったさまざまな具材と合わせることができる。自分に合った食材を選んで、好みのチーズ豆腐をぜひ作ってみてほしい。ただし、糖質の高い食材を選んでしまうと、糖質を一気に摂取することにもなり兼ねないため、糖質制限中の人は注意をしよう。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ