このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【コールラビ】とはどんな野菜?ルーツや調理法から栽培方法まで紹介

【コールラビ】とはどんな野菜?ルーツや調理法から栽培方法まで紹介

投稿者:ライター 河原希(かわはらのぞみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年1月16日

みなさんはコールラビという野菜をご存知だろうか?コールラビは元はケールを祖先に持つキャベツやブロッコリーと同じルーツの野菜だ。コールラビのルーツや調理法、食べ方や栽培方法に関する記事をまとめて紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. コールラビとはどんな野菜?

コールラビは、その丸い見ためから「どんな味でどうやって食べるのか」と疑問に思う人も多いだろう。スーパーなどで見かけることも少なく、知名度も低い。この記事では、そんなコールラビの基礎知識について紹介している。

コールラビの生まれはヨーロッパの地中海沿岸。同じく地中海沿岸に自然に生えていたキャベツとコールラビは仲間だ。キャベツは葉を食べるのに対し、コールラビは丸い部分の茎を食べる。キャベツの仲間なのに茎を食べる不思議さから、食感なども気になるところだ。コールラビの名前はドイツ語で「コール=キャベツ」、「ラビ=カブ」からきている。見ためや食感などキャベツやカブに似ている。

ビタミンなどの栄養価も豊富でほんのり甘く、さわやかで美味しく食べられる。コールラビは皮が固く、むくときは厚めにするといいだろう。また、根に近い下部は繊維質で舌触りが悪い原因にもなりうる。そのため切り落とすのがベストだ。ここでは、そのような特徴を活かしてどのような料理に合うのか、料理のコツなども合わせて紹介している。
この記事もCheck!

2. コールラビ緑系(グリーン)の魅力

コールラビには、「緑系(グリーン)」と「紫系(パープル)」の2種類が存在する。ここでは、緑系(グリーン)に注目してその魅力や味を紹介している。キャベツの仲間のコールラビの中でも緑系(グリーン)は、キャベツやカブと味が似ているのだそう。生で食べると食感が楽しめ、火を通すことで柔らかくなる。また、栄養素が豊富でビタミンや葉酸など魅力的な栄養がたっぷり。

さらに、この記事ではコールラビのルーツについても紹介している。日本では馴染みの少ないコールラビだが、生まれは地中海沿岸で、ヨーロッパではわりと知名度も高いそうだ。その名前の由来もドイツ語からきている。ちなみに、日本では「蕪甘藍(カブカンラン)」などという呼び方があることもわかる。

しかし、日本では生産者が少なく入手が困難な面も。比較的多く作られている産地や商品名も紹介しているため、購入の際の参考になるだろう。コールラビの旬の時期や食べごろを知ると、もっと美味しく食べることができる。緑系(グリーン)の美味しい食べ方やおすすめ料理も紹介しているため、あわせてチェックしてみよう。
この記事もCheck!

3. コールラビ紫系(パープル)の魅力

先ほどの記事では、緑系(グリーン)について紹介したが、この記事では紫系(パープル)について紹介している。日本では流通の少ない食材だが、韓国では紫系(パープル)のほうが、緑系(グリーン)より主流だそう。紫系(パープル)は、皮をむいてしまえば中は白いカブのような見ためが特徴だ。

手に入りにくく高価な食材だが、実は家庭菜園で育てることができる。根を深く張らないコールラビはプランターで栽培できるため、マンション住まいの人でもベランダで育てることができる食材なのだ。さらに、種まきから収穫まで約2ヶ月と短いのもうれしいポイント。

ここでは、育て方や用意するもの、栽培に適した時期などを紹介している。種まきのタイミングや植え付け方、育て方までまるごとわかるため、この記事ひとつで家庭菜園に取り組むことができる。コールラビ紫系(パープル)は意外と簡単に栽培することが可能なため、家庭菜園に興味がある人はチェックしてみるといいだろう。
この記事もCheck!

結論

コールラビの歴史は古くヨーロッパでは馴染みのある食材だ。家庭菜園にも向いているため、流通が少なくても自宅で育てることもできる。栄養価も高く、見ためや食感も楽しめるコールラビをぜひ堪能してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >