このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豚肉と塩麴は相性抜群!おすすめの調理方法を紹介

豚肉と塩麴は相性抜群!おすすめの調理方法を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年1月 3日

豚肉の味噌焼きや、豚肉の蒸し焼きなど、豚肉を使った料理は数多くあるが、使用する豚肉によってはかたくて食べにくいこともあるだろう。そんな時におすすめしたいのが塩麴だ。本記事では塩麴を使って豚肉を食べやすくする方法を詳しく解説していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. なぜ塩麴と豚肉の組み合わせがおすすめなの?

塩麴と豚肉というと、一見あまり関係がないようにも思えるが、実はこの2つの食材を組み合わせることによって、さまざまな美味しい豚肉料理を作ることができる。

塩麴には酵素(プロテアーゼ)という成分が含まれており、豚肉のなかに塩麴の酵素をしみ込ませるとタンパク質を分解してくれる。つまり、塊のようになっているタンパク質を酵素が細かくしてくれるため、豚肉全体が柔らかくなるのだ。

しかも、それだけでなく、塩麴の酵素は豚肉が元々もっている旨み成分も引き立ててくれる作用があるため、豚肉と塩麴は最強の組み合わせといっても過言ではない。

豚肉料理を作っていると「肉がかたすぎて失敗してしまった」といった場面に遭遇する人もいると思うが、塩麴を使えばそのようなトラブルもスムーズに解決できるので、ぜひ豚肉料理を作るときは、調理前に豚肉を塩麴に漬けておくことをおすすめする。

それでは、具体的にどのような作り方をしていけば、美味しい豚肉料理が作れるのか、いくつか例を挙げながら解説していこう。

2. 豚ロース肉がやわらかに!塩麴と豚肉の味噌焼き

豚ロース肉を使って作る味噌焼きは、ロース肉ならではの厚みやボリューム感を味わうことができるが、肉がかたくなっていることも往々にしてあるため、豚肉の扱いがやや難しい料理ともいえるだろう。しかし、塩麴を使えば、そのような悩みを簡単にクリアすることができる。

まずは、フォークを使って豚ロース肉全体に穴を空けておき、調味料が浸透しやすいように下準備をしておく。もしくはミートハンマーで肉全体を叩く方法をとっても構わない。

次に、味噌、塩麴、酒、すりおろしたニンニクを混ぜた漬けダレを用意し、ボウルに豚ロース肉と漬けダレを入れてラップを被せ、30分~1時間ほど漬けておく。

豚肉に漬けダレがしっかりとしみ込んだら、フライパンにサラダ油を敷いて熱し、漬けておいた豚肉を焼きはじめる。最初は片面を4~5分ほど焼き、焦げてしまう前に反対面にひっくり返して焼くのがポイントだ。最後に皿に豚肉を盛りつけ、千切りにしたキャベツを添えたら完成である。

3. あっさりした料理が食べたい時に!キャベツと豚肉の塩麴蒸し

あっさりとした豚肉料理が食べたい場合は、塩麴に漬けた豚バラ肉とキャベツを一緒に使った蒸し料理がおすすめだ。

まずは、先ほど紹介した手順と同じように、フォークかミートハンマーを使って、豚バラ肉に漬けダレが浸透しやすいようにしておく。

次に塩麴、酒、塩、胡椒、酢をボウルに入れてよく混ぜ、そのなかに豚バラ肉を入れたら、ボウルにラップをした状態で冷蔵庫で30分~1時間ほど寝かせておこう。豚バラ肉を寝かせている間に、キャベツを一口大の大きさに切っておき、ネギを刻んでおく。

豚バラ肉に漬けダレがしみ込んだら、フライパンでサラダ油を熱して、豚バラ肉、キャベツ、もやし、漬けダレを入れてしばらく煮込んでいく。フツフツという音が鳴りはじめたら、ふたをして10分ほど蒸し焼きにしよう。最後に、蒸し焼きにした具材を皿に盛って、最後に刻んだネギをトッピングすれば完成だ。

ちなみに、キャベツのほかにもニンジンやタマネギ、シイタケといった具材も相性がよいため、好みの野菜を豚肉やキャベツと一緒に蒸し焼きにするのもおすすめだ。

結論

塩麴が豚肉をやわらかくし、さらに豚肉の旨みを引き出す作用があるため、豚肉料理に塩麴を使わないのは非常にもったいない。調理前に漬けておく工程が必要になるため、急いでいる時はあまりおすすめできないが、時間に余裕がある時は豚肉を塩麴に漬けてみてはいかがだろうか。今回紹介した調理例以外にも、さまざまな豚肉料理に塩麴は使えるので、家に塩麴を常備していくのもおすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >