このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【だし巻き卵】は電子レンジで作れる!手軽な作り方を解説

【だし巻き卵】は電子レンジで作れる!手軽な作り方を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年1月 5日

だし巻き卵は、おかずとしても酒のつまみとしても、また弁当のおかずとしての人気の料理だ。実は、このだし巻き卵、焼かずに電子レンジで作ることができるのをご存知だろうか。楽に手間をかけずに作れるだし巻き卵の作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. だし巻き卵を電子レンジで作るメリットとは?

だし巻き卵を電子レンジで作ると聞くと、かえって難しいと感じる人もいるかもしれない。実際は簡単なうえ、メリットも多い。例を見てみよう。

同時にもう一品料理できる

だし巻き卵を焼く場合は、つきっきりで調理する必要があるため、ほかの料理を作っている余裕はないはずだ。しかし電子レンジで作る場合は、基本的には加熱が終わるまで放置しておけばよい。そのため、だし巻き卵の調理中に料理をもう一品作ることも難しくない。そのため、献立の品数を増やして栄養を充実させることもできるし、弁当のおかずを増やすこともできる。

量を調整しやすい

だし巻き卵の仕上がりの量は、卵焼き器の大きさに左右されるといってよい。ある程度厚く巻かないと見ためがよくないほか、たくさん作るにしても一度に卵焼き器に入る分が限度だ。一方、電子レンジで作る場合は、器などのサイズを選べば仕上がりのサイズをある程度自由に調整できる。仮にホームパーティーなどで大人数向けに作ることになった場合でも、余裕をもって対応できるだろう。

2. だし巻き卵を電子レンジで調理する方法

だし巻き卵のレンジ調理の方法は簡単だ。好きなサイズの耐熱容器に、溶いた卵と調味料を混ぜて入れる。それを電子レンジで加熱していけばよい。いきなり長時間加熱すると加熱し過ぎのおそれがあるため、慣れないうちは様子を見ながら少しずつ加熱していくのがよい。こまめに確認していれば、ふわふわの食感に仕上げることも、弁当用に固めの食感に仕上げることも難しくないだろう。

す巻きなどを活用すると見た目も変えられる

仕上がりの形は耐熱容器の形に沿うため、ブロック状になることが多いだろう。そのままでも形はきれいなはずだが、より見ためにこだわりたい人もいるかもしれない。たとえば熱いうちにす巻きでくるんで押さえておけば、表面に凹凸を付けたうえで、丸い形に仕上げることもできる。ほかの型などを使えば、さらに違う形にも仕上げられるだろう。興味のある人は試してみてはどうだろうか。

3. 電子レンジ製のだし巻き卵は具材が底にたまりやすい

電子レンジでだし巻き卵を作る場合でも、具材を加えることができる。ただ、容器に入れた状態で混ぜずに加熱するため、具材はどうしても底に沈みやすい。
そのため、たとえば刻みねぎなど、小さく軽めの具材を入れるのがおすすめだ。底に固まっても食感が主張し過ぎることなく、だし巻き卵にほどよい風味を加えてくれる。ほかにも変わり種として、茹でて小さく切ったじゃがいもなどを入れてもよい。スペイン風オムレツに似た仕上がりになり、ボリュームたっぷりかつ美味しい料理となる。

結論

だし巻き卵は電子レンジで簡単に作ることができる。簡単なうえに、だし巻き卵の大きさを調整しやすかったり、同時に別の調理ができるなどメリットが多い。忙しい人も、ぜひ電子レンジで美味しいだし巻き卵を作っていただきたい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ