このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
きゅうりの一本漬けの美味しい食べ方!おすすめアレンジも紹介

きゅうりの一本漬けの美味しい食べ方!おすすめアレンジも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年1月 2日

きゅうりの一本漬けを食べる際は、何も付けずそのまま食べることが多いだろう。そのままでも美味しいため、とくに工夫の余地はないようにも思える。しかし、ひと手間をかけて、普段とは違う味わいを楽しむのもおすすめだ。本記事では、きゅうりの一本漬けの美味しい食べ方について、例をいくつか紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. きゅうりの一本漬けは、そのまま食べても十分美味しいのが嬉しい特徴!

きゅうりの一本漬けを、祭りの屋台や、コンビニなどで見かけることがあるだろう。一本まるごとが売られていて、買ったら一本をそのまま食べるのが特徴だ。味付けは絶妙で、きゅうりの一本漬けだけを食べても問題ない程度に塩分が加減されているほか、昆布の旨み、唐辛子の辛さも目立つ。そのため、単品でも十分に美味しく食べられるのが嬉しい。また、低カロリーなのもあり、酒のつまみにも最適だろう。さまざまな食べ方が考えられ、どの場合でも美味しく食べられるのがきゅうりの一本漬けの魅力だ。

2. 味を変えずとも、食べ方次第できゅうりの一本漬けの美味しさが見つかるかも?

きゅうりの一本漬けは、そのまま食べるだけでも十分に美味しい。ただ、せっかくならより美味しい食べ方で楽しみたい。例を見ていこう。

よく冷やして食べる

きゅうりの一本漬けは常温でも美味しいが、冷蔵庫などでよく冷やすと、美味しさが一層増すように感じる。冷たさと同時に感じる昆布の旨みや、絶妙な塩加減はたまらないだろう。夏の暑い日などに、とくに楽しめるであろう食べ方だ。一方、冬場に暖房の効いた部屋で食べるのもまた美味しい。冷蔵庫に入れておけばよいので、実現は簡単なはずだ。きゅうりの一本漬けを食べる際には、ぜひ試しによく冷やしていただきたい。

ごはんと一緒に食べる

きゅうりの一本漬けはおやつ感覚で食べられるが、あえて温かいごはんと合わせるのもよい。昆布の旨みを味わいながらごはんを食べるのはたまらない。また、きゅうりの一本漬けの塩加減は漬物としては控えめなため、ごはんがすすみ過ぎず、適度にゆっくり食べられる可能性が高い。もちろん食べ過ぎはカロリー過多のおそれありだが、ゆっくり味わって食べれば食べ過ぎることも減るだろう。あえてごはんとあわせる、一度は試していただきたい。
味をとくに変えなくても、食べ方を少し変えるだけで、きゅうりの一本漬けの新しい魅力を発見できるかもしれない。とくに、冷やして食べるのはおすすめだ。

3. ちょっとしたトッピングで、きゅうりの一本漬けの味をより一層引き立てる!

きゅうりの一本漬けは、そのまま食べるだけでなく、味を少し足すのもよい。とはいっても塩分はあまり増やしたくないため、塩分以外の味を足すことを考えよう。簡単な例を見ていく。

ごま油を少量付ける

レシピによっては、きゅうりの一本漬けを作る際にごま油を入れる場合もある。ただ、食べる際に少量付けるのでも問題ないだろう。ごま油と塩気は相性バツグンであるほか、ごま油の風味と昆布の旨みもバランスの取れた味に落ち着く。付け過ぎはカロリー過多になるため禁物だが、隠し味程度に使ってみるのは大いにありだ。家できゅうりの一本漬けを食べる際などに、試してみてはどうだろうか。

すり下ろしたしょうがを付ける

しょうがをすり下ろして、少し付けてみよう。きゅうりの一本漬けのすっきりした旨みと、しょうがのさわやかな辛さがよく合い、より一層さっぱりとした味を楽しむことができる。せっかくならチューブのしょうがではなく、生のしょうがを使いたい。
ほかにも、香味野菜やすりごまなど、相性のよさそうな味はたくさんある。気になる人は、ぜひ試していただきたい。

結論

きゅうりの一本漬けは、そのまま食べても十分美味しいと感じるように味付けされている。そこでさらに、よく冷やす、あるいはあえてごはんと一緒に食べるなどすると、美味しさの新しい側面を発見できるだろう。ほかにも、ごま油やしょうがなどを少し足して、より刺激的な味にするのもよい。シンプルな食べ物だからこそ、ちょっとしたトッピングでも味が大きく変わりうるのが楽しい。ぜひいろいろ試してみたい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >